かっぱのあしあと

探検隊はどこへ 

星景あるある


・ ノイズ除去処理中にデカイ流星が流れる。
・ カメラを向けているのと違う方向でデカイ流星が流れる。
・ 赤道儀は持って出たがバッテリーを忘れる。
・ 同じくカメラは持って出たが三脚を忘れる。
・ 直前にやろうと家でバッテリーを充電していて、そのまま出かけてしまう。
・ ソフトフィルターのつもりで取り付けようと見たら、プロテクトフィルターだった。


2015102701.jpg
2015/10/19 2:02 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO(LEE Soft No.3)
14mm相当 マニュアル露出(f/2.8 75秒) WB:3500K ISO:1600 御前崎


・ 構図を変える拍子にレンズに触れてピンボケになっても気が付かない。
・ 三脚の下に霜柱が立ってカメラが動いてしまう。
・ 昼間ロケハンで良さそうだと夜に行ったら、思いきり明かりが灯っている。
・ 同じく夜再び行こうとしたが、道に迷って辿り着けない。
・ クランプの締め付けが甘く、いつの間にかカメラがあらぬ方へ向いている。


2015102702.jpg
2015/10/13 2:10 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
200mm相当 マニュアル露出(f/2.8 60秒) WB:3800K ISO:2500 朝霧高原


・ グルグル撮影がもう少しで終わる寸前に、ハイビームのクルマが入ってくる。
・ レンズヒーターの端子が外れていて、いつの間にかレンズが曇っていた。
・ いつも行くお気に入りの場所へ行ったら、キャンパーに占拠されていた。
・ カメラ本体とバッテリーグリップの両方にバッテリーを入れたつもりが、
  片方にしか入っていなかったりする。
・ ちょっと仮眠のつもりで横になって、目が覚めたら太陽が真上にいた。


2015102703.jpg
2015/10/12 22:18 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO(LEE Soft No.3)
14mm相当 マニュアル露出(f/2.8 60秒) WB:3800K ISO:1250 山中湖


・ 家に帰ってから、ホットシューカバーやレンズキャップなどの紛失に気がつく。
・ フードの中で前玉に蛍がとまって光っていた。
・ 雪の中にうずめた三脚が氷って抜けなくなる。
・ 絶好のロケーションなのに、北極星が見えず赤道儀のセッティングができない。
・ なかなか雲が取れないので、諦めて帰ったら晴れる。


2015102704.jpg
2015/10/13 3:35 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO(LEE Soft No.3)
28mm相当 マニュアル露出(f/2.8 60秒) WB:3800K ISO:2000 朝霧高原


・ GPV予報が更新する度に晴れる場所が変わるため、目的地が決められない。
・ 新しい機材を買ったとたんに晴れない。
・ 日食、月食、流星群の極大日などはきまって仕事である。
  (そんな時は曇ってしまえと心で願う悪魔になる)
・ ちょっとばかり機材を改造しようと手を加えたら、とりかえしのつかない状態になってしまう。
・ グルグル撮影中に三脚に触れてしまい、気付かず光跡に段差がついてしまう。


2015102705.jpg
2015/10/13 3:00 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO(LEE Soft No.3)
14mm相当 マニュアル露出(f/2.8 60秒) WB:3800K ISO:1250 朝霧高原


・ 買い続けた天文雑誌が溜まってしまい、処分に困る。
・ 自分だけだと思って独り言を言っていたら、すぐ近くで撮影している人がいた。
・ 駐車場や広場などで撮影していると、警官に声をかけられる。
・ 次の休日の天気が週間予報で晴れていても、その日が近づくにつれて晴れなくなる。
・ 携帯電話の通じない場所で道に迷ってしまう。


他にあったら教えてくださいな。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

こんばんは
あぁ〜アルアルっと、読みながら笑ってしまいました。
後半部は私も未体験ゾーンで、この境地に達するまで
精進したいなっと・・(笑)

月見里 #A8BJpryA | URL | 2015/10/27 22:47 * edit *

はんべさんおはようございます。

 書き込みは久しぶりです。見るのはいつも
見ていますよ。

 撮影あるあるは思わず頷いてしまうことが
たくさんあります。
 最近は,それにプラスして場所取りにかかる
時間に疲れています。今年の最長場所取り時間は
ある花火大会の場所取りで12時間前に現地に
行きました。三脚を設置してから12時間現地に
いました。花火の撮影は1時間で終わりでした。

totoro #mQop/nM. | URL | 2015/10/28 11:09 * edit *

はんべさん、こんにちは。
笑わせてもらいました!

私もあるあるを。

・職質の警官には土星を見せて感動してもらう。
・現地近いコンビニで夜食を調達しようと思ったら夜は閉店、朝まで断食。
・機材セットしようとしたら、ネジが足らない。
・機材セットしようとしたら、レンチが無い。
・防寒服は用意したが、防寒靴を忘れる。
・防寒服も防寒靴も用意したが、手袋を忘れる。
・極軸を合わせ終わったら曇る。
・構図を決めピントを合わせ終わったら曇る。
・撮影開始しようとしたら、リモコンが無い。
・前に星撮影で出会った人の声はわかるが、顔はぜんぜん知らない。
・地べたに置いた双眼鏡を踏みつける。
・いつのまにやらヒゲにツララ。
・うっかり息を吹きかけたレンズがアッという間に氷結。
・三脚を担いでうろつき、雪の吹きだまりにハマる。
・晴れているのに星がなぜかボンヤリ、と思ったら雪が降ってくる。
・「あれ、星が無い」と思ったら、雲。
・「おおっ!超新星かっ!?」と思ったら、こっちに向かって来る飛行機。
・ヘッドランプの電池が切れて、スマホの液晶照明で対処。
・低温で車内放置のスマホ死亡。
・クルマを開け放って撮影していたら車内まで夜露でビショビショ。
・長時間露出で放置していたカメラが見つからない。
・高原野菜の畑で撮影してたら、夜半過ぎから朝採りのクルマがあたりを煌煌と照らし出す。
・夜が開けて服を見ると、膝や背中がドロだらけ。
・翌日なぜか首や肩が痛い。

