かっぱのあしあと

萎縮する都市 


今日静岡市に関する衝撃的なニュースがありました。
4月1日現在、静岡市の人口は69万9421人となり、
「政令指定都市で初の人口70万人割れ」というものです。
70万人を下回っても直ちに政令市でなくなるわけではりません。
しかし予想以上に早い人口の減少に驚くばかりです。

その主な原因は、全国的にも見られる少子高齢化。
しかしそれだけではなく、静岡市ならではの理由もありそうです。
年齢別の人口統計を見ると、全国平均と比べて際立って
少ない年齢層があります。それは20~30代です。
なぜこの年齢層が少ないのか、理由のひとつが進学先です。

高校までは豊富にあるのですが、県内には大学が非常に少ないです。
また同じ政令市の浜松市と比べると大企業が少ないので
同様に就職先も少なく、高校を卒業すると県外へ流出します。
しかも静岡県には東京、神奈川、愛知といった大都市が隣接していて、
比較的簡単に移動・移住できてしまうのも拍車をかけています。

とりわけその傾向の強いのが女性です。
女性が活躍できる幅広い就職先が乏しく、活気あるキャンパスを
持つ大学などの進学先も少ない、さらに「街がおしゃれじゃない」
という声もあって、新幹線で1時間半ほどで行ける首都圏や
中京圏へ流れてしまうようです。

これは大変深刻な問題で、若年層の女性が少ないということは
出産で次世代の静岡県民を残す人たちが足りないことを意味します。
すると少子高齢化が他地域と比べても急激な勢いで進み
経済や文化など都市活動の衰退を加速してしまいます。



身延町
2017/4/2 11:10 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/11 1/640秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 身延町



身延町
2017/4/2 12:26 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
170mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -1.0EV) WB:5600K ISO:200 ToyPhoto 身延町



身延町
2017/4/2 13:36 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.7EV) WB:6000K ISO:200 Vintage 身延町



身延町
2017/4/2 11:21 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
150mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/640秒 -0.7EV) WB:5600K ISO:200 Natural 身延町



身延町
2017/4/2 9:20 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
240mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 身延町


こういった人口減少に対して、行政の対応はどうでしょう。
ところが静岡では他県民に見せられないほど酷い現状があります。
それは静岡県知事と静岡市長の対立です。
とりわけ現職の川勝平太知事は、ことあるごとに田辺信宏市長を批判、
対談の場ではしばしば誹謗しあうこともあり、常に平行線です。

こういった現状に市民は相当辟易しており、お互いの考えに固執する
ばかりで歩み寄りや伸展が見られず、行政の停滞にもつながります。
また大阪など他の政令市でも見られるような二重行政の問題も抱えており、
それに対する解決策でも両者が食い違っていて亀裂は深刻です。

個人的には川勝知事が交代しない限り静岡市はよくならないと思います。
川勝知事は典型的な保守系で、維新の会に近い思想を持ちます。
二重行政を批判し、静岡市を「県都」化して支配を目論見ます。
人口減少対策においても県全体の減少を棚に載せておきながら
静岡市の70万人割れを行政の怠慢だと批判するだけです。

「そこそこ都市っぽい」「交通の便がいい」「食べ物も悪くない」
「温暖で過ごしやすい」「自然が豊かで子育てもしやすい」
静岡市は比較的暮らしやすいいいところなはずです。
もう少し若者に魅力ある街にすることと、大企業の誘致に
力を入れれば人口の流出を抑えられるのでしょうが。

スポンサーサイト

[edit]