かっぱのあしあと

費用対効果ファースト 

毎年この時期は撮るものがなくて困ります。
雪国でもないし、冬景色らしいものもないし、
かといって花が咲き乱れるまでにはまだ少し早い。
正月も終わり街の景色も冬篭りのまま。
遠出すれば雪のあるところへも行けるのだろうけど、
プロでもないのでコスパを考えて躊躇してしまいます。
ならば早く春が来て欲しいか?
それもちょっと微妙だったりする。


洞慶院
2017/1/9 10:03 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/320秒 +0.7EV) WB:5800K ISO:200 Natural 洞慶院



洞慶院
2017/1/9 9:29 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/2000秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 洞慶院



洞慶院
2017/1/9 9:56 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/200秒 +0.3EV) WB:5300K ISO:250 Natural 洞慶院



洞慶院
2017/1/9 10:17 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/200秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:320 Natural 洞慶院



洞慶院
2017/1/9 10:23 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
86mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/160秒 +0.0EV) WB:6000K ISO:640 Natural 洞慶院



最近常用しているこのレンズですが、M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PROを
お持ちの方には正直なところオススメしにくいですね。
前回の記事でも触れましたが、最大撮影倍率が同じと言っても
F値の差から来るボケ具合、焦点距離の差は如何ともしがたく
レンズ交換の手間よりも表現や使い勝手に勝ることから言って
12-40mm と40-150mm を併用する方が明らかにベターです。

画質的には従来のPROレンズに比肩する解像感はあります。
ただ、同じ画角を持つ12-40mm F2.8のワイド端と比べると、
フレアやゴーストが起きやすい気がします。
テレ端でも比較的寄れるのですが、まだテレマクロというには
もうひとつボケの演出には物足りなさを感じます。

強力な手ぶれ補正を利用した夜間スナップには最適。
では全体の荷物を減らしたい時はどうでしょう。
それにはE-M5 MarkII とよりコンパクトな14-150mm F4-5.6 II の
組み合わせの方が遥かに軽く、9-18mmを加えても有利です。

確かに大変いいレンズなのですが、
価格的にも安くはないので、よほど必要性のない方なら
他のレンズを選んだ方がコスパ的にもよろしいかも。。。


コスパって「コスプレパーティ」でもあるんですね(汗

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべ 様

一枚目
蝋梅の雫の煌めきが綺麗ですね
空の青と白の暈け感も言葉にならない程美しいです

四枚目
開花した梅と蕾
やはり雫を纏ったその容姿が素晴らしいです

りら #sSHoJftA | URL | 2017/01/11 20:07 * edit *

Re: はんべ 様

> 蝋梅の雫の煌めきが綺麗ですね
このお寺は正月明けにはすぐにロウバイが楽しめるので行ってみました。
皆さんご存知なんですね、多くの見物客が訪れていました。
下のは早咲きの梅ですが、こちらも咲き始めています。
豪雪の地域の方がいらっしゃるのに、日本って長いですね。

> やはり雫を纏ったその容姿が素晴らしいです
雨上がりの暖かい朝でした。
滴が乾かないうちにと急いだ甲斐がありました。

はんべ #- | URL | 2017/01/11 20:20 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1313-c0aba8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)