かっぱのあしあと

次の手は闇 


昨日の各紙で、「カメラのキタムラ」の一斉閉店が取り上げられました。
2月末までに少なくとも22の店舗を閉鎖するというものですが、
もともと850もの店舗を有するだけに、22店舗程度でニュースに
なるというのは、その遠因にあると思われます。
昨年総務省が携帯電話の「実質0円」に対する規制から
主にスマホの販売が激減、大幅な減収減益となり
一部店舗の閉店を余儀なくされたというものです。

かつてはキタムラが来ると周辺のカメラ店が全滅するとまで
言われた強力な販売力を誇っていました。
首都圏などの都市部の駅周辺にあった大手カメラ店らと違い、
もっぱらカメラ関連事業に注力し家電などはあくまで
予備的な商品として扱ってきました。

それだけにデジタルカメラの普及への対応も素早く、
個人のカメラ店では導入が難しかったデジタルラボ機を一斉に配備。
カメラを安く売ることで、その後のプリントやフォトブックでの
需要を喚起しながら、主に地方での固定客を獲得してきました。
ネット販売や中古取引にも取り組み、地方では手に入りにくい
用品の取り寄せや修理対応などにも熱心でした。

しかし時代はスマホへ一気に流れていきます。


下田港
2017/1/3 10:17 Canon G7X MarkII
44mm相当 絞り優先AE(f/2.5 1/160秒 -0.7EV) WB:4800K ISO:125 下田港



下田ペリーロード
2017/1/3 11:16 Canon G7X MarkII
69mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:125 ペリーロード



下田ペリーロード
2017/1/3 11:17 Canon G7X MarkII
100mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -1.0EV) WB:5200K ISO:125 ペリーロード



下田港
2017/1/3 11:30 Canon G7X MarkII
90mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:125 下田港



下田ペリーロード
2017/1/3 11:22 Canon G7X MarkII
24mm相当 絞り優先AE(f/1.8 1/800秒 +0.7EV) WB:5300K ISO:125 ペリーロード


スマホの普及に伴い、デジタルカメラの販売が急速に落ち込みます。
またスマホで直接SNSなどを通じた写真の「シェア」が広がり、
プリントやアルバム、スタジオ事業もしぼんでいきました。
そこで収益の柱に代わったのが携帯電話販売でした。
こちらで何とか事業を支えていたものの、昨年の安売り規制で
機種変更料金が高騰し、一気に販売が減退してしまいます。

もはやすぐに代われる事業もなく、既存の家電やネット販売も不調、
個人の印刷行動の低下からプリンターやインク販売も減少、
収益の悪化で赤字が増えてしまい一部閉店となった模様です。


一方でかつて「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」とともに「YSB」を名乗った
「さくらや」は競争激化のあおりを受けて事実上倒産。
そのビックやヨドバシもカメラ販売よりは家電などに傾注、
大手家電量販店との激しい競争を繰り広げています。
一時は爆買いブームに乗って業績を伸ばしたものの、
それも収束しつつあり厳しい局面に立たされています。

かつてカメラは一度買うと、フィルムや現像などのランニングコストが
かかる分、それらが販売店にとって大きな収益となっていました。
しかしデジタルカメラが普及すると小規模な販売店は次々と淘汰されます。
今度はカメラ自体が売れなくなると、家電販売など他の事業へ転換、
それも今やすっかり終息し、「売るものがない」といった状況です。


もっともこれはカメラや家電に限ったことではなく、
あらゆる消費が冷え込んで販売・製造への影響が出ています。
様々な規制緩和で経済格差が拡大し、大多数を占める
中間層以下の消費者にはモノを買う余力がなくなりつつあります。
不甲斐ない野党のおかげで2/3の支持率を保持する政権ですが、
このまま任せていては本当に日本は死んでしまうかもしれません。



スポンサーサイト

[edit]

