かっぱのあしあと

要鎭坊万歳 

馬籠宿の少し北側に位置する「妻籠宿(つまごじゅく)」
昨年は夕暮れに訪れましたが、今年は昼間の賑やかな時間に。
馬籠宿よりは道幅も広めで、南側は平坦な道になっています。
公営駐車場が有料(500円)なのは観光地として仕方ないかな。


2016082101.jpg
2016/8/12 11:19 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
62mm相当 絞り優先AE(f/5.0 1/1000秒 -1.3EV) WB:5600K ISO:200 Natural 妻籠宿


2016082102.jpg
2016/8/12 11:25 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
50mm相当 絞り優先AE(f/4.7 1/160秒 -2.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 妻籠宿


2016082103.jpg
2016/8/12 11:24 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
72mm相当 絞り優先AE(f/5.2 1/320秒 -1.7EV) WB:5000K ISO:200 Natural 妻籠宿


2016082104.jpg
2016/8/12 11:29 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
30mm相当 絞り優先AE(f/4.1 1/320秒 -1.3EV) WB:4800K ISO:200 Natural 妻籠宿
「火の用心」ではなく「火乃要鎭」って書くんですね。


2016082105.jpg
2016/8/12 11:25 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
62mm相当 絞り優先AE(f/5.0 1/80秒 -1.7EV) WB:5200K ISO:200 Natural 妻籠宿
展示物ではありません、れっきとした「商品」です。


馬籠宿と近いのでセットで訪れる方が多いようです。

日本人は貴重な時代の遺産を高度経済成長やバブル景気で壊しまくり、
日本中に同じような景観の「タウン」を作ってきました。
「東京のように」を目指した国造りは破綻し、地方は疲弊するばかり。
そこへ名ばかりコンサルが乗り込んで村おこし、町おこしで
ムダ金を使わせてはますます日本は荒んでしまいました。

藁をも掴もうと「世界遺産」を頼っても、望んだような経済効果はありません。
こういった旧い建物などを保存するのは大変なコストと労力が要ります。
単純に税金を投じればいいものではなく、そこにはその街を愛する人や
伝統を受け継ごうとする情熱が必要です。
100年後の日本には何が残っているでしょう。
そもそも100年後に日本が残っているかもわかりませんが。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべ様

一枚目
道幅の広さが気分がいいですね

三枚目
魅惑的な被写体ですが・・・・
この地独自の飾りでしょうか・・・

四枚目
「火乃要鎭」・・・ですね
塗り壁が貴重ですね

100年後の日本には何が残っているでしょう。
そもそも100年後に日本が残っているかもわかりませんが

私も同じ思いです

りら #sSHoJftA | URL | 2016/08/22 20:43 * edit *

Re: はんべ様

> そもそも100年後に日本が残っているかもわかりませんが
明治維新からはおよそ150年ですが、この間の日本はまさに激動でした。
しかし意外と一般の方には詳細が知られていません。
かくいう私も「近代史」には疎い方です。
それは多くの学校で近代史をまともに扱ってこなかったからです。
「入試に出ないから」「3年生の3学期だから」「授業が遅れているから」
などという様々な理由(?)でしっかりと教授されないままです。
これには近代史を知られたくない為政者の思惑もあると思います。
過去に学ばなければいい未来を築くことも出来ません。
都合の悪い過去を消し去り、また同じ過ちを繰り返すんだろうなと
リオ五輪閉会式の悪趣味な日本のパフォーマンスを見て思いました。

はんべ #- | URL | 2016/08/23 21:35 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1243-7334cd8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)