かっぱのあしあと

忍び寄る春の面影 

今日は朝から寒さが和らぎ、昼間の予想気温も3月中旬並み。
ようやく開花したと伝えられる岩本山公園へ梅を見に行きました。
それほど急いで行った訳ではなく、着いたのも午前8時半ごろ。
それにも拘らず駐車場は一杯で、中には混雑を嫌って帰る人も。
不安を抱えつつカメラも抱えつつポイントへ歩きます。

2011022201.jpg
【画像クリックで拡大】
2011/2/22 8:41 Nikon D700 + AF-S 24-70mm F2.8 with PL Filter
70mm F16 1/30秒 +0.0EV WB:晴天 絞り優先AE ISO:200

日当たりのいい場所はほぼ7分咲き、全体としては5分咲きくらいかな。
比較的盛んに咲いていた白梅と手前にも白梅を絡めてショット。
暖かい朝なのでややヌケはイマイチでしたが。

2011022202.jpg
【画像クリックで拡大】
2011/2/22 8:24 Nikon D700 + AF-S VRⅡ 70-200mm F2.8 with PL Filter
95mm F16 1/25秒 +0.0EV WB:晴天 絞り優先AE ISO:200

ご存知「鉄塔前」からの紅梅を捉えます。
混雑が激しいのでいちいち三脚を立てていられず、
しかし手振れを恐れずに枚数を稼いで撮影します。

久しぶりに訪れた岩本山公園でしたが、相変わらずの大混雑。
また富士山と梅を一緒に撮影できるポイントはごく限られているので
構図を工夫したりレンズを活かした撮影が難しい。
逆に言えば面白みも薄いといわざるを得ません。

その後富士川沿いから新幹線を見てみようと川原へクルマを停め、
チャリで鉄橋の近くまでのんびりと走ります。
現地に着いてみると、まだ正午前だというのにクルマで一杯。
鉄橋のすぐ近くには三脚が林立していたのには驚きました。

私も土手で通過する新幹線を何度も撮影してはタイミングの練習。
ミラーレス機なのでかなりシャッターラグがあるかと思いきや、
E-PL1の感覚でシャッターを押すと早すぎてしまいます。
EVFを覗きながらここで止めたいという瞬間にシャッターを押しても
ちゃんとその瞬間を捉えてくれます。
E-PL2になってシャッターラグはほとんどデジイチ並みになっていることが分かりました。

2011022203.jpg
【画像クリックで拡大】
2011/2/22 12:39 OLYMPUS E-PL2 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 with PL Filter
90mm相当 F6.3 1/640秒 -0.3EV WB:晴天 絞り優先AE ISO:200 ドラマチックトーン

いざ「ドクターイエロー」がやってくると一瞬で通り過ぎてしまいます。
通過後はダイヤモンド富士の後のように一斉にカメラマンが居なくなります。
色が違うだけでこれほど興味のレベルが違うんだなと
鉄道には全く興味もない自分には不思議ではありました。

2011022204.jpg
【画像クリックで拡大】
2011/2/22 13:15 OLYMPUS E-PL2 + M.ZUIKO 9-18mm F4-5.6 with PL Filter
22mm相当 F6.3 1/400秒 -0.3EV WB:晴天 絞り優先AE ISO:200 ドラマチックトーン

その後海岸まで出て工場が集まる国道沿いを西へ向かいます。
夜通りかかると明かりがついて綺麗な工場群ですが、
昼間見た限りではあまり美しさはないのかもしれません。
質感を出そうとドラマチックトーンで撮影します。

2011022205.jpg
【画像クリックで拡大】
2011/2/22 13:40 OLYMPUS E-PL2 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 with PL Filter
78mm相当 F6.3 1/640秒 -0.3EV WB:晴天 絞り優先AE ISO:200 ドラマチックトーン

暖かな日だったためか妙に目に痒みを覚えます。
今年は昨年の10倍の花粉が飛ぶといわれているので、
帰りに薬局へ寄って鼻炎薬や目薬を購入しました。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/132-903c6208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)