かっぱのあしあと

解ける結び目 

ここへ来て、ようやく冬らしい空気になってきたかと
思うようですが、それでもまだ昼間は15度ほどもあり
まだまだ平年並みというわけには行かないようです。
毎日のように見ている富士山も、これほど雪のない状態は
記憶に無く、やはり気候変動も気になるところです。

そこらじゅうで霜柱が立ったり、バケツの水が凍っていたり、
手がかじかんで一時限目はノートが取れないとか、
体育での屋外活動で顔が強ばったりなどという
子供の頃の冬の感覚は何だったんだろうと思い起こされます。

寒いのは勘弁、どうせならこのまま暖かい春になってくれと
願う人もいるでしょうが、冬があってこその春だろうと。
このまま日本が亜熱帯化して本当に毎年冬がなくなったら
季節の変化も無く、酷暑とスーパー台風に見舞われるのでしょうか。

朝目覚めた時の暖かな陽射しにホッとする一方で、
何か満たされない気持ちを抱えて出掛けては、
早い日暮れに益々沈んでしまいそうです。


2016011101.jpg
2016/1/6 10:58 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
200mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/200秒 -0.7EV) WB:5300 ISO:200 DramaticTone 爪木崎


2016011102.jpg
2016/1/6 9:59 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.3EV) WB:5800 ISO:200 VintageIII 爪木崎


2016011103.jpg
2016/1/6 13:01 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
200mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/400秒 -1.0EV) WB:6000 ISO:200 VintageIII ペリーロード


2016011104.jpg
2016/1/6 13:12 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
200mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/320秒 -1.0EV) WB:4500 ISO:200 ToyPhoto ペリーロード


2016011105.jpg
2016/1/6 11:10 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
164mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.7EV) WB:5300 ISO:200 VintageIII 爪木崎


「冬」と言う字は糸の結び目が由来らしい。
結び目は区切りを表し、冬を一年の区切りとして
春夏秋冬の最後にして「冬」と名づけたと言われます。
「糸」の「冬(結び目)」を「終わり」と言うのも、
巻き取った糸の区切りだから「終わり」

でも冬は終わりではなく、やがて「三人の日」がやってくる、はず。
それまで待てるかな。
明日は何があるだろうって
期待しながら眠りに着いたのはいつが最後だろう。

今年は花粉も早いようだ。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1143-0a418330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)