かっぱのあしあと

完熟カメラ 

オリンパスは、9月4日に一旦発売しながら不具合が発覚して
一時販売を停止していたOM-D E-M10 MarkIIの発売を
11月中に再開する見込みだと発表しました。
9月下旬に再開について発表すると言いながら、最終日30日になって
出た知らせは「11月中に販売再開」というなんとも虚しいものでした。

発売記念キャンペーン(オリオンでの分割払い手数料無料化)の
締め切りは10月28日、キャッシュバックキャンペーン(といっても
ギフトカードで)は11月1日なでなので、これらの期間は延長されるでしょうね。
また当初の発売から2ヶ月も経ってしまい、新製品効果も
薄れてしまうでしょうから店頭価格も下落が予想されます。

こういった発売即停止と言うのはあまり聞かないものですが、
かつてニコンのコンデジ「COOLPIX 5000」でも似た事態がありました。
発売日の翌日に、レンズ動作の不具合で一斉回収騒ぎ。
私も予約していて発売日に手にしたものの、すぐに販売店から電話。
でもすぐに使いたかったので「しばらく様子を見る」と断り、
結局後日のファームアップで解消したものが今だに手元にあります。

しかもこのコンデジを持参で田植え直後のこの( ↓ )棚田を訪れた際に
足を滑らせてしまい、手にしたCOOLPIX5000もろとも泥の中へ撃沈。
その時は、とりあえず電源を切り電池を抜き、そっと持ち帰った後、
泥が乾くのを待って少しずつ払い落としてしばらく乾燥させました。
しかしメーカーへ点検には出すことなく、そのまま電池を入れて
作動を確認し使い続けて現在に至ります。

デジカメって案外丈夫なものです^^;


2015093001.jpg
2015/9/20 15:59 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 Natural 西久留女木


2015093002.jpg
2015/9/20 15:52 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
140mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 西久留女木


2015093003.jpg
2015/9/20 16:50 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -1.3EV) WB:5300K ISO:200 ToyPhoto 西久留女木


2015093004.jpg
2015/9/20 16:18 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 西久留女木


2015093005.jpg
2015/9/20 17:34 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.3EV) WB:4500K ISO:200 Natural 西久留女木


最近若干機材を入れ替えました。
といっても大袈裟な変更ではなく、ほとんど使わなくなったものを
下取りに出してE-M5 MarkII(&HLD-8)を追加購入した程度です。
これまでも、デジイチに関しては買い換えた際にヤフオクなどで処分しました。
今回はヤフオクへの出品や落札などのやり取り、発送が面倒だったので
下取りと言う形で買取を依頼しましたが、ヤフオクで売るより2割程度
手にする金額が減ったかと思われます(代わりにラクチンでしたが)。

今回E-M5 MarkIIをもう一台入手したのは、撮影時の頻繁な
レンズ交換の手間や星景対応を考えてのことです。
さすがにフルサイズデジイチを二台提げて歩くのは苦痛ですが、
MFTなら二台持ちでも疲労は半減するので、現場でレンズを頻繁に
交換するよりは、レンズを付けたボディを二台持つことにしたためです。

それと、非常に限られた夜の時間帯に一枚でも多くの星景写真を
撮影するには、できるだけ多くのボディを同時に稼動させる必要があります。
E-M1で「ぐるぐる」を、2台のE-M5IIで広角&望遠撮影を行うことで
年間に数回しかない星景チャンスに対応できるかという目論見です。

もはや手元のニコンはどうしたらいいのか、非常に悩みます。


スポンサーサイト

[edit]