かっぱのあしあと

自然でない自然 

スマホのアラームを午前4時にセット。
ただし寝袋に入ってフードをかぶると聞こえないので、
フードの中にスマホを仕込んで寝起きに備えます。
何とか時間通りに起床、まだ暗い湖畔の道を「自然湖」へ向かいます。
それにしても御岳湖畔の王滝村は来るたびに工事中で道が変わる。
今回も危うく迷ってしまうところでした。

自然湖に着いたのは午前5時ごろ、まだ真っ暗です。
現地の紅葉の様子なども見えないのでとりあえず夜明けを待ちます。
午前6時ごろには空が明るくなったので撮影にかかります。
前回は紅葉の盛りを若干過ぎてしまったのですが、今回はまだよさそう。
やはり朝も寒さはなく、かといって霧が立つほどでもない。
ちょっと撮影にはいま一つですがせっかくなのでゆっくり取り組みました。


2016111501.jpg
2016/11/8 6:29 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
40mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/4秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:400 Natural 自然湖

何度訪れてもこの光景は心が惹かれます。
真夏とは違った豊富な色彩と独特な造形は御射鹿池のような
優美なものとも違い、「美しさ」とはまた異なる印象を与えてくれます。
自然災害によるものとは思えない不思議な世界です。


2016111502.jpg
2016/11/8 6:53 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
42mm相当 絞り優先AE(f/7.1 1.6秒 -1.0EV) WB:6000K ISO:200 Natural 自然湖


2016111503.jpg
2016/11/8 7:55 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-1150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/20 5秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:200 Natural 自然湖


2016111504.jpg
2016/11/8 7:14 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/16 1/2.5秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:00 HDR 自然湖


2016111505.jpg
2016/11/8 8:14 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-1150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/18 10秒 -0.7EV) WB:6300K ISO:200 Natural 自然湖


昭和59年9月14日に起こった長野県西部地震は大変局地的であったのと
当時現地に地震計がなかったため正確な震度が分かりません。
あくまで推定でも震度6強クラス以上と見られ、直前の豪雨で地盤が
緩んでいたこともあり、御嶽山南側が山体崩壊して29名の犠牲者が出ました。

この自然湖は王滝川の一部が堰き止められてできたものです。
「自然湖」と言えば、確かに自然災害によってできた湖だとはいえ、
どうしてもこの光景や自然湖というものに人的犠牲のイメージが付きまといます。
自然災害には犠牲はつき物とも言われるし、今では観光資源にもなっています。
人間と自然とでは、圧倒的に自然の力が強いし、「天災は。。。」などとも
言われるわけで、やはりどうしても敵わないものなのでしょうか。

つづく。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべ 様

記事拝読させて頂きました

自然災害がもたらした景観美だったのですね
一枚 一枚 何回もお写真 拝見させて頂きました
言葉にならない自然の芸術美ですね
感動しました

りら #sSHoJftA | URL | 2016/11/15 19:37 * edit *

Re: はんべ 様

> 自然災害がもたらした景観美だったのですね
今私たちが目にする「自然」の多くが、恐らくその昔
大きな災害を引き起こしながら形作られたものだと思われます。
富士山だって大きな火山だし、その麓の樹海も溶岩流が作りました。
生きている地球の上に住む私たちは必ず自然災害に触れることだし、
その自然に生かされている以上、抗うことは出来ないのです。
この自然湖を作った地震も、御嶽山の噴火も、尊い犠牲を生みました。
悲しいことですが、これが現実なのですね。

はんべ #- | URL | 2016/11/15 22:41 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1284-7bd7006e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)