かっぱのあしあと

「レフ」はいつまで 

コンデジでなければデジイチ、つまり「デジタル一眼レフ」しかなかったのは
つい2年ほど前までのことでした。
それが、昨年フォーサーズ陣営のミラーレス機が登場し一変します。

センサーサイズが変わらない、つまり基本的な画質は同じなのに
ボディサイズやレンズを劇的に小型化されたミラーレス一眼カメラ。

当初は「一眼カメラ」などという分かりにくい表現だったためか、
クリックリターンミラーを持つ伝統的なデジタル一眼「レフ」と
混同されたり、中には「ネオ一眼」と呼ぶ人まで出る始末。
ちなみに「ネオ一眼」というのは富士フィルムが高倍率ズームレンズを持つ
レンズ一体型コンパクトデジカメのことを指したものです。

今日ではようやく「ミラーレス一眼」という呼称に統一された感があります。
レンズ交換ができる、でもミラーやプリズムファインダーを持たない
コンパクトで高画質な新時代の形態です。

私も当初は懐疑的に見ていました。
価格の高さもあって、なかなか新しいシステムの導入には至らずにいました。
それがようやくオリンパスのE-PL1が出て手が届くようになりました。
桜の時期を控え、ニコンのミラーレス(?)を待てずに購入。
試しに撮影した画像の解像感の高さに驚き、一気にその存在感を認めた次第です。

EVFと光学ファインダーの見え具合、シャッターラグの遅さ、AFの遅さ、
まだまだデジイチに劣る部分は少なくはありません。
しかしそれでも持ち出したくなる手軽さと、予想を裏切る高画質は
昨年来の新しいデジカメの形態を作り上げただけのことがあります。

さすがにAマウントαが不振のソニーも追従せざるを得ずNEXを発売しました。
キヤノンやニコンは今のところデジイチが好調なため危機感は弱いものの、
ミラーレス機の導入は時間の問題でしょう。
エントリークラスは一気にミラーレスに流れる予感があります。

デジタル写真の投稿サイトに「GANREF」というものがあります。
まだサービスが始まってから1年ほどしか経っていません。
当初は普及著しいデジイチによる高画質な作品を投稿する目的でした。
今でもデジイチの作品の割合は圧倒的に多いのですが。

最近になってミラーレス機の作品も増えつつあります。
となると「GANREF」つまり「ガンレフ」という呼称が成り立たなくなるのでは?
もしキヤノンやニコンも参入してミラーレス機がさらにシェアを伸ばせば、
投稿される作品の数分の1はミラーレスが占めるようになります。

そうなっていく前に名称を変えるのか、それともリニューアルするのか、あるいは一旦閉鎖されるのか。
システムや投稿画像の内容など様々な問題を抱えているだけに
すでに50万枚に迫る画像ごと消えてしまうのではないかと気にはなるのですが。
スポンサーサイト

[edit]