いいキブン 



「いつまでも正月気分でいるな」
なんて言っていたのはいつの頃。
今では「正月気分」そのものがない。
紅白の視聴者が減る、年賀状を書く人が減る、
クルマの顔に注連飾りを付けなくなる、
除夜の鐘がウルサイと言われて自粛する、
餅もつかずお節料理も作らない。
「正月気分」が死語になる。



久能山東照宮
2017/1/10 10:50 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/60秒 -1.0EV) WB:6300K ISO:250 Natural 久能山東照宮



久能山東照宮
2017/1/10 11:20 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
108mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/200秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:200 Natural 久能山東照宮



久能山東照宮
2017/1/10 11:41 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
184mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/160秒 +0.3EV) WB:5300K ISO:1250 Natural 久能山東照宮



久能山東照宮
2017/1/10 11:59 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/16 1/250秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久能山東照宮



久能山東照宮
2017/1/10 12:38 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
160mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/1250秒 +0.3EV) WB:5200K ISO:200 Natural 久能山東照宮



大晦日はレコード大賞→紅白歌合戦→ゆく年くる年&年越し蕎麦
昔の「ゆく年くる年」は民放が同じ映像を同時に放映していました。
年が明けると初詣→お年玉→「新春かくし芸大会」
ワンパターンといえばそうだけど、毎年「恒例」なんだからそれでいい。
年中行事がビジネス色に染まりすぎてキブンどころじゃないんだな。


[edit]

手で撮れ 



無事発売日に手に出来た「E-M1 MarkII」を試しています。
とにかく色々やってみたいとたくさん撮ってしまい、
大量の未整理データの山になりました^^;
徐々にインプレッションを上げていこうと思いますが、
今日のところは小手調べの一枚をば。




2016122401.jpg
2016/12/24 20:31 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
56mm相当 絞り優先AE(f/9.0 1.3秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 青葉シンボルロード



露出時間は1.3秒、もちろん手持ちです。
このパフォーマンスを20数枚ほど撮りましたが、
ぶれていたのは2枚のみで残りはほぼ「ちゃんと」撮れています。
3秒程度の露出でもかなりの確率で成功します。
(ただし被写体が動きすぎて何が写ってるのか分からない)

イブの街を撮り歩きましたが、夜景を撮るには全く三脚を必要としません。
これ(↑)は、露出時間を稼ぐためにわざとISO感度を200にしました。
ISO感度を上げればごく普通のシャッタースピードで撮れるため、
光跡を伸ばすなどの目的がない限りほぼ手持ちでまかなえます。

15秒露出を手持ちで撮れたという報告もあるのですが、
よほど暗い場所で絞り込まないとそこまで露出時間を伸ばせません。
オリンパスは、手持ちで天の川が写るのが目標だといいます。
でも明るいレンズを使えば、ひょっとして本当に天の川が写るかも。


次回以降、少しずつレビューを重ねていきます。
リクエストがあれば可能な限り挑戦してみます。
ただ今のところ確かに言えるのは、ミラーレスも含めた
デジタルカメラで恐らく最強だということです。


[edit]

ゆくN くるO 

明日22日はオリンパス渾身のフラッグシップ
「OM-D E-M1 MarkII」の発売日です。
メーカーによると、予約が殺到していて後からの
予約者には年内の入手は困難だとも伝えられます。
写真誌やネット上でも非常に評判がいいので期待できます。

私は発表日に予約したので恐らくすぐに入手できそうです。
この週末から年末年始にかけて、できるだけいろんな撮影を通して
E-M1 MarkIIのポテンシャルに触れていけたらと思います。


その一方で、中学校の頃から親しんできたニコンとはお別れです。
既にここ2年間ほどはニコンのカメラをほとんど使っていません。
このまま残してもいいのですが、カメラはやはり写真の道具であるし
使ってもらえる機会が与えられるのならその方がいいだろうと。

