FC2ブログ

かっぱのあしあと

ウケないレス 




昨年来話題になっているフルサイズミラーレス、
ある統計ではそれほど売れていないのだそうです。
いわゆるレフ機はAPS-Cを中心にかなり減少しているものの、
その分をミラーレスが補完していると言えないのだとか。

全体としてはスマホの普及とともにカメラ専用機が
大きく減っているのですが、あれほど話題になったのに
フルサイズミラーレスは1割にも及ばず苦戦しています。

要因としては、多くのカメラユーザーにとって
「フルサイズ」を必ずしも必要としないこと、
大きく重く高価なフルサイズミラーレスカメラや
レンズを買ってまでシステム更新の必要性を感じていない、
また今のところミラーレスのメリットを十分に訴えるだけの
ミラーレスカメラを供給できていないことが考えられます。

かくいう私も、オリンパスがミラーレスを出して以来ずっと
マイクロフォーサーズで通していますが、フルサイズが
続々と出てきてもほとんど食指が動くことはありません。
一時ニコンのフルサイズを持ち歩くのに相当苦労したので
今更またあの苦難に戻る気になれないんですね(汗


浜名湖ガーデンパーク
2019/7/29 10:54 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 -0.3EV) WB:5500K ISO:200 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



昨今ネットで伝えられる新製品はそのほとんどが
フルサイズミラーレスカメラやそれ用のレンズです。
期待されたミラーレスのメリットなど関係無いといわんばかりに
大きく重く非常に高価なものが多く、かえって興味すら湧きません。

大きくて重くて高価なら画質がいいのは当たり前、
そこをいかにコンパクトで廉価に実現するかが技術のはず。
フルサイズミラーレスが売れていないのもそんな理由なんでしょう。
シグマがコンパクトなフルサイズミラーレスカメラを発表しましたが、
今後は「廉価でコンパクト」が流れになるといいですね。



スポンサーサイト



[edit]