かっぱのあしあと

提督業は忙しいか 

江戸時代には伊豆南部で「風待ち港」として栄えたものの、
やはり地理的な不利さから大きな発展はありませんでした。
しかし幕末に日米和親条約締結から状況が変わります。
「開国の町」とか文学作品などで知られるようになると、
伊豆半島を貫く下田街道を伝って多くの人々が訪れるようになります。

そして決定的となったのは昭和36年伊豆急行線が開通し、
関東圏から熱海や伊東を経由して訪れる観光客が激増します。
もともと小規模な造船ぐらいしか産業のなかったこの土地で、
一躍観光業やサービス業が重要な収入源に躍り出ます。
しかしその観光ブームもバブル期までで、バブル崩壊後は
一気に衰退しリーマンショックや東日本大震災で決定的な打撃を受けます。

今では毎年人口が減少し、特に20代は全国平均比でもかなり少ないです。
逆に60代以上は平均より多く、年金・生活保護受給者も随一です。
観光業に頼りすぎた結果、経済や震災などの影響は非常に大きく、
昨今話題の外国人観光客からも見放されているのが現状です。
鍵を握る「伊豆縦貫道路」の建設も遅々として進まず、年々逼迫する
財政も町の元気に陰を落としていきます。

それでもNGOなどをはじめとした活動が成果を上げはじめ、
市全体の集客はわずかながら上向いてきたようです。
観光スポットは少なくないし、秋~冬を除けばそれなりに楽しめます。
また南向きの見晴らしの良さから星景スポットとしても人気です。
もう少しだけ「便」が良ければ頻繁に訪れたい場所です。

横浜のような巨大な港町に比べ、コンパクトにまとまっていて
むしろお気楽さでは勝っているかもしれません。
夏休み期間だけは混雑するので、それ以外の時期に
できれば3泊4日程度時間を取ってゆっくり散策するのがおススメ。
数々の文学作品を生み出した独特な風情は類を見ないでしょう。


2016061601.jpg
2016/6/13 14:41 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
58mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/160秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural ペルリ提督


2016061602.jpg
2016/6/13 14:36 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
160mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/200秒 -1.0EV) WB:6000K ISO:200 ToyPhoto


2016061603.jpg
2016/6/13 15:03 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
112mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -1.3EV) WB:6000K ISO:200 Natural


2016061604.jpg
2016/6/13 14:56 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
30mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/200秒 -0.3EV) WB:6000K ISO:200 ToyPhoto


2016061605.jpg
2016/6/13 15:36 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
98mm相当 絞り優先AE(f/5.5 1/125秒 -1.0EV) WB:5500K ISO:250 ToyPhoto


午前中下田公園でのあじさい祭りでびしょ濡れになったので、
午後は市内をお気楽散策に。
決して過疎化しているわけではなく、平日でも人通りがあります。
レトロ感と異国情緒のようなものがあちこちに散りばめられ、
「なまこ壁」を見つけるとちょっと嬉しくなってしまう。

焼津や御前崎のような港町とも違う雰囲気。
山の中の峠道か海岸沿いのクネクネ道しかアクセスできない。
砂浜はあるけどほとんどが岩場で、柱状節理など独特な地形も。
喧騒とは程遠いけど寂しくならない、でも決して便利さもない。
所々に「バブルの残骸」が放置されていたりする。
田んぼはないし工場もない、スーパーやコンビニか
全国チェーン店ぐらいしか店らしいものもないし。

少子高齢化は全国平均より先を行く将来への不安はあるけど、
ここを訪れる人が増えれば町の活気も出るでしょう。
気になるのは、震災を受けて持ち上がった大規模防潮堤計画や
市庁舎の高台への移転問題で行政不信がくすぶること。

今度いつ行けるか、爪木崎で星景でも撮ってみたい。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

下田市だったのですね

一枚目
ペルリ提督 いいですね

二枚目
丸ポストにカフェの看板
その看板にあるハンバーガー
とっても素敵な光景ですね

三枚目
工事現場でしょうか・・・
それに相対するかのような花
被写体を見る目の確かさを感じます

五枚目
夏色キセキ
聖地巡礼写真かのようですね
左手ガクアジサイ 右手の葉
その入れ込み 前暈けがとてもおしゃれです

お写真 拝見してこの地への憧れが生まれました



りら #sSHoJftA | URL | 2016/06/16 22:05 * edit *

Re: はんべさん

> 下田市だったのですね
「下田」ってどんなイメージなんでしょうね。
熱海や伊東よりずっと遠いし便が悪いけど、
逆に峠を越えたところにあるので異国感があるんですね。
山に囲まれ海に面した小さな港町、ジブリっぽいかも?

> その看板にあるハンバーガー
「下田バーガー」はなんと1000円(ドリンク別)。
都内なら高級魚のキンメダイのフライを挟んだ巨大なもの。
他にもキンメダイの定食や刺身などもあって人気スポットです。

> 工事現場でしょうか・・・
下田駅前のロータリーです。
花で町全体を盛り上げようと言う活動を行っていて、
公共施設や個人の建物まで至る所に花が飾られています。

> 聖地巡礼写真かのようですね
アニメは4年前に放映され、当時は巡礼目的の観光客も多かったようです。
さすがに今はポスターなども見られませんが、わずかにこんなのも残っていました。
映画のロケなんかにもいいと思うのですが、都心からはちょっと遠いのと
いい意味で緊張感のユルイ土地のせいかドラマ的ではないのかも。
静かな季節を選んで、数冊の本を持って一週間ぐらいノンビリしたい下田でした。

あ、紫陽花篇は次回以降にて。

はんべ #- | URL | 2016/06/16 23:18 * edit *

熱海までは行くことができたけれど、下田は遠かった😅歴史と、今の花とのお話し、下田に心だけ飛んでいきました😃

山崎明美 #- | URL | 2016/07/08 15:50 * edit *

Re: タイトルなし

> 熱海までは行くことができたけれど、下田は遠かった
確かに伊豆半島の先っぽは遠い。
でも行くだけの価値はある、箱庭のようなここちいい港町。

はんべ #- | URL | 2016/07/08 21:54 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1212-9c2ae190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)