かっぱのあしあと

終わりではない一日 

今日で2012年が終わります。
本年も多くの皆様にご覧いただきましてありがとうございます。
またコメントや拍手を下さった方々にも感謝申し上げます。


2012123101.jpg


明日も、来年もずっと続く時間。
時間は色々な意味で変化をもたらす。
退化するもの、進化するもの。
何もしなければ衰えて枯れてゆくだけ。
人類の歴史に残された進化は、生存本能を超えて愛情に昇華できるのか。
「人智」の持つ力は人類の生存や幸福に寄与できるのか。
それとも滅びの道を転がり落ちてゆくのか。

「がんばろう日本」
聞かなくなってどれほど経つのだろう。
戦争、原発、いじめ...
震災の尊い犠牲は私たちに人間の業を気付かせてくれた。
でも時間はその記憶さえ押し流してしまう。

今年の出来事を振り返る番組が続くテレビ。
でも明日には全て忘れてしまう。
なぜなら思い出したくないから。
人間は罪を犯し、欲の前に忘れてゆく。
被害者たちの涙を残して。

「来年こそは」って毎年言うよね。
誰でも願いや希望はあるもの。
だけど何もしなければ時間に流されて枯れてゆくだけ。
何ができるかなんて考えるより、何かしなくちゃ。
立ち止まっていては滅びるだけ。

歩こう、考えよう、語り合おう、そして愛し合おう。
滅びの坂をよじ登るために。
時間の波に押し流されないために。
できるかなんて考えるよりやるしかない。

でもできるかなぁ。
体力がやばい...^_^;

来年もよろしくお願いします。
よいお年を。
スポンサーサイト

[edit]