かっぱのあしあと

落ちるエネルギー 

宇宙空間に広がる水素の「分子雲」に、星の爆発や通過などの衝撃が
伝わると濃い部分ができ、大きな質量=重力が強まります。
そこへ水素が引き寄せられてガスの塊ができます。
引力に引かれる=位置エネルギーを持った水素原子が
引力の中心へ動き出すと、位置エネルギーは運動エネルギーへ変わります。

やがて中心にぶつかると運動エネルギーは熱エネルギーとなり、
原始星の中心は次第に温度を上げていきます。
そして数万度に達すると水素の核融合反応が始まり太陽になります。
水素は核融合でヘリウムへ変換し、ヘリウムの核融合に移ります。

太陽の質量の大小によって、白色矮星や中性子星、ブラックホールと
終わり方に違いはあるものの、星には「一生」があります。
その過程で、想像もできないほどの巨大なエネルギーが放出されます。
私たち人間の「一生」の過程でも、膨大なエネルギーを消費します。
たかだか数十億の人間が消費したエネルギーは地球を変えてしまいました。

今年も春が一週間早まっています。
夏が長くなり、雨量が増え地球表面の熱や水の循環が激しくなります。
地球が生まれてからの46億年の時間の中で見れば些細な変化でしょう。
でも非常に限られた環境でしか生きられない人間にとっては
「絶滅」への序章を意味します。

雲の中で凝結した氷に働く位置エネルギーが運動エネルギーとなり
地上へ向かって溶けながら落ちてきます。
そして地上に当たった瞬間、熱エネルギーに変換されるわけですが、
水滴の質量や落下スピードなどから、実際には感じることが
できるほどの熱量ではなく、「冷たい雨」でしかないわけですね。


2015042101.jpg
2015/4/20 9:26 OLYMPUS STYLUS1 + Kenko Close-up Lenz(No.2)
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:320 Natural

「ワカバグモ」というらしいです。
若葉のような鮮やかなグリーン、体長は1.5cmほど、巣を張らないようです。
クローズアップレンズ併用で20cmほどまで寄りました。


2015042102.jpg
2015/4/20 10:39 OLYMPUS STYLUS1
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 Natural


2015042103.jpg
2015/4/20 10:32 OLYMPUS STYLUS1
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.7EV) WB:4500K ISO:320 Natural


2015042104.jpg
2015/4/20 10:05 OLYMPUS STYLUS1 + Kenko Close-up Lenz(No.2)
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:100 Natural


2015042105.jpg
2015/4/20 9:55 OLYMPUS STYLUS1
135mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/125秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:250 Natural

以前はGWの頃に見頃だった藤が、もう咲き始めています。
恐らく今週末には咲ききって、GWに入る頃には散ってしまうでしょう。
春は急ぎ足に、梅雨は短く激しく、猛暑が長引いて秋が遅れる。
暦の書き換えが必要になるかもしれません。


2015042106.jpg

ところでこちらの藤の花房、どこかおかしいですね。
真ん中辺りになにやら丸くて大きな蕾がいくつも付いています。
これは「フジツボミタマバエ」の幼虫が中で繁殖しているものです。
こうなるとこの蕾は咲くことは無く、落花して羽化しまた
来年も同じように新たな宿主にされてしまいます。

「藤のまち」を謳うのに、この代表的な公園でも被害が広がっています。
公園の奥のほうにある藤棚の木は老朽化が進み蔓が育っていません。
その少ない花房もこのタマバエの被害でかなり傷んでいます。
抜本的な対策は無いらしく、落花を防ぐか、落花したら回収・焼却しかないようです。
でもその量が非常に多く手が回りきらないでしょう。


【フォトマスター検定 1級:デジタルカメラ分野問題】より 第11問

次の文章を読んで、正しい記述を(1)~(3)の中から選べ。
「『有機EL』などと呼ばれるディスプレイがあるが、どのような特徴をもった
ディスプレイであるか、最も適切なものを次の中から選べ。」

(1)一般的な室内では、非常に高いコントラストを表現できるものの、
  太陽光など強い光がディスプレイに当たるような状況下では、
  コントラストの表現も視認性も悪くなることがあるとされている。

(2)一般的な室内はもちろんのこと、太陽光など強い光がディスプレイに
  当たるような状況下でも非常に高いコントラストを表現でき、
  視認性も非常に高いとされている。

(3)白トビや黒ツブレを起こしやすく、室内でも明るい外光下でも
  視認性が悪いとされている。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

春は急ぎ足に、梅雨は短く激しく、猛暑が長引いて秋が遅れる。
暦の書き換えが必要になるかもしれません・・・

私が子供の頃から比べても・・・
春が極端に短くなっているように思えます

今年も春が一週間早まっています。
夏が長くなり、雨量が増え地球表面の熱や水の循環が激しくなります

私もこのまま梅雨になり・・・・
また長い夏が始まってしまうかと思い 考えこむことがあります

はんべさんの記事から春に雨が多くなっていることにも
私もやはり危惧しています

日本だけの問題ではありません
この問題をどうしたら良いのか・・・・・
世界に問題を発信できるような国になれることを願っています


りら #sSHoJftA | URL | 2015/04/22 20:31 * edit *

Re: はんべさん

> 春が極端に短くなっているように思えます
恐らく専門家の分析で数値化すると、実際には春が
それほど短くなったわけではないのかもしれません。
でも入学式の写真に葉桜というのはイヤですよね。

> この問題をどうしたら良いのか・・・・・
地球温暖化はもはや避けられない地球レベルの問題です。
でも、地球の将来は多分絶望的だと思います。
いくら先進国が節電しても、新興国はそうはいきません。
世界中で太陽光発電するのは無理があるし、需要を満たせません。
そんな足元を見て日本政府は原発を売り込もうとしているし。
温暖化を防ぐのは必要ですが、もうそれに対応する
手段を講じることの方が重要だと思います。

はんべ #- | URL | 2015/04/22 23:26 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1024-d58f2f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)