かっぱのあしあと

クルマの電化の先にあるもの 

これからの10年間は、恐らく急速な自動車の電化が進むものと思います。
現状では航続距離の短いバッテリーでは不安があるため、
当面はガソリンエンジンを組み合わせたハイブリッドカーが主流となり、
充電施設の充実やバッテリーの性能向上に伴って電気自動車に移り変わるでしょう。

そうなってくると、人々が自動車を買い替える時に今更ガソリン車なんぞ買いません。
ハイブリッドや電気自動車を買い、ガソリン車を下取りに出します。
しかしガソリン車は中古車市場でも流通できません。
中古車市場でも新車よりやや遅れて電化が進むためです。
中古車店にはハイブリッドカーが並ぶ日もそう遠くはありません。

では下取りに出したガソリン車はどうなるのでしょう。
オークションに出したところで、もちろん中古車業者は買いません。
輸出向きにはといっても、海外でも日本より電化が進んでいるかもしれません。
それでは輸出用にも買う人はいなくなり、行く先は解体業者でしょうか。

クルマを解体しても鉄くずと樹脂廃材しか出ません。
それらはリサイクルするにも用途には限りがあります。
下取りした車はタダ同然、あるいはお金を払って処分することになります。
つまりいくら高価だった高級車も、タダ同然でしか下取りされません。

中古車業者は商品を揃えることができず、廃業も余儀なくされるかも知れません。
整備業者(モータース)でもハイブリッドカー、電気自動車の整備ができず
可能だとしても高額な機械などの導入が必要になります。

そう考えて行くと、今後10年ほどの間に進むであろう自動車の電化に伴って、
自動車業界の劇的な様変わりも予想できます。
生き残れるのはメーカー系ディーラーの新車拠点だけになるのでしょうか。

        つづくかも...
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/13-f89b2c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)