かっぱのあしあと

さくらびと 

この河津桜もそろそろ葉が出てきて、桜まつりも今日で終わり。
咲き始めたと思ったら、あっという間に満開になって
まだ大丈夫と思いきや、もう葉桜や桜吹雪になってしまいます。
次は今月末に開花予想されている染井吉野や
枝垂れ桜も一気に見頃を迎えます。

普段は何もないと思っていた山肌や田畑に、この時期だけ
「あんなところにもあったのか」と気付かされる桜の存在。
つくづく日本人は櫻が好きなんですね。
大昔は中国由来の梅が鮮やかさから好まれましたが、
次第に日本人の琴線に触れる淡い色合いと儚い散り模様を
見せる桜に心を奪われていったと思われます。

今では至るところに櫻が植えられて、すっかり日本の春を象徴します。
花見と称して宴を楽しみ、入学式を彩り、開花予想に一喜一憂。
温暖化の影響か、開花時期が前倒しになったり大幅に遅れたり。
でも見頃は一週間しかなく、サラリーマンにとっては一発勝負。
折角場所取りしても、本番が雨模様では泣くに泣けません。

この河津町では、桜祭りの時期に開花が間に合わないこともあったため、
サンプル調査の名目で何本かの木に「開花促進剤」を散布しています。
これには賛否両論があるのですが、河津町の観光業界にとっては
まつりの期間中に桜が咲いていないと、ツアーのキャンセルなど
様々な影響があるため、背に腹は変えられない事情があるようです。

今や桜は日本経済を支える重要な観光資源です。
櫻前線を追いかけて南から北上するシニア層もいるそうです。
ただ、日本政府も躍起になって増やそうとしている外国人観光客には、
櫻目当ての人はほとんどなく、その意味でも櫻は日本人だけのもののようです。


2015031001.jpg
2015/3/2 12:21 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
310mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/320秒 +0.7EV) WB:4500 ISO:640 Vintage


2015031002.jpg
2015/3/2 12:40 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 -0.3EV) WB:5800 ISO:200 Toyphoto


2015031003.jpg
2015/3/2 13:41 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 +1.3EV) WB:6000 ISO:200 Vintage


2015031004.jpg
2015/3/2 9:44 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
240mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 +0.3EV) WB:5800 ISO:320 FantasicFocus


2015031005.jpg
2015/3/2 8:26 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.7EV) WB:5000 ISO:640 Natural


このとき、散策する観光客の中に明らかに中華系の人も見られました。
でも彼らの多くは、「自撮り棒」を駆使して記念撮影に熱心です。
日本人らが、櫻自体にカメラを向けているのとは対照的でした。
ワシントンへ贈られた櫻も、日本人のように「花見」の宴はなく、
普段どおりに散策するついでに見て楽しむ程度らしいです。

日本人は櫻に対して、「散り際」の儚さに特別な感情を抱きます。
紅葉の散り際でも同様でしょうね。
櫻が散った後、梅雨が始まるまでの間は何か焦燥感が漂います。
だから、櫻が咲いてしまうのが、何だか怖いんです。


【フォトマスター検定 準1級:共通問題】より 第37問

次の文章を読んで、(  )に入る正しい言葉の組み合わせを(1)~(3)の中から選べ。
「人物をストロボ(スピードライト、フラッシュなどともいう)撮影すると、目の中央部が
赤く写ってしまう『赤目現象』が起こる場合がある。この『赤目現象』は、
起こりやすい人と起きにくい人がおり、条件も様々であるが、特に周囲が暗くて
ストロボと撮影レンズが( ア )いる場合に起きやすいとされている。
これを防止するため、赤目軽減機能を搭載したカメラがあるが、プレ発光と
本発光の間隔は( イ )程度とされている。」
※ただし、赤目現象を軽減するには、ランプを照射するなどの方法もあります。

(1) ア:接近して  イ:0.1~0.3秒
(2) ア:接近して  イ:0.5~1秒
(3) ア:離れて   イ:1秒

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

はんべさん

「開花促進剤」を散布・・・
お話し 興味深く拝読させて頂きました
一概に悪者には出来ないですね

「自撮り棒」を駆使・・・
新宿御苑桜撮影時 初めて見て驚きました
あれは「自撮り棒」と言うのですね
中華系の女性が一人でそれをしていました

「だから、櫻が咲いてしまうのが、何だか怖いんです」
散り行く時まで桜吹雪と称されます
それゆえでしょうね
美しい盛りに散ってしまうゆえでしょうね
蕾の頃から待ち望まれているからでしょうね
いっそ蕾の期間が長いといいと思う程です

