かっぱのあしあと

朝霧よ今朝も有難う 

土曜日は終始雨模様、日曜の朝まで残るとか。
それならばと、昨年も同じ状況で訪れた奥大井の「寸又峡」へ。
ここは飾り気もなく賑やかさもないいわば「秘湯」。
でも紅葉の時期にはその狭いアクセス道が大渋滞。
そこで朝早い時間に現地入りなのでした。

着いたのは午前8時前、広い駐車場には旅館の従業員の
クルマぐらいしかない静寂の朝。
ここへ来る途中も濃霧に見舞われましたが、予報では
昼頃から晴れてしまうので取り急ぎ駐車場を出ます。
そこから結構な距離を歩いてトンネルを抜けると絶景が待ちます。


2015111601.jpg
2015/11/15 8:21 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
114mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/125秒 -0.3EV) WB:6000K ISO:400 Natural 寸又峡

秒単位で霧が流れては景色も変わっていくので、
ついカメラを構えたままその場から動けなくなります。
でも晴れてしまえばお仕舞いなので手早く撮影しては先を急ぎます。


2015111602.jpg
2015/11/15 10:47 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
220mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:640 Natural 寸又峡

紅葉はほぼ盛りか若干遅め、日当たりによってはまだの木も。
寺院の庭園のような艶やかさはないものの、手付かずの自然が
そのまま楽しめる点ではこちらが動いて「キレイ」を探す楽しみも。


2015111603.jpg
2015/11/15 10:56 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
40mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/50秒 -1.0EV) WB:6000K ISO:320 Natural 寸又峡

ここはダム湖で水深があるため、本来は向こうに見えるような
エメラルドブルーの美しい湖面と紅葉の対比が人気なのですが、
前日の雨が激しかったため川は「泥水」状態で残念な光景でした。
とはいえ「これも自然」なのですから仕方ありません。


2015111604.jpg
2015/11/15 9:02 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
140mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/160秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:500 Natural 寸又峡

色付いた山肌を終始霧が流れては景色に濃淡を醸します。
緑・黄色・赤などがモザイク状に彩り、ひと時の光景に溜息です。
この日は11月にもかかわらず20度を超える暖かい陽気で
大勢の観光客もノンビリと紅葉を楽しんでいました。


2015111605.jpg
2015/11/15 10:24 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/5000秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 Natural 寸又峡

空の一部が破けて山の稜線から時折太陽が顔を出し始めました。
このあと本格的に陽光が差し、さらに服を減らす陽気になります。
昼前頃から急に客足が増えてきたし、陽射しが出たので退散です。
昨年同じ時期に同じ雨上がりに訪れた時よりはコンディションで劣りますが、
それでも秘湯の温泉街を抱くダム湖の紅葉はなかなか見事でした。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1118-d962f0ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)