かっぱのあしあと

見せたら出せ 

先月のCP+でワールドプレミアされた数々の新製品。
なのに今までに発売されたのはPEN-F程度。
ほとんどの新製品は3月下旬以降とか、
ニコンのDLシリーズなんかは6月って。
発表日と発売日はいっしょにしようよ。
だから予約ばかりが殺到して「予約数を確保できません」
なんて発売を延期したりと不細工なことするんだから。

クルマは基本的に発表と発売はいっしょで、
だから「発売日に必ず届きます」的な約束はありません。
注文順に届くから順番に待っててねで済みます。
(ただし一部の車種では『先行予約』が常態化しています)

この発表から発売まで数週間~数ヶ月もの時間を置くのは
どんなメリットあるいは目的があるんでしょうね。
先に発表だけしておいて他社にニーズを取られたくないから?
でも注文ではない単なる予約ならいくらでもキャンセルできるし。
たとえCP+でハンズオンしても、実際に入手できるまでが長いと
忘れてしまいそうですよね。

この春の新製品、何か買いますか。


2016031301.jpg
2016/3/8 14:51 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +1.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 十輪寺


2016031302.jpg
2016/3/8 14:03 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
270mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +0.7EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 十輪寺


2016031303.jpg
2016/3/8 15:00 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:200 FantasicFocus 十輪寺


2016031304.jpg
2016/3/8 15:12 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.3EV) WB:6000K ISO:200 Natural 十輪寺


2016031305.jpg
2016/3/8 14:32 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
38mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/640秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 十輪寺


よく「お散歩カメラ」といいますよね。
お散歩カメラに何を求めるでしょうか。
中にはD810に24-70mm F2.8を付けてお散歩カメラと言う人もいるし、
GRデジタルだったり、いずれにしろスマホ + αなモノが欲しいもの。

いわゆるスナップショットというのは元来ガンマンの「早撃ち」に
由来するものなので、レスポンス・操作性が大事で、
センサーのサイズとか発色がどうとかいうのは二の次のはず。
とはいえ数千円のコンデジでは何か満たされないのでしょうね。

またスナップカメラとは別に、「万能カメラ」という欲求もあります。
一般のスナップだけではない、もっと幅広い対象を想定すると
カメラに求められる機能が比例して大きくならざるを得ません。
広角だけでなく望遠も欲しい、でもボケを活かしたいので
極小センサーの数十倍ズームではない、でもお散歩に
持ち歩くならあまり大きいのも面倒だったりして。

今コンデジは1インチが標準化しつつありますが、
1インチに広角高画質レンズを組み合わせたり
高倍率ズームレンズを組み合わせるとかなり大柄になるのは
ニコンのDLシリーズを見れば一目瞭然なんですよね。
一眼レフが大きいと感じるようになると、コンデジにも
より小ささを求めてしまうのですよ。




関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1169-d7490707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)