かっぱのあしあと

いつか行く道 

このところ、ニュースや情報番組などで盛んに
採り上げられているのが「高齢者による交通事故」です。
その主な論調は、加齢によって認知機能や運動能力が低下し
本人の意識する範囲外でも違反や事故を起こしている。
中には人命を奪う事故もあり、交通事故全体が減少する中で
高齢者の関連する事故だけは増えるばかりである。

免許証の返納を勧める運動や、高齢者講習・予備検査などが
行われてはいるが、相変わらず危険な状態での運転が後を絶たない。
だからといって強制的に免許を取上げるとかは困難であり、
「結局は難しい問題」だと放り投げてそのままの状態。
で、毎日のように事故のニュースが伝えられている。

ネット上でも、公共交通機関が溢れる都会の住人や
認知機能の低下とは無縁な若者らを中心に免許証の返納や
クルマの運転の禁止に至る過激な言動が目に付きます。
確かに他人(中には身内も)の命を奪いかねない危険な運転は
避けられるべきだし、可能であれば運転しないでもらいたいのは分かります。

しかし地方では一家に一台どころか一人に一台レベルでクルマがあり、
毎日仕事や買い物、通院や送り迎えなど様々な用途で使われています。
しかも完全に「生活の足」であり、クルマがなければ生きることさえままなりません。
多くの自治体では免許証を返納するとバスやタクシーの割引が受けられます。
しかしその補助の額はせいぜい1割程度で、ちょっと出掛けるだけで
数千円はかかるタクシーを頻繁に利用するなど経済的に不可能です。

日本はかつての農業国の名残で、人口がバラバラに散らばっています。
その中にバスを走らせるのは経営上無理だし、現状でも1時間に1本
あるかないかのような地域でバス代を補助する意味はありません。
そんな地域で免許証を取上げたところで根本解決にはなりません。
また認知症の方は、免許証がなくても運転してしまったり、
家族がキーを隠しても探し出して出かけてしまうこともあるそうです。

最近売り出されたクルマには、いわゆる「自動ブレーキ」などの
事故防止機能を搭載されているものが増えてきました。
しかし道路を走るクルマの中ではまだごくわずかしかないし、
高齢者にそういったクルマに買い換えろと言っても無理でしょう。
ではどうしたら高齢者の交通事故を防ぐことが出来るのでしょうか。


2016111701.jpg
2016/11/8 7:33 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
92mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/20秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:200 Natural 王滝村


2016111702.jpg
2016/11/8 10:22 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
158mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/200秒 -0.3EV) WB:6000K ISO:250 Natural 王滝村


2016111703.jpg
2016/11/8 13:18 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
50mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/50秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:400 Natural 王滝村


2016111704.jpg
2016/11/8 11:52 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
96mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/160秒 -1.0EV) WB:6000K ISO:200 Natural 王滝村


2016111705.jpg
2016/11/8 11:18 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/160秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:200 Natural 王滝村


あるアンケートでは、高齢者ほど運転に自信のある人の割合が高いそうです。
恐らく、彼らが免許証を取った時代はまだクルマの運転が特殊技能に
近いものであったため、ある種の特権意識が残っているかもしれません。
運転する地域の範囲も限定されるので、「慣れ」から来る緊張感の欠如や
標識・道路状況の確認不足といった意識的な問題も隠れていそうです。

運動機能や認知機能の低下は、ある時突然起こるものではなく、
数年とか数十年かけてゆっくりと、しかし確実に訪れてきます。
私自身も40代後半辺りから、視覚の認識や行動反射に自身がなくなってきました。
だからできるだけ左車線をゆっくりと走り、不必要な車線変更や
オーバースピードは避けるようにしていますが、今のところ支障はありません。

高齢者講習が義務化されたことから、ここ数年免許証の返納が増えています。
いかにして自分の能力低下を認識させ、それが自分や家族も含めた
多くの人たちの平穏のためになるのかを理解させることがまず大切です。
その上で、免許証の返納も含めた運転の自粛、自治体や地域を巻き込んでの
高齢者の移動手段の確保や安全な生活を送れる環境づくりが必要です。

しかし全ての高齢者に今すぐ対策を行うのは非常に困難です。
益々増えるであろう高齢者事故に対しては、国も行政も
もっと真剣に取り組まなくてはいけないはずです。
高齢者にとってオイシイばら撒きで票集めすることしか考えない
愚劣な政治家たちには、もはや任せられない事態になってしまいました。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべ 様

二枚目
背景の尾花が素敵ですね
その尾花の中にある枯葉はそれは素晴らしい表現です

四枚目
以前あった建造物の名残でしょうか・・・
それが何故か自然とマッチしていますね

五枚目
静けさを感じます
誰もいない中 お一人で撮影されたのでしょうね

りら #sSHoJftA | URL | 2016/11/17 21:08 * edit *

Re: はんべ 様

> その尾花の中にある枯葉はそれは素晴らしい表現です
向こうのススキを撮っていたときに、高い木から
垂れ下がっていたツルを見つけて思わず感激してしまいました。

> 以前あった建造物の名残でしょうか・・・
御嶽山から木々を運び出していた木曽森林鉄道の名残だそうです。
今は大きなトラックが林道を爆走していますが、このような
小さな鉄道がかつての日本の林業を支えていたんですね。

> 誰もいない中 お一人で撮影されたのでしょうね
実は湖沿いの道路にクルマを停め、往来を気にしながら急いで撮ったショットです。
勿論手持ちなのでわずかに傾いていたのを修正しました。
モザイク状の色彩がとてもキレイだったのです。

はんべ #- | URL | 2016/11/17 21:29 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1285-be9fc3de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)