手元にあるのは「D4」「D600」や十数本のレンズたちです。
少しばかり残して置こうと考えたときもありましたが、
デジタルは常に「最新」が最も優れており、どんどん旧態化します。
もしまたニコンを使いたくなったら、あらためて手に入れればいい。
あるいはキヤノンやソニーの導入もかえってしやすくなります。

こうしてミラーレスだけになるわけですが、一眼レフの
独特な使い心地は忘れがたいものがあります。
でもカメラは持ち歩いて使わなければ意味のないものです。
OMの思想を唱えた米谷氏の言うとおりです。
まずはE-M1 MarkIIに習熟してみようと思います。


2016122101.jpg
2016/12/19 10:46 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO14-150mm F4-5.6 II
28mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/1250秒 +0.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 県立美術館


2016122102.jpg
2016/12/12 11:09 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO14-150mm F4-5.6 II
108mm相当 絞り優先AE(f/5.5 1/125秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:500 Natural 浅間神社


2016122103.jpg
2016/12/19 10:55 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO14-150mm F4-5.6 II
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/320秒 -0.3EV) WB:5800K ISO:800 Natural 県立美術館


2016122104.jpg
2016/12/12 11:05 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO14-150mm F4-5.6 II
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/320秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:2500 Natural 浅間神社


2016122105.jpg
2016/12/19 10:08 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO14-150mm F4-5.6 II
134mm相当 絞り優先AE(f/5.5 1/160秒 -0.3EV) WB:6000K ISO:1000 Natural 県立美術館



ズームレンズの性能が悪かった昔は、
もっぱら単焦点レンズを買い揃えるのが一般的でした。
そのため一旦マウント(メーカー)を決めると、別のマウントへの
変更はたくさんのレンズの変更も伴い大変厳しいものがありました。
今ではそれほど「レンズ資産」ということも少なくなりつつあります。
また複数のマウントを使い分ける人も増えてきました。

ニコン機のサブとして導入したオリンパスが、今では
すっかりメインとなって自分にとって最適な道具になりました。
カメラという機械ではなく、あくまで写真を撮るための道具と
捉えた時には、むしろミラーレスやEVFは大変合理的です。
「デジイチフラッグシップを凌駕した」とまで言われているだけに
E-M1 MarkIIにはますます期待がかかります。

先日オリンパスからメールでアンケートがありました。
ファームウェアアップデートで機能強化するカメラを
どう思いますか?という内容で、E-M1ユーザー向けです。
ということは、MarkIIになっても、初代機同様にここから
更なる性能・機能が強化されることを予感させます。

23日は休みを取っていますが、その日に手に出来た場合、
まずはどこで何を撮ろうかいろいろと迷います。
23~24日は晴れそうなのでまずは星景かな。
正月休みもこれで遊んで過ごせそうです。


[edit]

アートを吾に 






静岡県立美術館
2016/12/19 10:18 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/320秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:1000 Natural 県立美術館



静岡県立美術館
2016/12/19 11:04 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 PRO
180mm相当 絞り優先AE(f/5.5 1/160秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:320 Natural 県立美術館



静岡県立美術館
2016/12/19 11:05 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 PRO
78mm相当 絞り優先AE(f/5.3 1/640秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 県立美術館



静岡県立美術館
2016/12/19 11:00 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 PRO
72mm相当 絞り優先AE(f/5.2 1/80秒 -0.3EV) WB:6000K ISO:400 Natural 県立美術館



静岡県立美術館
2016/12/19 10:37 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:800 Natural 県立美術館



アート、芸術、というと何か難しそう?
何気ない日常にもアートはある、という人も。
何を芸術と感じるかは人それぞれだけど、結構どこにでもありそう。
ただ、日本人はアートに関心が薄い気もする。
色を表現する言葉の豊富さを見ても分かるように、
本来日本人は芸術的な感覚が備わっているはずなんだけど、
近代化された日常の中で忘れてしまったのかも。
芸術を金額に置き換えないと理解されないのは残念です。
もっとアートに対する寛容さも必要だしね。



[edit]