かっぱのあしあと

雨と苔の物語 

長野県内でも、まだ紅葉がピークの場所は多くありません。
いくら足を伸ばすと言っても、日帰りで行けるのは片道200km程度。
週末はとんでもない混雑らしいからと避けていた場所を目指しました。
出発は午前3時、真っ暗な豪雨の中を走るのは緊張します。
週末なら入りきれないクルマで路上駐車が溢れかえるはずの
駐車場に着いたのは午前7時、でも一番乗りでした。

出発時に降り始めていた雨は、ひどく大粒になっていきいます。
だからと待っていてもしょうがないし、雨こそ望むものだったので、
とりあえず屋根の下でレインウェアを着てから林の中へ。
事前の情報では「苔が美しい」らしい場所だと期待していました。


2016101801.jpg
2016/8/17 8:17 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
42mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/50秒 -1.3EV) WB:5800 ISO:1600 Natural 白駒の池

ユメツガやシラビソの原生林に囲まれる森林が続きます。
400種類を超える苔が自生しているらしいのですが、
その光景は比較的大人しくて、「青木ヶ原樹海」の荒々しさはありません。
青木ヶ原はまだ1000年ほどしか経っていない新しい樹海です。
しかしここは溶岩が剥き出しと言うことは少なく、比較的幼木も育っています。
苔にはややアクセスしにくいのも難点で、広く見渡す程度でした。


2016101802.jpg
2016/8/17 9:16 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
42mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/40秒 -0.3EV) WB:6200 ISO:800 Natural 白駒の池

しばらく歩くと湖畔に出ます。
紅葉はもう終盤のようであまり残っていませんでしたが、
湖岸ギリギリまで広がる森林は種類も多く見応えがあります。
益々強まる雨のせいか、この時点でも私一人で貸切でした。

この直後から、傘がひっくり返るほどの暴風雨になり、
後から来た観光客らが悲鳴を上げていました。
さすがに防塵防滴カメラでも風に負けるのと、ここまでにかなり
時間を使ってしまったため湖畔を周遊できず駐車場へ戻りました。


2016101803.jpg
2016/8/17 12:09 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
36mm相当 絞り優先AE(f/16 1/1.6秒 -0.3EV) WB:5800 ISO:200 Natural 八千穂高原自然園

そこから程近い場所にある自然公園に着く頃には雨が止んでいました。
やはり来客はごくわずかで、ゆっくりと散策を楽しめました。
白樺が有名らしいのですが、予想したほどの数は無く、
他の木々の中に散在している印象です。
もっと何か無いかと欲張って最も遠回りな遊歩道を歩いたため、
ここでも予定以上に時間を使ってしまい、疲労も溜まります。


2016101804.jpg
2016/8/17 12:20 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/80秒 -0.3EV) WB:6000 ISO:250 Natural 八千穂高原自然園

それでも探せばそこかしこに秋の色彩を見つけられます。
雨上がりのしっとりとした空気や時折吹き抜ける霧に映えます。


2016101805.jpg
2016/8/17 13:44 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
260mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 -1.0EV) WB:6200 ISO:200 ToyPhoto 八千穂高原自然園

かつて遊歩道でもあったのか、でも今は何本かの支柱が残るのみ。
その残骸に力強く根を張るカラマツの幼樹が眼を惹きます。
この頃から急速に天候が回復し、青空が広がってきました。

まだ行きたかった場所はありましたが、ゆっくり散策するための
時間も残されていないので、とりあえず「御射鹿池」の様子見。
しかしこちらも工事中で湖畔へ降りられず、濃霧で対岸も全く見えません。
(工事中の広報が非常に少なくて、来客も混乱していました)
仕方ないので今回はここまで、帰途に付きます。


途中目にする田園風景は本当に素晴らしいロケーションです。
寒さや積雪さえ厳しくなければ、住んでみたいとも思わせます。
でも静岡のヌルい気候に慣れてしまった体には辛いのかな。
星空が羨ましい、近隣の別荘ぐらいなら手が届くかなぁ ^^;


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべ 様

一枚目
苔の美学には驚嘆する程です

二枚目
倒木は芸術作品ですね

三枚目
緑の中 滝の流れの白が綺麗です

四枚目
湿気感ある紅葉もいいですね

五枚目
水中の中にあるオブジェですね

りら #sSHoJftA | URL | 2016/10/18 22:13 * edit *

Re: はんべ 様

> 倒木は芸術作品ですね
倒木は次の世代の命を育むゆりかごなんです。
土だけでは種が芽生えても養分が足りないけど、
倒木や朽木はキノコが生え、バクテリアが分解しながら
養分になるので種が芽生えては木が大きくなるんですね。
人の世界も、様々な英知が世代を継いでいくといいのですが、
核家族化や世代間の接触が減って次ぐべきことが途絶えます。
昨今の極端な保守的思想に、かえって危機感すら感じます。


はんべ #- | URL | 2016/10/19 20:26 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1269-997ffdef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)