かっぱのあしあと

光あるところに 

多くの観光ポイントは昼間だけに多くの観光客が集中します。
そして夜になると人影すらなくなるほどの落差を生じます。
せっかくの夜間にも集客を図りたいと、「ライトアップ」流行です。
ライトアップといえば、かつてはせいぜいクリスマスの飾りぐらい。
でもLED照明の普及も相まってますます増えている気がします。

櫻並木とか、紅葉のライトアップは随分身近になりました。
ネット上でもそれらを撮影した映像を頻繁に目にします。
観光協会なども力を入れて夜間の集客を狙います。
というのも、夜間に観光地へ集まる人の一定割合が
地元へ宿泊したり、食事などでお金を落とす可能性が高いためです。

さらに手の込んだ「プロジェクション・マッピング」は、
短時間の演出にもかかわらず驚異的な集客力を持ちます。
省電力なLED照明を使うことで、手軽に「明るい夜」が得られます。
人通りのなくなる商店街にも人を集められるかも知れないし、
昼夜通したイベントの運営も可能になってくるでしょう。


先日来訪れていた花菖蒲園でも、夜間のライトアップを行っています。
元来ライトアップの撮影は好きではありませんが、
せっかくなので私も花が終わる前に訪ねてみました(土日限定)。
着いたのはまだ明るさの残る午後6時ごろ。
既に数十名の来客がライトアップの始まる時刻を待っています。


2015061501.jpg
2015/6/14 19:22 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/8秒 -1.3EV) WB:5000 ISO:400 Natural

LED照明の光は、櫻や紅葉のライトアップで使われる電灯に比べ、
暖かみでは譲るものの自然な色合いで撮影に向いています。
カモたちも水から上がってうたた寝したいけど、ちょっとお邪魔しました。


2015061502.jpg
2015/6/14 19:48 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/6秒 -0.EV) WB:530 ISO:400 Natural

このくらいの明るさがあれば十分AFも使えますが、
やはり微妙なピントの確認はライブビューと拡大表示が必要です。
周りの多くの人たちが這いつくばりながらファインダーを覗いています。
でもE-M5 MarkIIはバリアングルモニターとタッチパネルで楽勝です。


2015061503.jpg
2015/6/14 19:04 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/50秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:400 Vintage

だから照明と花を重ねようとローアングルから狙うこともできます。
上の写真では、三脚を目一杯下げてカメラを地上15cmほどで撮影しました。


2015061504.jpg
2015/6/14 19:18 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/6秒 -1.0EV) WB:4800 ISO:400 Natural

低い角度からの逆光を透かす淡い色の花はガラス細工のようです。
花畑とライトアップの取り合わせのは意外性のある光景を楽しめます。


2015061505.jpg
2015/6/14 1930 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/30秒 -0.7EV) WB:3800 ISO:1600 Vintage

この時間になると、静寂だけが包み込みます。
雨の気配を感じないのか、小さなアマガエルもじっと息を潜めます。

場所によっては、夜間も立ち入れる花畑があれば星景も狙えますね。
必要なだけLEDライトを当てながら花を浮き立たせればいいわけです。
ただ、花の多い場所は公園など外灯がある場合が多く、
実際には撮影時間帯のロケハンが必要ですね。



【フォトマスター検定 1級:共通問題】より 第21問

次の文章を読んで、(  )に入る正しい言葉を(1)~(3)の中から選べ。
「レンズは、低温度低湿度の場所に保管するとよいとされているが、さらに良好な
状態を保つためには、(  )も推奨されている。」

(1)希釈率の低い中性洗剤の液体を塗っておくこと
(2)レンズキャップやリアキャップなどを外しておくこと
(3)晴天の日などにそのレンズを撮影に使うこと

※雨の日にばかり使っていてはダメなんでしょうか(^^ゞ



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

1枚目
花菖蒲とカモ
そのコラボが楽しいですね
人間がどうしてこれほどライトアップまでして花を好むかを
知らぬ顔してすましているかのようで楽しいです

2枚目
浮かびあがるがごとくの一輪の花菖蒲
それは美麗です
バリアングルモニターならではですね

3枚目
照明と花菖蒲の競演 それは美しいですね
個性が顕著なお写真です

文章拝読させて頂いています
今回も貴重な情報を頂き感謝しています

りら #sSHoJftA | URL | 2015/06/16 07:16 * edit *

Re: はんべさん

> 花菖蒲とカモ
カモは雑草を食べたりと役に立っていますが、
この長閑な花菖蒲園ではときおりいいアクセントになってくれます。
「もう寝かせてよ」と、時々目を開けたり閉じたり。
別棟のフクロウたちは活動時間になって賑やかでした(^^♪

> 照明と花菖蒲の競演 それは美しいですね
花は基本「逆光」で撮ります。
ここでもLED照明を向こうに見ながら、逆光でどう撮ろうか考えました。
三脚に固定する前に、まず手持ちでいろんなアングルから花や
照明などを見て、ここぞというアングルを見つけたら三脚の出番です。


はんべ #- | URL | 2015/06/16 21:23 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1051-896bedba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)