かっぱのあしあと

好きよキャプテン 

日本人として初めてISS(国際宇宙ステーション)の司令官になった
JAXAの若田光一さんが日本に帰国しています。
18年前の初ミッション以来、優れたマニピュレーター(ロボットアーム)
操作を買われて幾度となく困難な作業を成功させてきました。
そしてようやく日本人初の「キャプテン」を任されます。

しかしそれまでは長く辛い道のりだったことはTV番組でも散見できます。
とりわけ突然の非常事態への対応でなかなか成績を上げられず
パニックにならないようにとジェット戦闘機で訓練を重ねました。
ISSでは緊急停止も緊急着陸もできません。
いかに乗組員の安全を確保しミッションを成功させるかは
まさに超人的な能力と努力と精神力が必要なんですね。

そんな若田光一さんは、私と同い年で生まれが一ヶ月違いです。
いつどこで見ても、その誠実で見識豊かな姿勢は同い年とは思えないほどで、
彼に会った人は皆その魅力に引き込まれます。
以前のミッションでカメラを提供したオリンパスの小笠原裕司氏に伺っても、
「あんなにいい人柄の人はいない」としみじみ思い出しては
「またゆっくりと話をしたい」とおっしゃっていました。

どうしてあんなに素晴らしい人格になれるのか、幾度となく危険を乗り越えてきた
豊かな経験なのか、あるいは地球を外から見ることで精神的にも
まるで「神」の領域に達したのか、多分そのどちらも正解でしょうね。
最近は体力的にキツイと嘆くことが増えた私ですが、
地球と宇宙を何度も往復する若田さんには到底敵いませんね。


2014073001.jpg
2014/7/27 14:27 OLYMPUS STYLUS1
76mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/320秒 -1.3EV) WB:6500 ISO:100 ToyPhoto


2014073002.jpg
2014/7/27 14:24 OLYMPUS STYLUS1
28mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/250秒 -1.3EV) WB:5300 ISO:100 Natural


2014073003.jpg
2014/7/27 13:31 OLYMPUS STYLUS1
112mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/1000秒 -1.3EV) WB:5300 ISO:100 ToyPhotoII


2014073004.jpg
2014/7/27 13:02 OLYMPUS STYLUS1
42mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/500秒 -1.7EV) WB:5800 ISO:100 ToyPhoto


2014073005.jpg
2014/7/27 13:16 OLYMPUS STYLUS1
200mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/400秒 -1.3EV) WB:5300 ISO:100 ToyPhoto


子供の頃の憧れだった宇宙飛行士は、誰でもなれるものではありません。
最近では宇宙ステーションでの居住環境は大幅に改善されてきたとはいえ、
私たちが普通に飛行機に乗るのとはワケが違います。
近いうちに数十秒間だけの無重力体験のできるサービスが始まります。
でも数ヶ月にわたってサッカー場サイズの宇宙ステーションと
多くの乗組員をコントロールできる人は、ひょっとして「宇宙人」なのかも。

宇宙から見れば、地球には国境線もなく人間なんか見えません。
人間はちっちゃな存在なはずなのに、地球は我のものとばかりに奢って。
地球はこんなに豊かで快適な環境なのも、無数の奇跡の賜物。
人間は一回絶滅しないと分からない馬鹿者なんでしょうね。


ところで「リリーズ」って現役なんですね^^;

スポンサーサイト

[edit]