りら #sSHoJftA | URL | 2015/03/10 23:14 * edit *

こんばんは

河津町の河津桜、一度は行ってみたいと思ってますが、なかなか
かないません。それにしてもはんべさんの行動力には、いつも
感心します。
ところでE-M5mⅡ先日の休日にキタムラでじっくりと触って
きました。なかなか良いですね、すっかりその気になってしまい
ました。ボディーだけは置いてないんですよね。なので寸での
のところで思いとどまりました。以前のレポートで高感度特性
比較をされてましたが、やはり色ノイズの出方などE-M5mⅡ
が改善されてるなと思いましたが、その差は僅かですね。意外
だったのは、E-M1が頑張っていること。僕の中ではE-M1は
長秒露光では使い物にならない評価でしたが、もうちょっと
研究してみる価値がありそうだなと感じました。とりあえずは
予算の関係もあり、しばらく様子見になりそうです。
ところでハイレゾは試されましたか。

GONさん #HKJnITgI | URL | 2015/03/10 23:56 * edit *

Re: はんべさん

> 「開花促進剤」を散布・・・
一部には、木の寿命を縮めるとか、今後花が付きにくくなるなどの弊害を訴える人もいます。
でもやはり櫻を求めてくる観光客を減らしたくない意向は何よりも優先されました。
以前の記事でも触れましたが、伊豆の観光客は減る一方で、
このままでは少子高齢化や過疎化も拍車がかかり、住民すら住めなくなる可能性もあります。
伊豆はこれからどうしていくべきか、観光立国を目指す日本の指針にもなるでしょう。

> 「自撮り棒」を駆使・・・
「セルカ棒」とか「セルフィー」なども呼ばれるらしいのですが。
楽天などを覗くと、1000円前後から沢山の商品が売られています。
でもディズニーランドや京都など国内の観光地で使用を禁止する動きがあります。
他の客に迷惑がかかるとか、棒が展示物などに当たったりとトラブルが相次いでいます。
海外の美術館や博物館などでも同様で、今年いっぱい続かないブームになるかも。

> いっそ蕾の期間が長いといいと思う程です
今日では、食べ物に季節感がなくなったといわれます。
「旬」が形骸化しつつあり、時期をずらせて付加価値を高めるのが利得とされます。
でも、櫻の花は人工的に栽培されることなく、私たちの身近で、
あるいは人知れず山奥で勝手気ままに咲いては散ります。
櫻だけはこのままがいいでしょうね。

はんべ #- | URL | 2015/03/11 22:08 * edit *

Re: こんばんは

> それにしてもはんべさんの行動力には、いつも感心します。
いえいえ、できればもっと頻繁にでも、県外へ遠征したいところです。
でも体力やコストパフォーマンスを考えると、なかなか思うようにいきません。
何より、今は仕事のため時間がなくて困ります。
一度チャンスを逃すと、次は一年後なんてことが続いています。

> ボディーだけは置いてないんですよね。
レンズキットは在庫があるようですが、ボディのみは需要が多く入手困難なようです。
私は14-150mmの新型が欲しかったのでキットで買いました。
グリップを装着すると、E-M1とEVFも同一なので使用感が非常に似てきます。
ただ、シャッターの感触だけは全く別物で、とにかく軽やかで気持ちがいいです。
「まばたき」に近い感覚でシャッターが切れるといった感じですね。

> 意外だったのは、E-M1が頑張っていること。
まだ厳密な画質の違いを判別できるに至っていませんが、
E-M5から画像エンジンが刷新され、センサーも新設計だそうなので
もう少し撮り比べてみると違いが分かるかもしれません。

E-M1に関しては、ノイズ除去処理を行わないと盛大にノイズが出ます。
長秒時除去を適用した場合では、E-M5IIに近い特性が得られそうです。
ですからカメラ内処理以外で比較明合成やタイムラプス動画用の
画像を撮影するには、やはり不向きではないかと個人的には思います。

先日飯島裕先生ともコメントを交わしましたが、バリアングルモニターと
LVブースト2は先生がオリンパスに強力にプッシュしてくださり、
オリンパス内でも相当な努力の末に搭載された機能だそうです。
実際に使ってみて、その星景適合性の高さには驚くばかりです。
是非お早めに手にされることをおススメします。

ハイレゾは、まだ適当な被写体が見つからず、天候と休日の関係で
まだ撮影できないので試していません。
今週末も天候が悪そうなので、この際焦らず待つことにします。
E-M1のAF-Cでの高速連写は早速試しましたのでレポートしますね。


はんべ #- | URL | 2015/03/11 22:32 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://kappahanbesuki.blog94.fc2.com/tb.php/1003-61ae51b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)