かっぱのあしあと

抵抗は無意味だ 



望遠鏡&望遠レンズで知られる「BORG」(トミーテック)の
ラインナップが久々に一新されました。
25周年ということもあって、なかなか気合の入った刷新で、
107mm大口径機とか無数にあるオプションパーツも増え、
一方で選びやすいセット商品も数多く出されました。

野鳥撮影に人気のボーグですが、天体写真にも向いています。
望遠レンズでは「18群22枚」などといった非常に多くのレンズを
重ねていますが、ガラスは光を反射したり減衰させるので
ごく弱い星の光を捉えるにはあまり適していません。

ボーグのような望遠鏡をベースにした撮影レンズでは
せいぜい2群2枚というような少ないレンズで構成されます。
従来の望遠鏡では中心部がシャープでも周辺画質は二の次でした。
しかし最近では光学設計の技術が進んだのと、低分散系の
材料が利用しやすくなったので、周辺部でも高画質です。

手持ちの望遠レンズでもそこそこ星雲星団は撮れますが、
やはりシャープネスは望遠鏡が数枚上手です。
しかも望遠レンズは合焦機構も粗いのでピント合わせに苦労します。
これから夏の銀河などが見やすい季節になれば、拡大撮影に
是非欲しくなるものですが、今は少しずつ手持ちの機材を
ヤフオクで処分中で、ある程度資金がまとまったらと思っています。

でも年に何回活動できるか分からない機材に
そこまで投資できるか、分からない方には分からないんですよね。



浜名湖ガーデンパーク
2017/3/13 12:53 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
128mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 +0.0EV) WB:5000 ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/3/13 11:42 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 +1.0EV) WB:5000 ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/3/13 12:53 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
158mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 -0.7EV) WB:5300 ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク
高さ10cmほどしかない「ミニアヤメ」?



浜名湖ガーデンパーク
2017/3/13 12:23 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.3EV) WB:4000 ISO:200 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/3/13 11:40 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
260mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 -0.3EV) WB:5600 ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



「明日から三連休ですね!」
また毎度の無神経なTVのコメント。
プレミアム・フライデーをdisる資格などないぞ。



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1342-43e66996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)