かっぱのあしあと

遠くなりにけり 


4月29日は何の日?
という質問への答えで世代が分かる?
というほどのものではないけど、昔は「天皇誕生日」でした。
それが昭和天皇の崩御に伴い「みどりの日」に。
2007年からは「昭和の日」へと変わったわけです。

で、せっかく「昭和の日」だからとTwitterでは
「昭和らしいことをつぶやいてみる」的なネタが飛び交います。
ただ、それらのネタを昭和38年生まれの私が見たところで
特に驚きも笑いも起こらないのはやっぱ「昭和」だから?
今ではバブル時代すら遠い過去のものになってしまい、
何もかもがアナログだった昭和はすっかり色褪せています。

でも昭和ほど激動に満ちた時代も珍しいのではないかと。
戦争もあり、廃墟からの復興もあり、そして経済大国へと
のし上がる東洋の小国の有様は常にドラマチックでした。
むしろ「平成」というのは、「昭和」の惰性のような気もします。
もうあの時代には戻れないのは間違いないでしょうね。


冨士霊園
2017/4/17 11:03 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F.2.8 PRO
42mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +0.7EV) WB:4800K ISO:200 Vintage 冨士霊園



冨士霊園
2017/4/17 9:39 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F.2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 冨士霊園



冨士霊園
2017/4/17 12:03 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F.2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 冨士霊園



冨士霊園
2017/4/17 14:15 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F.2.8 PRO
190mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:200 Natural 冨士霊園



冨士霊園
2017/4/17 13:24 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F.2.8 PRO
124mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 冨士霊園



カメラの世界で「昭和」というと、デジカメ以前かと
思いがちですが、初の普及型デジカメQV-10発売は平成7年、
本格的に普及し始めたのは平成11年ごろからだから、
フィルムカメラは平成になっても広く存在していたわけです。
ただしその多くは「写ルンです」のようなレンズ付きフィルムでした。

昭和のカメラというと、一眼レフというよりは今で言う「コンデジ」に
相当するレンズ一体型コンパクトフィルムカメラが大半でした。
「ジャスピンコニカ」などのヒットで普及し、110フィルムを使う
ポケットインスタマチックカメラも多く使われました。

そして昭和末期に登場した「写ルンです」が一時は席巻しました。
「カシャ、ジージー」という独特な操作音が観光地などで響きます。
しかしカメラ付き携帯電話が一気に普及し、デジカメの高性能化も
伴ってフィルムカメラは急速に減退し、現在に至ります。

「キャップをしたまま撮っちゃったよ」とか
「フィルムを入れ忘れちゃった」といった定番の失敗、
「はい、チーズ」といった掛け声、「焼き増し」という独特な
ビジネスが横行したり、日本人といえば「眼鏡にカメラ」という
ステレオタイプな描き方など、昭和のカメラはそれなりに
存在感があり、愛着もあり、話題性に富んでいました。

カメラの形態が多様化し、フィルムカメラのような外観のものから
ドローンやスマホへの広がり、監視カメラやドライブレコーダーなども
含めた無数のカメラに囲まれた世界が広まりつつあります。
昭和がフィルムカメラ、平成がデジカメの時代なら、
未来はどんなカメラが登場する時代になるのでしょうか。



スポンサーサイト

[edit]