それにしても、なかなか報われない星景撮影です。

飯島 裕 #- | URL | 2015/10/28 13:13 * edit *

あるある。ありますね~^^

同感 共感 蕎友館しながら笑わせていただきました。

私のあるあるは、

・後ろでガサガサ!まさか熊?めっちゃびっくり冷や汗タラリ。
・あるはずが無いのに、どこからか かすかに音楽が聞こえている気がして、
不思議な感覚。

手打ちそば蕎友館井出明久 #- | URL | 2015/10/28 15:54 * edit *

Re: 月見里さん

> 後半部は私も未体験ゾーンで、この境地に達するまで
> 精進したいなっと・・(笑)
ここに挙げた項目ですが、実は全て私の実話です(だからあるあるなんだけど)
「境地」というより、とんでもない「地獄」ですけどね。
天気やロケーションなら諦めもつきますが、自分の失敗は落ち込むだけです。


はんべ #- | URL | 2015/10/28 19:47 * edit *

Re: totoroさん

>  最近は,それにプラスして場所取りにかかる
> 時間に疲れています。
私も以前はよく富士山撮影のために場所取りをしました。
最長は本栖湖での初日の出待ちで、大晦日の朝からおよそ24時間です。
ここでの初日の出は道路が機能しなくなるほどの大混雑になるし、
前日の昼には見晴台に三脚が隙間無く並んでしまいます。
三脚を据えていったん離れることもできないため、
初日の出までずっと車中で待つことになります。
でも撮影はほんの1~2分だけ。
それで最近はほとんど行かなくなりました。

はんべ #- | URL | 2015/10/28 19:52 * edit *

Re: 飯島先生お久しぶりです(^^♪

飯島裕先生、お久しぶりでございます。

> ・職質の警官には土星を見せて感動してもらう。
私も中高生の頃はよくありましたが、今は望遠鏡を持っていないので<欲しい

> ・機材セットしようとしたら、ネジが足らない。
私も忘れ物にはいつも頭が痛いです。
チェックリストを作ろうかとも思いましたが、最近はバッテリーと
カメラ以外の機材をクルマに積みっ放しにしています。
防寒モノ(帽子や手袋、マフラーなど)も同様で、真夏でも積んでます。
それでも忘れ物がなくならないので困ったことですが。

> ・地べたに置いた双眼鏡を踏みつける。
どうしても暗闇での活動なので、三脚を蹴らないように気をつけます。
逆に現場への忘れ物をすることもあるし。
主だった物には反射テープを付けたりしますが、ホットシューカバーのような
小さなものは仕方ないので最初から外してあります。

> ・低温で車内放置のスマホ死亡。
クルマのキーがいわゆる「スマートキー」でして、その電池が切れると悲惨です。
スマートキー内蔵の予備キーでドアを開けて、予備キーに本体を添えて
すぐにエンジンをかけないとクラクションが30秒間鳴り響きます。
まわりに誰もいなければいいけど、得てして大勢いる場所で起きるんです。
50万キロ超えのディフェンダーではこんなことないですよね。

> それにしても、なかなか報われない星景撮影です。
活動時間帯が、普通の人と正反対だし、強行するとひどく疲れるし、
サラリーマンにはなかなか時間が取れないし、天気との兼ね合いが難しいし、
機材に相当なコストがかかるし、撮った後の手間も結構あるし、
最初はなかなかとっつきにくいしで星景撮影はハードルが高いのでしょうか。
それでも実際に撮影中は時間も眠気も忘れるほど気持ちいいんですが。

またご一緒できたら嬉しく思います(^^♪

はんべ #- | URL | 2015/10/28 20:26 * edit *

Re: 井出さん こんばんわ

> ・後ろでガサガサ!まさか熊?めっちゃびっくり冷や汗タラリ。
富士山麓は鹿や狸が非常に多いので、撮影中は物音や鳴き声がよく聞こえます。
春先の深夜の「富士ヶ嶺道(樹海の中を通る道)」はサファリ状態です。

> ・あるはずが無いのに、どこからか かすかに音楽が聞こえている気がして、
夜は静かだから耳が必要以上に冴えてしまうんですよね。
あと、ずっと遠くの家(や店)から食事の匂いがしてきたり。
明るくなるにしたがってそれらの感覚が消えてしまうのですから
視覚の強さはハンパじゃないんでしょうね。

はんべ #- | URL | 2015/10/28 20:36 * edit *

よくこれだけの失敗経験してますね。それだけ長く撮影しているのでしょう。
未熟な私にはまだそれだけの経験してません。
一番経験しているのは早朝の雲海撮影で前日からの場所取りでしょうか、翌朝の雲海を想像しながら待つこと10時間以上。
結果がスッキリ、ハッキリの景色に落胆することですかね。

つぅたろう #mQop/nM. | URL | 2015/10/29 08:11 * edit *

Re: タイトルなし

> 結果がスッキリ、ハッキリの景色に落胆することですかね。
自然相手ではどうしようもないことばかりです。
天気や景色、光線や紅葉の色付きまで、こちらの思い通りにはなりませんね。
雲海は雨上がりの暖かい朝に出やすいので、そんな日は場所取りしないとということなんでしょうね。

はんべ #- | URL | 2015/10/29 19:28 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1109-5932abcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)