かっぱのあしあと

風化と進化 


「あの日」から6年。
3月11日は忘れられない日、忘れてはいけない日
今日も朝から一日中震災特番の目白押しかと思いきや。
TVでは地震発生の14時46分を挟んでの1時間あまりの
「気の抜けたような」特番しかなかった。

過去の映像の羅列だったりと明らかな「手抜き」を感じた。
昨年まではそんなことはなかったと記憶しているが、
どういうわけだろう、今年は急に劣化した気がする。
このまま風化するのを待つかのようなあからさまな変化。
これは一体どういうことか、どうしようとしているのだろうか。

追悼式典には、昨年までの天皇皇后両陛下に代わり、
秋篠宮ご夫妻が参列され、お言葉を述べられました。
5年経ったことでのひとつの区切りとしての交代であったとか、
生前退位を控えてのご意向だったのではないかなどと
伝えられていますが、それならなぜ皇太子ご夫妻ではなかったのだろう。
(この式典は政府主催)

秋篠宮さまは、「特に、避難生活が長期化する中で、年々高齢化していく
被災者の健康や、放射線量が高いことによって、いまだ帰還の見通しが
立っていない地域の人々の気持ちを思うと深く心が痛みます。」
と遅々として進まない復興に対する皇室からのお言葉は毎年繰り返されます。

「あの日から6年」と、過去の出来事のように消し去りたいのか、
でも震災は過去のことではなく、「現在進行形」なのです。
今でも仮設住宅に住んだり避難生活を続ける人が大変多くいます。
瓦礫の処理は今だに終わらず、原発ではむしろ汚染水が増える一方です。
震災直後にあれほど急いで堤防を作ったけど、それよりもっと
住民のためにお金をかけるべきところがあったはずです。

おそらく永久に住んでいた場所へ戻れない人もいます。
おそらく原発の廃炉は100年経っても終わらないでしょう。
おそらくその100年の間にもっと大きな地震が起きるでしょう。
おそらくそうして日本は死に絶えてしまうでしょう。

この6年の時間は一体なんだったのか、日本はより安全で
安心して住み続けられる国になれたでしょうか。
日本に生まれてよかった、日本人でよかったと、
100年や200年先になっても思えるだろうか。
たった6年で消し去ろうとする記憶に学ぶことは無いのか。
人間は、日本人は、何度繰り返して歴史に愚かさを刻み続けるのか。

来年の今日、人々は何を思うのだろうか。
来年の今日は、今年より少しでもシアワセだろうか。
いつになったら震災を過去の出来事にできるのだろうか。
一日も早い本当の意味での復興を願います。



2017031101.jpg


スポンサーサイト

[edit]