FC2ブログ

かっぱのあしあと

ユーいいね 



恐らく世界で最も多くの台数を販売したであろう、
ビクセンのポータブル赤道儀「ポラリエ」がリニューアルしました。
本来は1月31日発売なのですが、気の早い○ドバシさんのおかげで
29日には手にしこうして組み立ててみることが出来ました。
ちなみにポラリエUの「U」は、断面が「U」(を逆さにした)型をしているため。
また今回発売されたのは本体や極軸望遠鏡などのみで、
三脚との間に据える「極軸微動雲台DX」は2月下旬発売とか。
やっぱいっぺんに発売してよね。


2020013001.jpg
右が初号機(プチ改造済み) 左が2号機「ポラリエU」


見ても分かるとおり、コンパクトカメラを模した薄型ボディから
鉛筆削りのような奥行きのある形状に変わりました。
軸受けのベアリングの間隔を大きく取ることで
耐荷重や安定性を向上させたのが最大のポイントらしい。
その効果か、全体の重量もポラリエの740gに対して
ポラリエUは575gとわずかに軽量化されています。
(でも手にした印象はほとんど変わらないかな)
また耐荷重も2kgから2.5kgへ少しばかり改善しています。


2020013002.jpg


初号機が回転式のモードダイヤルで切り替えていた駆動モードは
「MODE」ボタンで操作、そして新たにスマホとのWifi接続が可能になりました。
この照明の明るさも含め、細かい作動設定をスマホから行えます(後述)。
従来どおりの星景モード(1/2倍速)や恒星時、太陽時、月時のほか
カスタムモード(スマホで設定可能)を備えています。


2020013003.jpg


電源は単3電池4本(本体の両側に2本ずつ)を使います。
従来機は単3電池2本で2時間駆動できましたが、新型は4本で
7時間と大幅に駆動時間が伸びました(アルカリ電池使用時)。
そのため、初号機では大容量のモバイルバッテリーを繋いでいました。
新型なら単3電池4本が2セットもあれば一晩中使えそうです。
余計なケーブルは減らしたいので大変助かります。

またオートガイダーを接続する端子とカメラのシャッターを操作する
端子も増設され、より高精度な追尾撮影やタイムラプス撮影に対応できます。
ちなみに外部電源用のUSB端子はタイプBからタイプCへ一新されました。


2020013004.jpg


初号機には本体に覗き穴があって、簡易な極軸合わせに使いました。
新型では、本体上部のアクセサリシューに「それ用」のパーツを取り付けます。
本来は上の画像の反対向きに取り付けるのですが、後端が出っ張るので
反対向きに差し込むと良さそうです(ややボタン操作がしにくくなりますが)。


2020013005.jpg


極軸望遠鏡も一新し、これまでのように極軸内部に差し込む形式から
他社ポタ赤にも見られるようなアームを使った外付け式になりました。
着脱も簡単で望遠鏡自体の操作も分かりやすいためおススメです。
もっともそれなりの価格だし、広角レンズのみでなら覗き穴で十分ですが。


2020013006.jpg


雲台を取り付けるステージ(雲台ベース)は従来機同様の構造ですが、
それを取り外せば同社の「クイックリリースパノラマクランプ」に
換装してアルカスイス互換プレートなどを利用できます。
ちなみに雲台ベースの固定ネジは本体より外側へ出るため締めやすく、
さらにドライバーなどで締め上げることができるようになっています。


2020013007.jpg
鏡筒はBORG 55FLレデューサーキット

この「クイックリリースパノラマクランプ」を使えば、
このようにアルカスイス互換プレートを組み合わせて
焦点距離の長い鏡筒を載せての撮影もしやすくなります。
問題は追尾精度で、内部のギアやモーターが
従来機と同じものを使っているらしいので同等かそれ以上かと。

初号機でもオプションパーツを併用しての望遠鏡撮影を可能にしていましたが、
極軸周りのバランス合わせさえ適切に行えば案外実用になりそうです。
この鏡筒は焦点距離が200mmとそれほど長くないので
極軸望遠鏡で慎重に極軸合わせをすれば3分程度のノータッチガイドが期待できます。


