かっぱのあしあと

4から2そして3へ 

ナゾナゾの定番問題です。
「はじめは4本足、そのうち2本足になり、さいごに3本足になるのはなに?」
ハイハイから「立っち」そして杖をつくもの、ヒトですね。

二足直立歩行が当たり前になっていると、
歳とともに衰え自由が利かない足腰にイラついてきます。
それでも外へ出られるだけいいのでしょうね。
このユリ園、フラットな遊歩道が整備され、
車椅子やベビーカーでも安楽に回ることができます。

しかし(たまたまこの日だけではないと思いますが)、
ちょっとした勾配に難儀している人、たった15cmの側溝を越えられない人、
階段の前で諦めて戻る人、数歩歩いては座り込む人を多く目にしました。
勿論その全てがお年寄りなのですが、自分もそれほど先ではないでしょう。
最近とみに足腰の衰えを実感します。

リュックを担いで多少の山道を歩きながら撮影をしたいもの。
でも平坦な場所を数時間歩いただけでヘトヘトになってしまうので
そもそも計画すらできない。
とはいえ、私よりずっと年上の人たちがもっと高い山へ登ります。
できないはずはない、でもすぐにはそうはいかない。


2015061701.jpg
2015/6/15 9:43 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
190mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/200秒 +1.7EV) WB:5000K ISO:500 Natural

園内に入ると、始めに一面の黄色い百合ゾーンに出会えます。
多くの人たちが感嘆の声を上げては盛んにシャッターを切ります。
背景の百合の粒粒を残すために少し絞りました。


2015061702.jpg
2015/6/15 10:56 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 Vintage

この日は週間予報が外れて陽射しが強まりました。
ただでさえ彩度の高い百合はコントラストが高まって困ります。
アートフィルターで若干ギトギトを抑えました。


2015061703.jpg
2015/6/15 11:14 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
180mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 -2.0EV) WB:5000K ISO:200 ToyPhotoII

木陰で紫陽花との競演に人々が足を止めます。
高原のイメージが強い百合には涼しさを感じますが、
カメラを構えるこちらは汗だくでした^^;


2015061704.jpg
2015/6/15 11:28 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/1000秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 Vintage

ここでも花に集う小さな命を見つけては、つい追いかけてしまいます。
でもほとんどのアマカメさんたちは全く気付いていない様子。
それほど百合の艶やかさが見事なわけですが。


2015061705.jpg
2015/6/15 13:14 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural


再び田中希美男氏のつぶやきから
「人間は二脚だ。しかし、太い木や電柱、壁に寄りかかるだけで、人間三脚になる。 」

この日、三脚を使う人もいましたが、案外一脚を使う人も多かったです。
三脚ほど持ち運びが苦にならないし、自分の足と併用すれば実用になります。
三脚に比べフレーミングの自由度もあります(それでも高さは固定される)。
また自撮棒のように使う人もいました。
でも個人的には要らないなぁ。


さてオリンパスの超広角ズームや魚眼レンズの発売日が6月26日になりました。
おおよその予想通りでしたが、手に入れば早速週末に使えます。
さて7-14mm F2.8 PROで何を撮ろうか、星景には梅雨空と月明かりがあります。
百合や花菖蒲は終わっている頃だし、遠出はできないのでまた考えます。

ついでですが、E-M1とE-M5 MarkIIの新ファームも公開されました。
これでE-M1でも「LVブースト2」が使えます。
さらにOLYMPUS Viewer3もVer.1.4.2からVer1.5へアップしています。
OM-Dのポテンシャルには舌を巻きます。

相も変わらずネット上には「フルサイズでなきゃ」的な声をよく聞きます。
それも間違いではないのですが、センサーサイズで写真を語る時代ではありません。
そういった意味でも、今日のデジタルのメリットは大きいですね。


【フォトマスター検定 1級:共通問題】より 第22問・第23問

「レンズの主要な仕様として焦点距離、開放絞り、有効口径がある。計算上ではあるが、
有効口径を同じとしたまま焦点距離を1.4倍(√2倍)にすると、開放絞りは( ア )となり、
レンズを通る光量は( イ )となる。また、焦点距離を同じとしたまま有効口径を
1.4倍(√2倍)にすると、開放絞りは( ウ )となり、レンズを通る光量は( エ )となる。」

問題22 ( ア ) と( イ )に入る正しい言葉の組合せを(1)~(3)の中から選べ。

(1) ア:1段大きな値   イ:1/2倍
(2) ア:√2段大きな値  イ:1/2倍
(3) ア:2段大きな値   イ:√2/2倍

問題23 ( ウ ) と( エ )に入る正しい言葉の組合せを(1)~(3)の中から選べ。

(1) ウ:1/2段小さな値   エ:2倍
(2) ウ:1段小さな値     エ:2倍
(3) ウ:4段小さな値     エ:√2倍

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

1枚目
透かし百合の淡い黄色
同じ花で造られた背景も綺麗です
一個ある蕾も可愛いですね

3枚目
木陰ならではの 陰影あるお写真になりましたね
下方のある紫陽花の青系もいいですね

最後のお写真
黄色の百合で造られた黄色の海かのような中にある百合の姿
前暈けがとても綺麗です

りら #sSHoJftA | URL | 2015/06/18 07:25 * edit *

Re: はんべさん

> 一個ある蕾も可愛いですね
百合は咲ききって花が落ちると、棒状の雌しべが残ります。
見栄えがよくないので、むしろ蕾の付いた花を探しました。
手前の花自体は木陰の柔らかな光の下にあったものです。

> 木陰ならではの 陰影あるお写真になりましたね
白い花は、明るく撮っても暗めに撮っても絵になりますね。
ここでは双方のキャラのある木陰に助けられました。

> 黄色の百合で造られた黄色の海かのような中にある百合の姿
よくご覧いただくと、右上に日傘が見えます。
小さいのでわかりにくいのですが、シニアカップルの相合傘でした。

はんべ #- | URL | 2015/06/18 21:12 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1052-69443e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)