FC2ブログ

かっぱのあしあと

明日は我が身 





先月のブログ更新はたったの4回です。
もう少し頑張れたかも、でしたが職場の引越しや
業務の建て直しなどに忙殺され心身ともに
ブログに手を付ける余裕はありませんでした。

さらに緊急事態宣言に伴い撮影の機会も激減しました。
遠出に使うSUV車も3月頃から使う機会が減り
ほとんど給油することなくバッテリーも心配でした。
今でも県境を跨ぐ移動は自粛が要請されており
少なくとも6月18日までは活動が制限されます。

とはいえ、先月末まで休業、閉鎖されていた施設などが
続々と開園し始めたおかげで、辛うじてこの時期ならではの
撮影対象や訪問地が確保できるようになってきました。
久々に訪れた公園でしたが、再開初日にもかかわらず
訪れる人は非常に少なくやや予想外でした。



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/1 15:33 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/100秒 -0.3EV) WB:6800K ISO:640 BleachBypass 浜名湖ガーデンパーク



いつもなら花の咲き具合とか天候とか休みのスケジュールとかを
見合わせながら次の予定を立てるのが楽しみでした。
しかし今年はどこまで行けるのか、いつになったら入れるのか、
このまま今年は諦めるしかないのかを考えては滅入ります。


今人類が対峙する共通の対象は新型コロナウイルスです。
しかし国や政府、州や都道府県とその知事らによって
対応はまちまちであり、その結果そこに住む人々の
健康や生命、経済や人生そのものに格差が生じています。

人類共通の問題といえば地球温暖化ですが、こちらは
温暖化を招いた先進国と被害者とも言える途上国との間に
対決構造があり一向に問題が解決する見込がありません。
一方でコロナ対人類という構図なら、全地球規模で協力や
助け合いをすることも可能です(容易でないことは米中を見れば分かるが)。

世界各地で震源地を変えながら広がりを見せるコロナウイルス。
わずか明日のことでさえ予想も出来ず日替わりで状況が変化します。
何を信じどう行動すればいいのか、そろそろ学んできたはずです。
同じ過ちに対してはNOを言うこと、何が正しいのかを広い視野で
学び自らの困難に活かすことができるか、私たちが試されています。





スポンサーサイト



[edit]