かっぱのあしあと

鏡「持ち」は腐る 

香港系動画(DigitalRev TV)で、デジタル一眼レフは不要だとの投稿が話題に。
今やソニーのα7のようなフルサイズミラーレスがある以上、
重く大きなデジイチは必要ないだろうということらしいです。
ミラーレスは、しばらくデジイチより格下の扱いでしたが、ソニーや富士フィルム、
オリンパスから本格的なミラーレスが登場して形勢が一変しました。

最近のデータでも、デジイチの苦戦に対してミラーレスが健闘しています。
海外でもEVFを備え、画質のいい、そして動画も撮れるミラーレスの
評価が次第に高まり販売も好調に推移しています。
デジイチは必要でなくなるのか、将来的には「過去の遺物」になるのか。

ミラーレスがデジイチに劣っていたのは、まずAFとファインダーでした。
コントラストAFオンリーで、視認性の悪い初期のEVFは確かに我慢が必要です。
しかし今日では画素数が増えタイムラグの短縮されたEVFが搭載されます。
また位相差AF画素を組み込んだセンサーでかなりAFも改善しました。
原理的には、センサーの表面でAFする方が精度も高いわけです。

こうしてオリンパスはEシリーズとOM-Dを統合しました。
ソニーもEマウントに注力し、Aマウントは置き去りです。
ニコンやキヤノンはデジイチが主力なので、今後の動向が気になります。

最近ではオリンパスのOM-Dを使う機会が増えました。
何よりも軽くコンパクト、簡単にEVFで拡大できるのでAFの補正もしやすい、
E-M1はVer3.0ファームで高速連写&C-AFを実現しました。
タッチパネルのバリアングルモニターや新機能は欲しかったものばかり。
解像度が高く、寄れるレンズのおかげで
センサーが小さいからボケや画質が不利だとはいえません。

なかなか「コレだ」という機種が現れないニコンに見切りをつけようかとも考えています。


2015031601.jpg
2015/3/15 9:02 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
146mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -1.0EV) WB:5600 ISO:200 Natural 十輪寺

「もくれん寺」とも呼ばれる小さな古刹。
梅と櫻の狭間に咲く大輪は芳香も素敵です。


2015031602.jpg
2015/3/15 9:15 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
284mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +1.0EV) WB:5000 ISO:200 Natural 十輪寺

白い「白木蓮」と赤い「紫木蓮(シモクレン)」は種類が異なるらしいです。
また白木蓮は花びらが開ききる前に散り始めますが、
辛夷(コブシ)は花びらが大きく開いてシベがよく観察できます。


2015031603.jpg
2015/3/15 9:54 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +1.7EV) WB:4500 ISO:200 Vintage 十輪寺

雌しべはらせん状に細いトゲが絡まっていて、次第にほどけます。
花びらに包まれていて、なかなかこうして上から中を覗けません。


2015031604.jpg
2015/3/15 10:38 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
260mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 +0.3EV) WB:4500 ISO:200 Vintage 十輪寺

蕾の頃から、陽の当たる南側の成長が早く北に向かって反り返ります。
そのため北を教える「磁石花」などとも呼ばれるそうです。


2015031605.jpg
2015/3/15 19:06 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
62mm相当 マニュアル露出(f/7.1 2.5秒) WB:2800 ISO:200 Natural 十輪寺

夜間はライトアップされて、漆黒の闇に花々が浮かび上がります。


また、フルサイズへの拘りも将来どうなるのでしょう。
日本のアマカメさんらがフルサイズに「やたら」と拘るのは、
大口径レンズを使ってのボケの演出を求めるところにあるようです。
ただ、海外ではそれほどボケは求められていません。
「Bokeh」は日本発祥のテクニックで、海外の写真はそれほど
意図的に暈かして主題を強調する演出は多くないと言われます。

海外のアマカメさんらがフルサイズを支持するのは、暗部への対応です。
暗い場所でもノイズが少なくキレイに撮れるため
撮影シーンを選ばず好きな場所で好きな対象を撮影できます。

デジタルカメラの市場は、8割が海外です。
海外のユーザーの望むようなカメラに一層変革を求められるでしょう。
日本人が好むボケ優先のレンズやカメラよりも、動画撮影や
ネットなどへのコネクティビリティの方が優先されるかもしれません。

私の関わる自動車業界もかなり前からその傾向があり、
日本国内ではハイブリッドカーと軽自動車というガラパゴス化が進んでいます。
他の種類のクルマを選びたくても、海外仕様の使いにくいサイズばかり。
デジカメも次第にそうなっていくのでしょうかね。



【フォトマスター検定 準1級:共通問題】より 第38問
別紙図版(5)の写真Q、R、Sを見て解答すること。

次の文章を読んで、正しい記述を(1)~(3)の中から選べ。
「【写真Q】、【写真R】、【写真S】は、同じカメラ位置から同じ被写体を撮影したもの
であるが、それぞれどのように撮影したものであるか、最も適切なものを
次の中から選べ。」※ただし、ストロボは、スピードライト、フラッシュなどともいいます。

(1)【写真Q】は、定常光で撮影し、【写真R】は、被写体に対してストロボ光を
   正面から当てて撮影したもの。そして、【写真S】は、ストロボを
   被写体の後ろに配置して撮影したものである。

(2)【写真Q】は、被写体に対してバウンスしたストロボ光を当てて撮影したもの、
   【写真R】は、被写体に対してストロボ光を正面から正面から当てて撮影したもの。
   そして、【写真S】は、定常光で撮影したものである。

(3)【写真Q】は、被写体に対してストロボ光を正面から正面から当てて撮影し、
   【写真R】は、定常光で撮影したもの。そして、【写真S】は、ストロボと
   被写体の間にデュフーザーを配置して撮影したものである。

※ストロボ問題続きますなぁ



関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

1枚目のお写真
「もくれん寺」素晴らしい景観ですね
木蓮の花はとても好きです
2枚目のお写真
白木蓮と紫木蓮が入り乱れるがごとく咲くその様子
それは美しいですね

「デジタルカメラの市場は、8割が海外です」
そうだったのですね
知りませんでした
いつも勉強させて頂いています

りら #sSHoJftA | URL | 2015/03/17 06:57 * edit *

Re: はんべさん

> 「もくれん寺」素晴らしい景観ですね
ご住職が、寺への親しみを感じて欲しいということで
境内に植えられてまだあまり経っていないため、
どの木も若くその代わり勢いがあっていいですね。
最も古いもので樹齢40年ほどでしたので、これから楽しみです。

> 「デジタルカメラの市場は、8割が海外です」
デジカメの世界シェアは日本メーカーだけで9割を超えます。
そのうち日本国内で売られているのは2割に満たない程度で、
多くが欧米やアジアで販売されています。
だから海外ユーザーの声を聞かざるを得ず、今後はますます
日本ユーザーの要望が通りにくくなるでしょうね。

はんべ #- | URL | 2015/03/17 21:20 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1006-9603fa76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)