かっぱのあしあと

GANREFワークショップ講評会 コスモス編 

今月16日に昭和記念公園で行われたGANREF
「石井孝親先生のワークショップ~花写真ゼミ」作品の
講評会が行われました。

前回のリリーパークでのワークショップで教えていただいた
広角で絞り込む光芒の出し方を今回コスモスで実践しました。

2011101703.jpg
【画像クリックで拡大】

ちょっと暗いかと思いましたが、幸い花の色も良く出てくれて
最高点となる「5」点をいただきました\(^o^)/
石井先生ありがとうございます!

講評会で先生のおっしゃったポイントなどをまとめます。

・花は逆光で撮るのが綺麗なので太陽に向かって歩く
・マクロはぼかせるが広角は手前も向こうも写るので難しい
・花も虫も小さめに撮ると可愛くなる
・花だけでなく蕾も注目すると良い
・花が向いている方を空けて空間を生かす
・墨に不要なものが写ったら撮り直す/トリミングしない
・露出だけでなく、絞りやピントの位置も段階的に変えて撮る
・縦位置横位置を変えて撮ってみる
・マクロでは数センチカメラを動かすだけで背景が変わる
・コスモスは花芯が全部開いたのは古いので周りだけ開いたのを選ぶ
・飛ぶ虫の羽を止めるにはストロボを使う
・花を撮るのに昆虫図鑑なども役に立つ
・太陽を入れるときに肉眼で眩しい時は要注意
・太陽を丸く撮るには口径食やぼかし方に気をつける
・手振れ補正つきマクロレンズは三脚要らずで構図も自由になる
・視野も止まるので正確な構図がとりやすい
・超望遠レンズ使用時にはクイックシューは避ける

今回のワークショップ以来マクロ撮影の
楽しみを改めて知ることができました。
今日行ったバラ園でもマクロレンズが活躍してくれました。
次回のワークショップも楽しみにしています。
スポンサーサイト

[edit]