かっぱのあしあと

Road to 吉原 

★検索エンジンなどでこの記事をご覧いただく方が多いようでありがとうございます。
★新たに再取材し、動画も掲載したこちらの記事が新しいので是非ご覧ください。



静岡市清水区吉原は雲海や朝焼けと富士山が撮れる人気のポイント。
しかし小高い山の茶畑の中にあるため慣れた人でないと迷いやすい。
私も昼間にロケハンしたにもかかわらず3度目でやっと辿りつきました。
そこで今日は吉原へ行ってみたい方、行ってみようとしたけど
迷ってしまった方のために画像で道案内します(^.^)

まず国道一号線から吉原方面へ入るのですが、
分かりやすいように東名高速清水インターを降りたところから。
東へ向かって左端の車線を走ります。
すると歩道橋のある大きな交差点「庵原」を左折します。

2011072601.jpg
【画像クリックで拡大】 JAの手前を左折します

そのまましばらく道なりに走っていきます。
川沿いを上流へ走ると正面に第二東名高速の工事現場が見えてきます。
そして「吉原温泉」の看板がある場所を右へ入ります。

2011072602.jpg
【画像クリックで拡大】 右へ小さな橋を渡ります

やや急な坂を上ると短いトンネルがあります。
幅が狭く暗いので対向車には気をつけましょう。

2011072603.jpg
【画像クリックで拡大】

さらにその先には交差点があります。
そこを左へ曲がります。

2011072604.jpg
【画像クリックで拡大】 交差点を左折します

右に老人ホームの建物を見ながらさらに登ります。
吉原の集落に入るところで右へ曲がり橋を越えます。

2011072605.jpg
【画像クリックで拡大】

しばらく道なりに行くと細いまっすぐな道に出ます。
問題はそこから茶畑へ登る入り口です。
大変分かりにくいのですが、入り口に看板があります。
「←善原寺」という指示の通りに狭い入り口へ左折します。

2011072606.jpg
【画像クリックで拡大】 善原寺へ向けて左折します

道なりに登っていきいます。
途中分かれるところがありますがとにかく上へ上へと走ります。

2011072607.jpg
【画像クリックで拡大】

すると正面に「善原寺」が見えてきますので
山門の前を左へ曲がってさらに登っていきます。

2011072608.jpg
【画像クリックで拡大】

さらに登っていくと左へ大きく曲がる場所があります。
「←一本杉」という小さな看板があります。
この辺りからガードレールのない狭い道が続きます。
特に夜間は気をつけて行きましょう。

2011072609.jpg
【画像クリックで拡大】 きついカーブなので注意

そのまま道なりに登っていくと見晴らしのいい場所が所々にあります。
そしてこの場所が私がいつも利用する撮影ポイントです。
小さめのクルマ2台分のスペースがあります。
左上に見える茶畑の上に上がってカメラを構えます。

2011072610.jpg
【画像クリックで拡大】 ここにクルマを止められます

そこからすこし先にも駐車スペースがあります。
こちらの方がやや混雑しやすいです。
また雲海が見える方向に木立があるので私は利用しません。

2011072611.jpg
【画像クリックで拡大】

この吉原では雲海が頻繁に発生します。
特に雨上がりの晴れる朝には湿気が多いので確実です。
さらに台風一過の晴天には空に広がる雲に朝焼けが染まって
「吉原炎上」とも呼ばれる絶景に巡り合える場合があります。
最近では夜間のバルブ撮影でも人気が出始めています。

2011072612.jpg
【画像クリックで拡大】

しかしここはあくまで農家の茶畑であり、農道でもあります。
くれぐれも地元の方の迷惑になる行為は絶対にしてはいけません。
事情を知らない人たちが道を塞いで路上駐車したり、
道路上に三脚を広げているのを見ます。
また狭い道ですれ違いも困難なためクルマ同士が
立ち往生する場面も頻繁に目にします。

望みのポイントを得るには深夜のうちから現地入りが必要です。
駐車スペースが少ないので、この場所のすぐ下にも
数台程度の駐車スペースがあります。

しかしいきなり初めて深夜に行っても迷う可能性があるので、
極力昼間の明るいときに現地までロケハンすることをお勧めします。
上の写真は最も太陽が富士山に近づく夏至に撮ったものです。
冬には右の真横から太陽が差しますのでまた見晴らしが変わります。
ここまでは一発でいければ東名清水インターから20分くらいです。
スポンサーサイト

[edit]