かっぱのあしあと

青い迷路 

先日偶然目にした「ガッテン!」で気になる特集が。
ガスレンジの火が見えず、もう少しで着衣着火するところだった
事例について、眼の異常から来る「見間違い」が原因だと。
それは加齢によって青い色が見えにくくなる「色覚異常」

黒と紺色の靴下の色が見分けられない、
青いガスの炎の先端が見えにくくなる、
その原因は網膜の錐体細胞の衰えによるものだそうです。
錐体細胞は色を感知するものですが、元々青い色に感知する
細胞は650万ほどもある全体のわずか5~10%程度しかありません。

海の中で暮らしていた頃は、周囲を青い色が支配していましたが、
陸に上がるとぐっと減ってしまったのが青い細胞数が少ない理由。
その上加齢で眼の水晶体が黄色く濁ってきます。
青い光を通しにくい黄色のフィルターのせいで益々見づらくなります。
こうしてシニアになるにしたがって青い色に対する感度が下がります。

色覚検査の正答率は、20代が90%以上なのに対し50代で85%ほど、
70代では80%を割り、90代では70%にまで落ち込んでいます。
専門家の話では「色の世界が小さくなる」と表現します。
すると5円玉と50円玉が見分けられない、化粧が濃くなる、
階段の段差の境が見えなくて踏み外すなどの障害が起きます。


2016101301.jpg
2016/10/10 15:07 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
158mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 +0.7EV) WB:4500K ISO:500 Vintage 浜名湖ガーデンパーク


2016101302.jpg
2016/10/10 11:56 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +1.0EV) WB:4500K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク


2016101303.jpg
2016/10/10 12:55 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/125秒 +1.0EV) WB:5800K ISO:500 Natural 浜名湖ガーデンパーク


2016101304.jpg
2016/10/10 15:07 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
158mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 +0.7EV) WB:4500K ISO:500 Vintage 浜名湖ガーデンパーク


2016101305.jpg
2016/10/10 13:35 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
134mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 -0.7EV) WB:5500K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク
一応手前はハロウィンということでカボチャなの。


となると写真などの映像の世界でも、加齢によって
色の感じ方が変わってくる可能性があります。
特にデジタル画像は簡単に加工ができるので、自分は正しい
色に調整したつもりでも、若い人には色合いや彩度が異常に
ずれたり強まって見えてしまうこともあるということです。

物を見る場合には、「昼光色」の照明を使うとよいとされています。
しかしパソコンのディスプレイの発色を正しく調整したり、
正確な色を眼が認識するのは意外と難しいものです。
青空が白く見えてしまうことはないものの、次第に色が
正しく見えづらくなるのは写真をやる身にとっては辛いことです。

ならばいっそモノクロ写真なら。。。
ただ、極めて個人的な事情でモノクロは一切やらないのです。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべ様

二枚目
コスモス畑の中の少女
その少女の愛らしさが表現されています

三枚目
マクロレンズならではお写真
暈け感の美しさは言葉にならないほどです

四枚目
薄紫の淡いトーン
それは魅力的です

五枚目
迫力あるオブジェですね
無機質な魅力 錆びの魅力
素晴らしいです

ただ、極めて個人的な事情でモノクロは一切やらないのです。・・・
思案してみました・・・・

りら #sSHoJftA | URL | 2016/10/13 20:32 * edit *

Re: はんべ様

> コスモス畑の中の少女
子供は予想できない動きをするので大変です^^;
適度に暈かしたいけど花とのバランスもあるしね。

> マクロレンズならではお写真
肉眼では見えない世界がマクロで見えてくると驚きです。
足下の小さな花にもこんなに複雑で美しい造形があったのかと感心してしまいます。
ちょっとした花壇でも楽しめるのでマクロはいいですね。

> 思案してみました・・・・
そのうちネタを明かすかもしれません(^^)

はんべ #- | URL | 2016/10/13 22:51 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1266-5d1f3c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)