かっぱのあしあと

今年より来年 

今日は毎月恒例のカメラ誌発売日。
いつものように終業後書店に寄って立ち読みです。
「12月号」という一年の締めくくりでもあり、
今年のカメラを総括する内容の記事が多く見られました。

今年のナンバーワンはといった投票記事では、予想に反して
キヤノンの超多画素機を差し置きソニーやパナソニックの
ミラーレスなどが上位に選ばれているのが興味深いです。
今後は来年のオリンピックを控えて、主だったフラッグシップ機が
刷新されると思われ、それに連動してミラー付き一眼の
新機種が続々と登場するのではないかと個人的には予想します。

自分はと言うと、これまでニコンのフルサイズがメインだったものが
最近では専らオリンパスのOM-Dに取って代わられています。
たとえセンサーが小さくても、画素数が少なくても、軽くて小さいことは
百難を隠してくれる強力なアドバンテージになりえます。
OM-Dも度重なるファームアップで、発売当初とは別物になってくれます。



2015112001.jpg
2015/11/16 11:38 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO(with ND16)
24mm相当 絞り優先AE(f/14.0 5秒 -0.7EV) WB:5300 ISO:200 昇仙峡

晴れた日の紅葉もよかろうと、再び昇仙峡を訪れました。
ピークは既に過ぎていてかなり落葉していましたが
多くの観光客は大喜びでカメラを向けています。


2015112002.jpg
2015/11/16 11:14 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2500秒 -1.0EV) WB:5300 ISO:200 昇仙峡


2015112003.jpg
2015/11/16 9:33 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.7EV) WB:5300 ISO:1000 昇仙峡


2015112004.jpg
2015/11/16 10:34 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
260mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1.3秒 -1.0EV) WB:5800 ISO:200 昇仙峡


2015112005.jpg
2015/11/16 10:58 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
146mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/160秒 -0.3EV) WB:5000 ISO:400 昇仙峡


そのオリンパスですが、かねてから予告されていたファームアップを
今月26日午前11時から公開する旨の発表がありました。
中でもE-M1に対するバージョン4.0では、「深度合成モード」の
追加や「フォーカスブラケット」機能も搭載されます。
これらは可動センサでの手ぶれ補正機能や電子シャッターを
併用して統合制御することで実現できると思われます。

ですからセンサーを動かさないパナソニックやソニー(一部を除く)、
ニコン・キヤノンといった一眼レフ勢には困難な機能追加ともいえます。
さてこの新ファームウェアで加わる機能はどう役立つのか、
まずは実際に試しながら探ることになりそうです。



最近欲しいものがいくつかあるのですが、撮影用のクルマが手狭に
なったため買い換える(といっても中古)予定のあるのが悩みの種です。
ニコンの機材を一気に手放してしまえばそこそこ資金ができるものの、
ドライボックスからカメラを取り出して手にすると、
やはり身近に置いておきたくなってしまいます。

繰り返しますが来年はオリンピックイヤーでカメラ業界も活気付きます。
E-M1にも後継機が出そうだし、D5世代も気になります。
今年よりも来年の動向が大変気になるこのごろです。



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1120-f8c665a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)