FC2ブログ

かっぱのあしあと

1000円でお釣り~その1 

とうとうストックが切れそうです^^;
まだすぐには撮影に出られそうにないので、「冬休みの宿題」をば。

星のキレイな冬ですが(雪国の方には申し訳ない)、デジタルカメラになって
星の写真を撮るハードルが無いに等しいほど低くなっています。
ひとえにフィルムの「相反則不軌(そうはんそくふき)」のせいなのですが、
そらなんじゃという方はググってみて下さいな(他力本願寺)。
デジタルカメラには相反則不軌がなく、ISO3200といった高感度での
撮影も可能なので非常に短い露出時間で星が写ります。

2015010501.jpg


星は地球の自転のために北極星を中心に(北半球では)反時計回りに
動いていくのですが、30秒程度を超える露出では星が流れて写ります。
短い露出で写るといっても、意外と早く星は動いていってしまいます。
もっと長い露出をかけて暗い星までたくさん写りたい場合には、
星の動きに合わせてカメラを追尾させる「赤道儀(せきどうぎ)」が必要です。

2015010502.jpg

赤道儀は、地球の自転をキャンセルするように回転する「極軸」に
望遠鏡やカメラを据えて、手動または自動的に24時間で一回転させます。
理屈は簡単ですが、まだまだ特殊な観測(撮影)装置でもあり、
比較的小規模な会社や工房で作られています。
(ビクセン辺りでも、1ロット15台程度だそうです)

今では前述の通り露出時間がフィルム時代の15~30分といった長さは必要でなく、
デジタルでは数十秒~数分程度でかなり良く写ります。
そのため赤道儀に要求されるレベルもかなり下げられるに至って、
最近では↑このようなポータブルタイプが人気になっています。
(ビクセン「ポラリエ」~真ん中の白い四角い部分)

とはいえ、ちょっと本格的なものでは10万円前後、この「ポラリエ」でも
3万5千円程度ですから、たまに星を撮る程度の出費には大きい。
でも、星を点に止めて天の川とかキレイに撮ってみたい。
そこで、昔から「天キチ」(今はこう言わないだろうね)に伝わる秘伝があります。
(そんな大袈裟なものではない!)

2015010503.jpg


いわゆる「簡易赤道儀」などと呼ばれる自作赤道儀です。
雲台と雲台の間に挟んで、ゆっくりとカメラを動かして星を追尾します。
見ての通りの手作りで、材料費はなんと1台分当たり972円!
板をどっかで拾ってくればもっと安上がりです。
これでも立派に数分間の追尾が可能で、一枚目のような写真も撮れます。

いきなり数万円の既製品赤道儀は無理だけど、たまに星を撮ってみたい
出先でキレイな星空に遭った時などに、手軽に星空を撮影できます。
この手の自作簡易赤道儀は私が中学生の頃からあったのですが、
フィルムでは「相反則不軌」(しつこい)のために5分程度でもなかなか写りません。
このような簡易な赤道儀では、標準~広角レンズでせいぜい3~5分程度しか
追尾できないので、フィルム時代は市民権が得られませんでした。

一転してデジタル時代です。
先述のようにわずか数十秒の露出でも天の川が写る時代なので
再びこのような簡易赤道儀が対応可能になってきました。
普段DIYなどやらない私が1時間以内で作れたのですから
いかに簡単に作れて実用的なのかお分かりいただけるでしょうか。

次回以降に製作記などをば。
あ、どーでもいーですか?こんなの(^^ゞ


【フォトマスター検定 準1級:共通問題】より 第7問

次の文章を読んで、(   )に入る正しい言葉の組み合わせを(1)~(3)の中から選べ。
「最近の一部のAF一眼レフカメラに搭載されている多分割測光(評価測光、
インテリジェント測光、マルチパターン測光、デジタルEPS測光などともいう)は、
機種ごとの( ア )によって露出を決定している。その決定要因としては
ピントを合わせた主要被写体の画面内の輝度分布、( イ )、さらには( ウ )などがある。」

(1) ア:測光素子 イ:青空の有無や割合 ウ:ストロボ発行の有無
(2) ア:ロジック回路 イ:背景までの距離 ウ:手持ちか三脚固定撮影かどうか
(3) ア:露出決定アルゴリズム イ:レンズの焦点距離や撮影距離
    ウ:縦位置か横位置撮影かどうか

スポンサーサイト



[edit]