かっぱのあしあと

スパニッシュ・ボーイ 

スペイン語で男の子を「エルニーニョ」と呼ぶそうす。
ペルー沖の海水温が上がるとアジア地域の気象への影響が
騒がれていますが、まさに今はエルニーニョが「最盛期」だとか。
今年4月以降水温が上がり続け、日本では冬になっても
南からの湿った風が入り気温が高くなっています。

平年と比べ、平均2度ほど高めなだけですが、最近まで
最高20度を超える日もあり、全体に雨も多めです。
野菜は育ちすぎて価格が下落し「豊作貧乏」状態、
一方で東北のスキー場では全く雪が無くてオープンできず。
デパートは冬物が売れないので早くも春物セールを始める。

これが一時的な気象「現象」なのか、気候「変動」なのかは、
そもそもエルニーニョ現象の原因がはっきりしていないので
分かりかねるそうですが、確実に異常が異常でなくなってきています。
以前から富士山を撮る人たちの間では、雪の多さ少なさや
晴天率の変化などで毎年安定しない気象が話題になっていました。

櫻まつりの時期がずれたり、スキー場に雪が無かったり、
夏休みに雨続きになったりと、これまでの季節の概念が変わりつつあります。
それだけではなく、食糧生産や大災害の頻発などさらに
深刻な影響が懸念されていて、海水温のわずか数度の違いだけで
あまりにも私たち人類が簡単に押しつぶされてしまう脅威を感じます。


2015121501.jpg
2015/12/13 10:31 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
150mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:800 ToyPhotoII 油山寺


2015121502.jpg
2015/12/13 10:35 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
270mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/320秒 -1.0EV) WB:6000K ISO:1250 Natural 油山寺


2015121503.jpg
2015/12/13 12:17 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
230mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:500 Natural 油山寺


2015121504.jpg
2015/12/13 12:02 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/8秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:2500 Natural 油山寺


2015121505.jpg
2015/12/13 12:51 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
240mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:250 Natural 油山寺


最近はPM2.5とかスーパー台風が話題になるけど、
地球温暖化に関してはCOP21の報道も軽い扱いだし、
増して少し前まで耳にしていた「酸性雨」ってどこへいったんでしょう。
中国の大気汚染はPM2.5ばかりでなく、酸性雨をもたらし
日本の森林がドイツの「黒い森」のように枯れてしまったら大変。

環境破壊はいつも弱い人の上に降り注ぎます。
でもその原因を作り出したのは強い人たち。
スキーができなくても、ビールが売れなくても、米が不作でも
強い人たちは何も困らないし、逆に「施し」を通じて人心を操れます。
すると強い人たちは自分が「力」を得たと勘違いする。

いっそドデカイ小惑星がぶつかって、恐竜が絶滅した
白亜紀のように生態系をリセットできないだろうか。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1132-27bd6925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)