かっぱのあしあと

好きに生きろ 

昨日は中伊豆の足場の悪い渓流で
転げまわっていたところ、スマホに速報が入ります。
水木しげるさんの死去でした。
私もアニメで親しんだ世代なので、「とうとう妖怪になっちゃったな」
なんてスマホの画面を眺めながら思ったものです。

水木しげるさんといえば、「幸福の七か条」が話題になっています。
水木さんは幸福を追求するための「幸福観察学会」を設立、
ただし会員はご本人一人だけで増員もなし。
そんな水木さんが著書で唱える幸福になるための七か条。

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
第二条 しないではいられないことをし続けなさい。
第三条 他人との比較ではなく、あくまで自分の楽しさを追求すべし。
第四条 好きの力を信じる。
第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
第六条 怠け者になりなさい。
第七条 目には見えないものを信じる。

あえて注釈を加えなかったのは、見る人の
自由な発想で受け止めることも想定していたのでしょうか。
その意味では、仕事でも生活でも趣味でも相通じるところがあります。
一方で、「努力は裏切る」といった言葉で私たちが裏切られる点も。


2015120101.jpg
2015/11/30 9:51 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/400秒 -1.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 修善寺


2015120102.jpg
2015/11/30 10:20 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
284mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:500 Natural 修善寺


2015120103.jpg
2015/11/30 9:13 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
240mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:800 Natural 修善寺
源泉を引いているのであったかいんだから~


2015120104.jpg
2015/11/30 10:49 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
60mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/60秒 +2.0EV) WB:4500K ISO:2500 Natural 修善寺


2015120105.jpg
2015/11/30 10:31 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
150mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 -1.7EV) WB:4500K ISO:200 Natural 修善寺


私の勝手な解釈では、才能は努力に勝る、しかしその
才能と言うのは好きなことをとことん追求する中で生まれる。
現実には好きなことで食べていける人はごくわずかで、水木さんも
40代になってようやく漫画家として食べられるようになりました。
でも才能と収入は別と考え、好きなことに打ち込んで
才能を身に付け伸ばす生き方なら自分にもできそうな気がします。

「目に見えないもの」とは、得体の知れない現象などに対する
畏怖から生まれた妖怪のことを指すと思われがちですが、
ラバウルの戦場で全ての戦友と自らの左腕を失った経験からは、
その失ったものが今の自分を支えているというお考えではないかと。
人は目に見えるものしか信じないけど、現存しないものにも
心を寄せることは、今を生きることへにも繋がっているのでしょう。

自分は果たして、将来歩けなくなっても片腕を失なうことがあっても
カメラを続けていけるのか、そこまで写真が好きなのかはわかりません。
でもこの言葉を見るたびに、カメラを手に出かけてみようという気持ちが
奮い立ち、日常の景色をできるだけ美しく残そうという気が起きそうです。
きっとそうして幸福を感じられるようになるのだと思います。



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

かっぱのあしあと 様

7か条を教えていただき、ありがとうございました。若いときなら、「この軟弱者が」と、ぶっとばされそうですが、70歳が見えるような年になると、応援歌のように感じますね。憲法にならって前文を書くとすれば、「自分の足で立つべし」ではどうでしょうか。

楽農楽写 #- | URL | 2015/12/03 11:29 * edit *

Re: タイトルなし

> 7か条を教えていただき、ありがとうございました。
いわゆる「偉人」の名言の類は、成功者の結果論になりがちですが、
水木さんのお言葉は想像を絶するような苦難を生き延び、
好きな絵を描いて生涯を過ごされた喜びにも感じさせますね。
漫画家の中でも奇才だった水木さんのような生き方は
なかなか私たちには真似ができませんが、あの七か条は
広く多くの人々の心にも響くことは間違いないと思います。


はんべ #- | URL | 2015/12/03 20:23 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1125-a5e4fb15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)