かっぱのあしあと

徳俵はそこに 



河津で櫻に興じていた最中、ニュースが飛び込みました。
13日にニコンはコンパクトデジカメDLシリーズの発売を中止しました。
昨年2月に発表、CP+でも実機が展示されていながら、
発売が延び延びになったまま1年になろうというときでした。
このニュースはカメラ関係だけでなく、経済紙や一般紙の
経済欄にまで採り上げられ話題となりました。

さらに同日発表された2017年度の連結決算は、当初の60億円から
90億円に及ぶ赤字の増額を予想していました。
その原因はカメラ販売の減退が大きく、熊本地震の影響もありました。
そして1000人を超える希望退職者も報道されています。
今年のCP+でのニコンの展示スペースが大幅に縮小していたので
若干気になっていたものの、一旦発表した製品の発売を中止するなど
まさかここまで大変な状況だとは思いも寄りませんでした。

一方で昨日はキヤノンがエントリー一眼レフモデルやコンデジなど
多数の新製品を発表し、CP+での展示の後発売が予定されています。
熊本地震の影響が最小限だったこともあって、
どこか勢いの違いを見せ付けられた感がありますが、
キヤノンとて決して安閑をしていられないのは事実です。

昨年はコンデジが大幅に不振だったのに対し、レンズ交換式は
そこそこ堅調に推移し何とか全体の落ち込みをカバーしました。
そのレンズ交換式デジカメでは、ソニーやオリンパス、フジフイルムに
パナソニックなどミラーレス陣営が席巻し、キヤノンは末席です。
Mシリーズの投入を気にシェア拡大を狙っており、注目されます。

果たしてニコンはどうなるのか、100周年を迎えた今年、
いい意味での転換点にして欲しいと願うばかりです。


河津桜
2017/2/13 11:34 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 11:05 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.3EV) WB:6000K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 14:31 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 9:16 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/500秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 18:42 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
40mm相当 マニュアル露出(f/13 20秒) WB:3000K ISO:640 Natural 河津町


発売が予定されていたDLシリーズのうち「DL18-50 f/1.8-2.8」は
超広角ズームレンズを持つ唯一の高級コンパクトになるはずでした。
個人的には、「DL24-500 f/2.8-5.6」がオールマイティに使えて
手軽に持ち出せそうだと様子を見ながら発売を待っていました。
同種の高倍率機ではソニーやパナソニックなどがありますが、
大きさや重さで難がありAF性能も含めてニコン機に期待していたのですが。

既にコンデジでは選択肢が極端に減ってしまいました。
このままカメラ産業が衰退してしまえば、写真を楽しむ手段自体も
次第に縮小あるいは消滅してしまいかねません。
映像の記録は、後世に時代を伝える重要な手段でもあります。
どうか写真文化がなくならないよう、頑張って欲しいですね。



ところでこの河津での撮影中、E-M1 MarkIIに不調発生です。
バッテリーグリップ側のコマンドダイヤルと内蔵した
バッテリーが本体に認識されなくなり、操作不能となりました。
他のボタンやシャッターは使えるし、何度か着脱などを試したものの
症状は変化がなく、昨日販売店を通じてカメラ本体及び
バッテリーグリップは一旦メーカー送りとなりました。

今のところE-M1やE-M5 MarkIIがあるので困りませんが、
櫻などの撮影が続く時期だけに早く戻って欲しいです。



スポンサーサイト

[edit]