かっぱのあしあと

ありがとう、そしてさようなら~等身大ガンダム 

昨年7月24日に開催されてから8ヶ月あまり、
今日3月27日に「静岡ホビーフェア」が閉幕しました。

2011032701.jpg
【画像クリックで拡大】 最後の日没

昨年の夏は記録的な猛暑続きで、開催日のオフィシャルショップは
4時間待ちの大行列、9月を過ぎても猛暑は終わらず、
来客だけでなくスタッフも汗だくで案内していました。
開催日の空撮では、盛んに団扇をあおぐ大勢のお客さんだらけ。

一旦演出などが休止し年末年始にはクリスマスバージョンや
お正月バージョンで復活したものの、終了日を静かに迎えました。
当初は入場者数95万人を見込んでいたのですが、
ちょうど最終日の今日、なんと160万人を突破しました。

この間に40回以上訪れ、数知れないほど「演出」を楽しんだり
何十年も買ったこともなかったプラモデルも買い漁りました。
そして沢山の写真も撮影してきました。

2011032702.jpg
【画像クリックで拡大】 最後のお絵描き

ついに最後の日を迎えました。
最終の10日間演出やタッチ&ウォークの再開を予定されましたが
東日本大震災があったため急きょ休止しました。
それでも最後のお別れを惜しむ大勢のお客さんが訪れていました。

PRステージでは震災に向けた支援活動「サンライズプロジェクト」の
義捐金の募集やチャリティーオークションイベントが行われています。
そして発起人である元清水エスパルスの澤登正朗さんの
あいさつとサイン入りキャップの限定販売(ぎりぎりでGET)。

2011032703.jpg
【画像クリックで拡大】

そして午後6時、エンディングセレモニーです。
東日本震災の犠牲者に黙祷をささげた後、
小嶋市長ら関係者列席でホビーフェアを締めくくりました。

2011032704.jpg
【画像クリックで拡大】

セレモニー終了後も大勢のお客さんが別れを惜しんで、
いつまでもライトアップされた立像前に集まります。

2011032705.jpg
【画像クリックで拡大】

スタッフやバンダイ社員(あのお馴染みのユニフォーム姿)らが
見守る中で来場者が出口へ足を運びます。

もうこの勇姿は二度と見ることができないのでしょうか。
小嶋市長にすら次に立つ場所が知らされていないそうなのですが、
最後には静岡のバンダイ工場内に置かれるのは確実らしいです。
また6月には静岡駅南口に「ホビースクエア」ができます。
いつまでも模型の世界首都静岡はホビーで盛り上がって欲しいものです。

ガンダムよ、ありがとう、そしてさようなら。
スポンサーサイト

[edit]