かっぱのあしあと

ぼっちのあしあと 

星景撮影候補地ロケハン企画(?)第三弾。

今回は思い切って市街地に近い場所、というか静岡市に
縁のある人なら一度は登ったことがある(?)とも言われる
馴染み深い低山「ダイラボウ」(標高561m)です。
ここは長らくハイキングコースか荒れた林道しかありませんでしたが
最近になって林道全体が舗装され、山頂付近が整備されて
公園のようにかなり利用しやすくなりました。


2016080501.jpg

私も小学生の頃、遠足で「富厚里(ふごうり)」から登りました。
ここへは西側の旧岡部町側からも行けますが、東側の富厚里から
登る方が遥かにアクセスしやすい印象でした。


2016080502.jpg

現在はまだ整備中といった感じで、手前側に立ち並んでいた
杉の立木を少しずつ「片付け」ているようでした。
手前側の道路から簡単に歩いて入れるし、画面右側の駐車スペースからの
アクセスも短距離なので機材を運ぶのも比較的楽そうです。
それもそのはずで、ここはパラグライダーの飛行地としても利用されています。


2016080503.jpg

少し歩けば、南北に広がる比較的広く見開けた場所があります。
バイオトイレが設置されていますが、水道設備はありません。
奥にベンチなどがあるものの、東屋的な落ち着ける場所もありません。
元々ハイキングポイントなので景色を楽しみながら弁当を食べて
すぐに降りる程度でしょうから、公園と言うほどの施設はないようです。


2016080504.jpg

ここからの見晴らしはなかなかです。
そのため夜景スポットとしても人気があるらしいのは気になるところ。
ほぼ真東に日本平や静岡の市街地があり、その向こうに駿河湾、
手前には安倍川や新東名高速道路が見渡せるいい眺めです。

恐らく空はそれなりに明るいと思われるので、長時間の追尾撮影よりは
比較明合成を使った日周運動の撮影に向いているのではないかと。
時期によっては、市街地の灯りのむこうから昇る満月なんてのも良さそう。


2016080505.jpg

この頂上のすぐ東側にこの程度の駐車スペースがあります。
夜間でも迷わずに来れそうだし、自宅からのアクセスもおよそ
50分程度と、「一時間以内のスポット」という意味では有力かな。
あとは実際に夜間にどんな見え方をするのか、比較明撮影で
どんな写真が撮れるのかを試してみたいと思います。


この「ダイラボウ」は、全国に存在する巨人「ダイダラボッチ」の
伝説に由来する名称で、この山頂はそのダイダラボッチの
足跡だとされているらしいです。
琵琶湖を削って富士山を作った巨人にしては足が小さいような^^;

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべ様

入念な撮影準備をされていますね
バイオトイレも清潔なようですね

どんな写真が撮れるのかを試してみたいと思います・・・
成功を信じています
撮影アップ 楽しみにお待ちしていますね

りら #sSHoJftA | URL | 2016/08/05 22:20 * edit *

Re: はんべ様

> 撮影アップ 楽しみにお待ちしていますね
最も手近なポイントなので、できるだけ早く試写したいと思います。

はんべ #- | URL | 2016/08/06 20:41 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1235-77c95b48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)