2020013008.jpg


スマホを使わなくても基本的な操作は十分可能ですが、
ビクセンが提供する専用アプリで細かい設定などを変えられます。
ただトリセツを見た限りでは、アプリのDLや接続の手順が分かりにくい。
途中に散りばめられる撮影ガイド的な内容は別冊にする方がいいと思います。
あと、イマドキ風にYoutubeとかに操作動画をアップするのもアリかと。

早速使ってみたいのですが、次の休みは天候がイマイチ予報。
基本的な追尾精度などは十分良いと思うので、
極軸合わせのしやすさや準備・撤収などの使い勝手を試してみたいです。

ところで現時点で、ポラリエとポラリエUのどちらがおススメか。
ポータブル赤道儀としての基本的な機能は大差なく、
スマホでのタイムラプス設定やオートガイダー対応、
新しい極軸望遠鏡の使い勝手などに魅力を覚えるのなら
新型を選ぶ手もあるのですが、問題は価格差があること。
初号機は税込み4万円弱で買える一方で、ポラリエUは
本体のみでも6万円強と2万円以上の価格差があります。

手軽に追尾撮影するためのポータブル赤道儀としては
ポラリエシリーズは大変良く出来ており初心者にもおススメできます。
またちょっと凝った機材を載せることもできるポテンシャルが高く
迷ったらポラリエ(U)を買っておけば十分楽しめるでしょう。
天候が良くなって実際に使ってみたらまた感想などをお伝えします。



スポンサーサイト



[edit]

暗い話題でもない 




冬は空気が澄んで星空がキレイに見えます。
さらに太平洋側では晴天率が高く頻繁に楽しめます。
そして明るい星が多いので冬の星空が最も見応えがあります。
そんな冬の星座で最近話題になっているのは「ベテルギウスが暗い

ベテルギウスは大変有名なオリオン座にある一等星のひとつ。
ギリシャ神話の勇者オリオンの肩に光る赤い星で、
足下にあるリゲルが青白いため紅白の対比が面白いです。
このベテルギウスは星自体が不規則に収縮するため
0等星から1.3等星の間で明るさが変化する脈動変光星です。

しかしここ最近1.5等以下にまで暗くなり、観測によっては
2等星に迫るほどまで暗くなっているというのです。
2007年や2008年にも暗くなりましたが、これほどになるのは
過去50年間の観測データにも無いとも言われています。



2019122601.jpg

こちらは昨年末に撮影した冬の主だった星座です。
中心付近に見える赤っぽい星がベテルギウスです。


2019122602.jpg

こちらは先日同じ場所で撮影したもの。
薄雲がかかってしまったので同じようには見えませんが、
微妙に明るさが変化しているのを分かるでしょうか?


2019122603.jpg

意外に写真に撮ると明るさの差はわかりにくいかな。
でも肉眼でベテルギウスを見ると「確かに暗い」と感じます。
右下にあるリゲルが0.13等星なので、本来ならベテルギウスは
リゲルとほど同じかわずかに暗い程度なのですが、
良く見ていると明るさの違いを感じます(色のせいも若干ありますが)


ベテルギウスは星としての寿命が終わりかけており、
近い将来には「超新星爆発」を起こすといわれています。
今回の暗さがその前兆ではと話題になっているのです。
星は核融合の燃料を燃やし尽くすと、自身の重力で急速に収縮します。
その際中心部はとてつもない高温高圧になり爆発を起こします。

ベテルギウスは現在太陽の直径の800倍ほどの大きさがあります。
太陽の位置に置き換えると、木星の軌道近くにまで及ぶ巨星です。
このベテルギウスが超新星爆発を起こしたらどう見えるでしょう。
まず数時間後には満月を超える明るさにまで増光します。
3ヶ月ほどの間は昼間の空にも見えるくらい明るく輝き、
その後次第に赤みを増しながら暗くなっていき
数年後には肉眼で見えないほどまで光を失います。

