かっぱのあしあと

信州な日々 

静岡県と接しているはずなのに、長野県はまだ遠いイメージです。
県境と言っても3000m級の山々が連なる南アルプスなので
長野県へのアクセスは、身延から山梨経由で中央道を行くか、
愛知県を豊田経由で西から回っていくしかありません。
2017年に中部横断道ができれば、身延のクネクネ道を通ることなく
一時間ほど短縮できるので今よりは走りやすくなりそうですが。

静岡県は、ほとんどの地域で方角がわかりやすいです。
一方が山、その反対側が海、しかも伊豆半島以外の地域では、
北側に山があり南側に海があります。
伊豆でも方角こそ変わりますが「山の方、海の方」で通じます。

しかし山梨(の甲府地域)や長野県に入ると、周りを見回しても
ずっと山しか見えず、方向感覚を失いそうになります。
地元の方なら、八ヶ岳やアルプスなどを目印に方角がわかるでしょう。
でもそれらの山々が雲に隠れたら、私なんぞはどうしようもありません。

山地が多いので、その間を縫うように走る幹線道路に交通が集中します。
それでも、山地と山地の間の平坦な地域は非常に広く、
多くの平地が扇状地に由来する静岡県よりむしろ平地が多いと感じます。
高原気候なので冬は厳しい寒さと降雪に見舞われ、場所によっては
期待したほど夏の涼しさを感じられない場合もあります。

都会は便利だけど暮らしにくい?
でも過疎地は何かと不便だし豊かな暮らしと言えるのだろうか。
四季折々の美しい景色や、静かで落ち着ける雰囲気は替えがたい。
確かに一時期のブームのように、信州に別荘を持ちたくなる気持ちがわかる。
さて人間にとっての暮らしやすさは何だろうと感じながら走りました。


2015081501.jpg
2015/8/12 10:21 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -1.3EV) WB:4200K ISO:200 Natural 安曇野


2015081502.jpg
2015/8/12 12:34 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
62mm相当 絞り優先AE(f/5.0 1/60秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:400 Natural 碌山美術館


2015081503.jpg
2015/8/12 14:52 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
270mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/320秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:200 Natural 奈良井宿


2015081504.jpg
2015/8/12 15:12 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
240mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/160秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:2500 Natural 奈良井宿


2015081505.jpg
2015/8/12 19:06 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/30秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:2000 Natural 妻籠宿


海のない長野県は、何処へ行っても同じ景色しか感じないと言われます。
山と空しか目に入らない?、でも一つ一つの地域を丹念に見ることで、
都会や海のある地域では感じないものを見つけられるかもしれません。
「観光」という目で訪れるか、作り物でない「自然」を探しに行くか、
ひたすら毎日蕎麦を食べに行くか、息を飲む星空を求めるか。

せめてもう少し早く行けるか、できれば「どこでもドア」があればと思うのでした。



【フォトマスター検定 1級:共通問題】より 第52問

次の文章を読んで、(   )に入る正しい言葉を(1)~(3)の中から選べ。
「プラスチック心材をアルミで挟んだ写真用の(   )は、もともと建築用の資材で、
軽量で熱変形を起こしにくいためプリントの裏打ち素材として使われている。」

(1)スチレンボード
(2)パーティクルボード(パーチクルボード)
(3)アルポリックボード


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

1枚目
水車
美しく描写されていますね

2枚目
斜めアングルでの撮影がとても個性的であり
被写体の魅力を最大限に活かされているように思えます

3枚目
皆さんの顔が暑さを語っているかのように感じます

4枚目
ご婦人の笑顔が素敵ですね

5枚目
幾何学模様の魅力が伝わってきます

りら #sSHoJftA | URL | 2015/08/15 07:21 * edit *

Re: はんべさん

> 斜めアングルでの撮影がとても個性的であり
さすがに美術館なのでいたるところにアートがあふれています。
(ちょっと下世話ですが)お金があればこんな家に住みたいですね。

> ご婦人の笑顔が素敵ですね
老舗の漆器店でずっと看板娘でいらしたと思います。
暑い日でしたがとてもお元気そうでした。

この祭りの写真には子供や若い人が写っています。
ただ、実際にはここの住人ではなく子供らは里帰り組み、
祭りに参加している若い人の一部は請負さんらしいとも聞きます。
TVでも中継されるような大規模な祭りはともかく、
地方の集落ごとに催される祭りや盆踊りは次第に運営しにくくなっています。
夏休みに里帰りしてお祭りで遊んでといった思い出のない
子供も増えていくのでしょうか。


はんべ #- | URL | 2015/08/16 20:27 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1078-c3e58868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)