かっぱのあしあと

あの日 

ポータルサイト「goo」のランキングコーナーで
「『昭和』を感じるおっさんっぽい言動ランキング」が話題になっていました。
上位には「過去の自慢話が多い」「おしぼりで顔を拭く」
「金曜日を『花金』と呼ぶ」などと昭和38年生まれには
うなずけることばかりでしたが、中には「電話をかける仕草が
指先をくるくる回す」とか「テレビのチャンネルを『まわして』という」
といった、今の若者には想像もできないジェスチャーがありました。

電話がプッシュ式になったのは30年ほど前の電話機の自由化から。
それ以前はダイヤルに指をかけて回していたので昭和世代は
どうしても指を回してしまいます。
そういえば就活中はダイヤル電話で人事担当者と話していて、
入社したとたんにボタンだらけのビジネスホンに悩んだものです。

またテレビも70年代頃まではダイヤル式のチャンネルを
ガチャガチャと回していましたし、静岡のような地方では
UHFのチャンネルが多いのでサブダイヤルを細かく回さないと
「砂の嵐(これも昭和だ)」になってしまいます。

カメラも昭和はもっぱらフィルムでしたので、今のデジタルや
ましてスマホとはまったく感覚が違いました。
写真の失敗の原因は「キャップをしたまま」「フィルムを入れ忘れた」
なんてのがありましたが、デジカメではありえない失敗です。
(もっともバッテリーやメディアを忘れたというのはアリなわけで)
「この写真いいね、『焼き増し』して」なんて言ったところで意味不明です。


2016020801.jpg
2016/2/8 10:03 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
250mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:640 Natural 洞慶院


2016020802.jpg
2016/2/8 9:50 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:320 Natural 洞慶院


2016020803.jpg
2016/2/8 11:13 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
150mm相当 絞り優先AE(f/3.2 1/320秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:020 Natural 洞慶院


2016020804.jpg
2016/2/8 10:39 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/320秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:320 Natural 洞慶院


2016020805.jpg
2016/2/8 9:38 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
170mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:640 ToyPhoto 洞慶院


しかし需要は激減したとはいえ今でもフィルムカメラは販売されるし
アナログレコードも人気が出てきて再びプレーヤーも売られています。
紅白歌合戦はさながら昭和歌謡番組だし、政治も『昭和』の復権を狙います。
とりわけ多くのシニア世代(少なくともバブルを経験した世代)にとっては
『昭和』という時代へのノスタルジーは失われません。

『昭和』はどんな時でもエネルギーに満ちていたし、
いい時も悪い時もみんな必死で力を合わせて生きていた。
だから「いい時代だった」と必ず口にするわけです。
気のせいか、『平成』は『昭和』の惰性のように思えてしまいます。

今は何かとネットが世界や人を動かしています。
写真も音楽もネット回線の中を流れ、人と人の繋がりも
お金や情報も勿論ネットを介して動き回る時代です。
『平成』は便利で早くて豊富だから安楽だけど
『昭和』は面倒で遅くて少ないものからシアワセを感じていました。

もうあの時代には戻れないでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1154-4290aacf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)