超新星が爆発すると、強力なガンマ線を放射します。
周辺の星系の惑星に住む生物が死に絶えるほどの放射線です。
しかし地球は640光年も離れている上、放射される角度から
外れていて影響は無いだろうと思われます。

暗くなっているのは、爆発する前兆なのかはまだ分かりません。
宇宙のスケールは私たちの寿命など比較になりません。
でももし爆発を目撃できたら、人類史上最大級のイベントになるでしょう。


2019122604.jpg
2019/12/23 23:45 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 9-18mm F4-5.6
18mm相当 マニュアル露出(f/4.0 30秒x200コマ) WB:4800K ISO:640 御前崎



私事ですが来年春、この御前崎の近くへ勤務先が移動します。
休日の前日なら、仕事帰りにそのまま星を見たり星景写真を
撮りに立ち寄ることも容易になりそうですが果たして。。。




[edit]

森と宙と情熱と 




星好きな人たちが集まるイベントは日本各地で開催されます。
この「北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ」もそのひとつです。
今回はまだ三回目ながら、好天に恵まれて大勢の人が集まりました。
人口わずか4400人ほどの小さな町に、1200人を超える集客です。


2019110101.jpg


会場は小海リエックスホテル(シャトレーゼが運営)
日程の初日は懇親会のみで、二日目(10月26日)から参加しました。
当日朝5時に出発し8時半ごろに到着、天気は良かったです。


2019110102.jpg


こちらは途中に開催される人気の大抽選会の様子。
受付でもらえるピンバッジの裏に書かれた番号で抽選します。
出展企業や地元の産品など様々な商品を求めて賑わいました。


2019110103.jpg


天体望遠鏡などの天文関連のメーカーやショップがブースを並べます。
ブースの数は過去最大となったものの、天文ショップが増えた一方で
初回に参加したニコンやオリンパス、前回まで参加したケンコー・トキナーは
今回不参加で、個人的には少しマニア指向になりつつある印象でした。

ショップのブースでは実際に商品を手にとって選べるメリットはあります。
比較的リーズナブルな価格帯のものやいわゆるジャンク品も多かったです。
さすがにこういった場所で数十万円もする望遠鏡を買うのは無理がありますね。
少し離れた場所では個人でフリーマーケットも行われていますが、
仮に自分が出品したくてもその場所から動けないので少し考え物です。


2019110104.jpg


今回特徴的だったのは、クラフト関係の出展が多かったことです。
焼物や革製品など手作りの商品が数多く並べられました。
しかし事前のPRが及ばず、これ目当ての来客は少ないようでした。
また個人的な印象では、天文とクラフトってちょっと異質な感じがします。
(勿論出品されている商品は大変良いものばかりなのは言うまでもありません)

むしろ星見はアウトドアの要素が濃いので、ここはアウトドア関係の
メーカーやショップが参加されていたらよかったのではと感じました。
アウトドア用品やウエアなどを展示販売すれば、同時開催されていた
「紅葉ウォーク」の参加者にも見てもらえただろうと思います。
さらに販売しなくても、キャンピングカーや車中泊カーの展示で
興味を持ってもらえる機会を作るなんてのもアリでしょう。

主催者側も試行錯誤を重ねながら今後の内容を充実してくれると期待します。


2019110105.jpg


リエックスホテル内の広間では、様々なテーマで講演が行われます。
飯島裕氏をはじめ、各分野のスペシャリストの話を直接聞けるのは貴重です。
こちらも以前までより聴講者がとても増えていて立ち見もありました。
ただしややマニアックな内容が目立ちつつあり、
もう少し子供や初心者が楽しめるものもあればと思います。


2019110106.jpg


とりわけ26日(土)は夜になっても多くの来場者で大変賑わいました。
時々星が雲間から顔を出すと、各ブースの望遠鏡が稼動します。
一部の人は会場から離れ小海町内のスポットへ撮影に出たようです。
夜間を通しての快晴とならず残念でしたが、ともかく雨だけは無くよかった。
私は広角での星景撮影をしたかったのですが、雲が多かったので
結局は駐車場に置いたクルマの中で一夜を過ごしました。


