かっぱのあしあと

常識 対 常識 

10月20日発売の「アサヒカメラ」誌11月号では、
「肖像権時代のスナップ撮影」という特集を組んでいます。
街角や群集を対象にするスナップショットでは、意図しないまま
被写体にされたり、背景の一部として写るケースは避けられません。
「昔」は盗撮騒ぎはあったものの、スナップ撮影での肖像権問題は
それほどはなく、今でも語られる名作が数多く撮られました。


2015102501.jpg
2015/10/9 19:59 Canon G7 X
36mm相当 絞り優先AE(f/2.2 1/30秒 -1.0EV) WB:3200 ISO:1600 東静岡


しかし時代はインターネットやスマートフォン、SNSです。
誰もがいつでもカメラマンになるし、被写体にもされるし知らない間に
拡散されて、場合によっては脅迫の材料にもなりかねません。
こうなるとスナップショットは許されないことなのでしょうか。
同誌の特集では、カメラマンや弁護士などがそれぞれの立場から
肖像権とスナップ撮影のあり方を語っているのですが、
どこか解せない部分もあります。


2015102502.jpg
2015/10/9 18:44 Canon G7 X
24mm相当 絞り優先AE(f/4 1/30秒 -1.3EV) WB:5000 ISO:1600 東静岡


基本は「相手を不快にさせないこと」
「もし指摘されたら誠実に説明すること」
「それでもダメならその場で消去して見せること」らしいです。
つまりは相手が不愉快になる可能性を知りながら撮影を繰り返し、
指摘があったら「消せば許されるだろう」ということ?
一見するとなるほどと思うのですが。。。


2015102503.jpg
2015/10/9 18:51 Canon G7 X
38mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/80秒 -1.0EV) WB:5000 ISO:125 東静岡


スナップ撮影は、「盗撮」との境界線が大変微妙です。
先日いつもの「浜名湖ガーデンパーク」へ行ったところ、
来客の子供にカメラを向けたまま執拗に追いかける人を複数見ました。
一眼レフをファインダーを覗いて構えることなく、ライブビュー状態にして
ウェストレベルに構え、撮影している様子を匂わせないように
余所見をしながら盛んにシャッターを切り続けています。

これは果たしてスナップショットと言えるのか、もし保護者に指摘されたら
どう説明できるのか、そうして撮影した画像をどうするつもりなのか。
できればそのシニアアマカメさんらに聞いてみたいものです。


2015102504.jpg
2015/10/9 18:45 Canon G7 X
100mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/80秒 -1.3EV) WB:3200 ISO:1600 東静岡


スナップ撮影の基本に忠実に従っていれば、「表現の自由」に守られると
誌上でプロが語っていますが、果たしてそれは一般の常識と言えるのか。
あくまでカメラマンの立場からの常識と、被写体となる一般人の立場からの
常識との違いは無いのか、あればどう対処すればいいか、今一度双方の立場から
議論し、法律上存在しない「肖像権」について指針ができればいいのですが。


2015102505.jpg
2015/10/9 19:27 Canon G7 X
100mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/80秒 -1.0EV) WB:3800 ISO:1600 東静岡


カメラマンはスナップ撮影したい、
でも時代や社会が許さなければ撮影そのものを止めるしかないのか。
そこには芸術とか歴史とか大家の名作など関係ないのでしょうか。
もしそれでも撮影したいのなら、許される範囲はとか、どう撮れば
相手を不快にさせないのかとかといった高度な配慮が必要です。
それを欠かせばすぐに「カメラマンのマナーは」と槍玉に挙げられます。


2015102506.jpg
2015/10/9 19:52 Canon G7 X
95mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/100秒 -1.0EV) WB:3200 ISO:1600 東静岡


カメラマンのマナーについても、セミナーや写真誌上でじっくりと
語られることはほとんどなく、(ごく一部の)アマカメさんらの教育不足が問題です。
常識とかマナーも分かっている(つもりだ)けど、「いいね」やフォトコンの入選が欲しい。
そうなるとカメラマンの常識が世間の常識と衝突する可能性があります。
この常識の衝突は、カメラマンそのものの死活問題にもなりかねないですね。


2015102507.jpg
2015/10/9 19:05 Canon G7 X
100mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 -1.0EV) WB:3200 ISO:1600 東静岡


テレビ番組では盛んに「街の声」と称する安易なインタビューがあります。
そんな時、背景に写る通行人の顔にはモザイクがかけられます。
テレビと言う公共性の高いメディアだからとは限らず、
インターネットの方がむしろ簡単に拡散する意味では危険をはらんでいます。

「オレはカメラマンだ」「オレはプロだ」が一般社会に通用するのでしょうか。
「芸術や作品のために撮影しているのだから違法性だって無いだろ」
「文句があるのならこうして消せばいいんだろ」
それでいいのかな。。。


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1108-a3d12d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)