かっぱのあしあと

車中でござる 

普段の撮影では、ほとんどがクルマでの移動です。
とりわけ遠征レベルになると、目的によって複数のカメラを持参します。
例えば一台のカメラを持って歩くと、他のカメラは車内に置くわけです。
そして数時間後クルマに戻ってみると、夏季にはカメラバッグなどの
荷物がビックリするほど高温になっていることがあります。

クルマから離れる時には、4枚の窓ガラスは1~2cmほど開けていきます。
さらにフロントウィンドウにはサンシェードをかけていきます。
それでも陽射しが強い日には、車内は50度を超えることがあります。
よくクルマの外装色が影響すると思われがちですが、
実際には白でも黒でも車内の温度は数度程度しか違いません。
試しに、駐車中に天井を中から触ってみると、触れないほど
熱くなることはなく、せいぜい「暖かい」程度です。

車内が熱くなる主因は、窓から差し込む陽射しでダッシュボードや
シートなどが焼けて気温を押し上げてしまうためです。
だから車内にデジタルカメラのような電子機器を放置するのは危険です。
「仕様」上の使用可能な温度の範囲はおおよそ0~40度程度が多いです。
ちなみにオリンパスでは保管時温度として-20~+60度としています。
いずれにしろ、かなりの高温下に置くのはカメラにとって非常に過酷です。

デジタルカメラには多くの樹脂部品が使われます。
熱によってボディが変形したり、内部の電子基盤が損傷することがあります。
またリチウムイオンバッテリーは高温に晒されると一気に劣化します。
最悪の場合には発火や液漏れを起こしたりしてカメラ自体を破損します。
さらにカメラ内部やレンズ内の潤滑油が溶け出したり、レンズ同士を
張り合わせるバルサムなどの材質も劣化する可能性があります。


2015081901.jpg
2015/8/16 13:17 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
112mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/125秒 +0.7EV) WB:6000K ISO:400 ToyPhoto


2015081902.jpg
2015/8/16 13:30 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
104mm相当 絞り優先AE(f/5.5 1/640秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:200 ToyPhoto


2015081903.jpg
2015/8/16 13:20 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
36mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -0.3EV) WB:6000K ISO:200 Natural


2015081904.jpg
2015/8/16 13:35 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
94mm相当 絞り優先AE(f/5.5 1/100秒 -1.3EV) WB:5300K ISO:320 ToyPhoto


2015081905.jpg
2015/8/16 13:30 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
50mm相当 絞り優先AE(f/4.7 1/640秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 19歳の山道君



ではどうしたらカメラを車内の熱から守れるのか。
とりあえず、最低限でも直射日光が当たる場所に置かないこと。
シートの上に置きたくなりますが、窓から陽射しが差し込む上
防犯上でも外から見える場所はヤバいです。

実は、意外と温度が高くないのはトランクの中です。
トランクは陽射しが入らない分温度が上がりにくいと知られています。
仕事で使うノートパソコンなどは、面倒でもトランクに入れるのがいいです。
しかし最近はすっかりセダンタイプのクルマが減ってしまいました。
ハッチバックを持つミニバンやSUVではどうでしょう。

これもやはり、できるだけ陽射しが当たらない後ろの
ラゲッジスペースに置き、できれば目隠しのトノカバーを併用します。
ただし走行する場合、振動を強く受けやすいのでクッション材を
使うなどしてカメラに衝撃を与えないように注意します。

最近増えているドライブレコーダーやダッシュボード上に設置したETC、
それらに挿入したSDカードやETCカードも高温で破損する場合があります。
また昔からあるのがライターやスプレーの爆発、CDやサングラスの変形も。
言うまでもありませんが、子供やペットの放置は命取りです。
まだまだ暑い日が続きます、ご注意くださいね。


【フォトマスター検定 1級:共通問題】より 第54問

次の文章を読んで、(   )に入る正しい人物名を(1)~(3)の中から選べ。
「写真における『決定的瞬間』とは、主要被写体が見せる最もよい瞬間だけでなく、
光線状態や背景の状況から社会的な状況にいたるまでの全ての事象が
うまく合わさった時も指す。これは写真家の(   )が写真集『Images ・ la Sauvette
(邦題:決定的瞬間)』を出版してから写真用語として使われるようになったとされている。」

(1) アンリ・カルティエ=ブレッソン
(2) ロバート・キャパ
(3) ジョージ・ロジャー



※前日の予定が崩れたので御前崎港の海王丸を見られました。
  船内見学に参加したものの、清水港の時と違って甲板上だけ。
  それでも学生さんの凛々しい案内はよかったですよ。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

1枚目
船上にある部材のようですが 美的に撮影されていますね

2枚目
やさしく やさしくの文字
脱の文字
目を惹きますね

3枚目
関係者以外立ち入り禁止
厳重に施錠されているようですね
それがとても素敵です

4枚目
本来は動きのない被写体
それを蛇が動くかのように描写されています

5枚目
笑顔と敬礼 最高です

りら #sSHoJftA | URL | 2015/08/19 07:32 * edit *

Re: はんべさん

> 船上にある部材のようですが 美的に撮影されていますね
今回はあえて全体を掲載しませんでした。
練習帆船ですが、近くで見ると大変興味深いものばかりです。

> やさしく やさしくの文字
結局この「やさしく」の意味はわかりませんでした。
ロープをかける機材のようですが、使い方はさっぱりで。

> 本来は動きのない被写体
巨大な船を引き止めるための碇が繋がっています。
このパーツ1つだけでも百キロを超えるようです。

> 笑顔と敬礼 最高です
彼はまだ19歳ですが、こうして経験を積んで、将来は巨大な
タンカーや貨物船を操れるまでになるそうです。
「船に弱い人もいるの?」と訊くと「中にはいますね」だそうな

はんべ #- | URL | 2015/08/19 19:52 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1080-93d3288b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)