かっぱのあしあと

羽化するマネー 

お金のかかる趣味と言うのはいろいろありますが、
写真、カメラもその1つで、いつの間にか機材が増えます。
ゴルフクラブとか釣竿とかもそうですが、新しいものを手にすると
何だか自分に新しい力が授かったような気がしてしまうものです。

確かに新しいレンズやカメラで、今まで上手く撮れなかったものが撮れる
ようになると、あたかも自分の腕が上がったように誤解してしまいます。
でもそれはカメラやレンズの性能のおかげで、
そう簡単に自分の「性能」まで向上できるものでもありませんね。
とはいえ「その気」になれるだけでも買った甲斐があるのでは。

フィルムカメラ時代は、カメラボディもレンズも短期間に
それほど際立った性能の向上と言うものはなかったものです。
でもデジタルになって、急速に画素数などの性能が向上します。
一眼レフでも、600万画素全盛の頃とは比べ物にならないほど
画質(特に高感度)が良くなって撮影の幅も広がりました。

レンズも設計にコンピューターが使われると、収差の低減や
大口径化、コンパクト化にも効果を発揮します。
次々と新しいレンズが発売されますが、この驚異的な量産体性は
さすがに日本以外ではなかなか実現できないようです。

毎年CP+などの見本市で新機種が発表されます。
カメラ事業は一時期の勢いはなくなったとはいえまだまだ
大きな需要があるであろうことは、様々なイベントに集まる
アマカメの数や写真SNSの盛り上がりなどに見て取ることができます。
来年はフルサイズミラーレスにニコンやキヤノンが参入するのでは
といった噂もありますが、高級ミラーレス機が流行り出すと
また新たなレンズの需要も増えるし動画向けのシステムも出そうですね。


2015111401.jpg
2015/11/9 11:21 OLYMPUS E-M5 MarkII + 12-40mm F2.8 PRO(with ND16)
24mm相当 絞り優先AE(f/14.0 3.2秒 -1.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 昇仙峡


2015111402.jpg
2015/11/9 11:07 OLYMPUS E-M1 + 40-150mm F2.8 PRO
284mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.3EV) WB:5800K ISO:800 Natural 昇仙峡


2015111403.jpg
2015/11/9 14:21 OLYMPUS E-M5 MarkII + 12-40mm F2.8 PRO
36mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/40秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:1000 Natural 昇仙峡


2015111404.jpg
2015/11/9 13:40 OLYMPUS E-M1 + 40-150mm F2.8 PRO
158mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:1250 Natural 昇仙峡


2015111405.jpg
2015/11/9 15:10 OLYMPUS E-M1 + 40-150mm F2.8 PRO(with ND16)
96mm相当 絞り優先AE(f/9.0 4秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 昇仙峡


新機種のカメラに替えると何が変わるのか。
今まで撮れなかったものが撮れるようになるのならまだしも、
画質とかノイズとかのわずかな改善では買い替えの動機になりうるのか。
でも「気分が変わる」だけでも投資の理由にしてもよさそう?
そこまで余裕がなければ我慢しながら自分を誤魔化すのか。

ペンタックスのフルサイズ一眼レフ投入やニコン・キヤノンに
フルサイズミラーレスがもし出るとしたら、来年は新たな
デジカメ界のマイルストーンになる可能性はあります。
ただ、再来年の消費増税前までだろうな、盛り上がれるのも。


ところで上の写真を含め、水の流れをスローシャッターで撮る際には
マルミ光機の「DHG ND16」を使用しています。
一般の一眼レフで濃度の高いNDフィルターを使うとファインダー像が
暗くなるので、構図やピントを合わせるたびにNDフィルターの着脱が必要で、
PLフィルターを重ねて使う際にはさらに操作が面倒になります。

しかしOM-DのようなEVFの場合には、よほど濃度の高いものでない限り、
NDフィルターを装着していても視界は実用になり、
そのままピントや構図の確認ができて大変便利です。
ND16という比較的濃いものを使うのは、マイクロフォーサーズのような
センサーの小さめなカメラでは小絞りボケ(回折ボケ)が起きやすいため、
なるべく絞り込まずにスローシャッター撮影ができるようにするためです。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1117-39537833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)