2019110107.jpg


今回の出展で注目を集めたのが「電視観望」です。
望遠鏡の接眼部に専用のCCDカメラを取り付けて、その映像を
パソコンに取り込みリアルタイムで楽しもうというものです。
数秒露出の像を重ねていくと、薄い星雲などがカラーで映し出されます。
機材もシンプルで価格も安く導入がしやすそうなので
恐らく今後人気が高まり広がっていくだろうと思われます。
特に地域の観望会などのように、一度に多くの人々に天体を
見せるイベントでは非常に効果的です。

ただ私はというと、ずっとパソコンの画面を眺めるよりも
宙に望遠鏡を向けたり、カメラを向けての眼視や撮影が好きなので
正直なところあまり興味を持つに至りませんでした。


2019110108.jpg


今回は25日夜に関係者と一般の人たちの懇親会が催されました。
しかし金曜日の夜からここまで来られるのはごく限られた人です。
様子を見ていると、多くの天文ファンは26日に来て会場を見た後
深夜のうちに帰途に着いているようでした。
遠方から来るため日曜日の早い時間までに帰宅するためでしょう。

一方で最終日はハロウィンイベントなどもあって子供連れの来場者が目立ちました。
しかし子供たちは会場のブースには興味が無く遊び足りなさそうです。
今後は最終日に地元の家族連れが楽しめるような内容になるといいと思います。
せっかくなのでホテル会場入口周辺で落ち葉を拾ってのお絵かきとか
ホテル裏側にある斜面で滑る遊びなどできないかと。


来年は月齢からすると10月中旬の開催が予想されます。
天文というのはニッチな趣味なので、どうしてもマニアックな方向へ
行きがちですが、もっと多くの人たちが星空に興味を持って
宙を眺めるようになるには、まだまだ試行錯誤が必要だと思います。
とはいえ長い準備期間とイベントを成功させようという町ぐるみでの
取り組みは大変素晴らしいもので、是非来年も晴天に恵まれて
多くの来場者で賑わうことを楽しみにしています。



[edit]

巡る宙の下で 




クソ暑かった8月がようやく終わり、
9月になったのに今年の残暑はハンパない。
暑かった反面、日照は極端に少ない夏でした。

梅雨が明ければと楽しみにしていた天の川も
ついぞ見ることなく終わってしまいそうでしたが、
9月1日の夜は晴れそうだとSCWが言うので当てにして
川根の「朝日段公園」へ足を運びました。
標高666mの尾根にあるので見晴らしはいいし
あまり多く人も来ないのでノンビリ出来そうだとの選択です。

着いた頃はまだ薄い雲が流れていたので眼視だけでもと
望遠鏡(AZ-GTi + ZINGARO6)を組み立てました。
この場所は唯一南天の視界が悪いため、西へ傾きかけた
天の川は無理で木星や土星を薄雲越しに眺めていました。


朝日段公園
2019/9/1 19:05 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
240mm相当 マニュアル露出(f/2.8 5秒) WB:5500K ISO:800 Natural 朝日段公園


次第に暗くなると所々雲が取れて宙が顔を覗かせます。
頭上はそこそこ宙は暗いものの、西側は浜松、東側は静岡の
市街地の明かりが薄雲を照らすので低空は撮影が難しい。
やはり8月に訪れた木曽の宙は別格でした。


朝日段公園
2019/9/1 21:13 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 8mm F1.8 Fisheye
16mm相当 マニュアル露出(f/2.0 40秒) WB:4800K ISO:1600 Natural 朝日段公園


地上の明るさを切り捨てて頭上のみで撮影すれば
それなりに露出を掛けられる点は助かるので
望遠レンズでの撮影なら十分実用になりそうなポイントでした。


朝日段公園
2019/9/1 20:40 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
28mm相当 マニュアル露出(f/2.8 180秒) WB:5000K ISO:1600 Natural 朝日段公園


星景撮影をしていると、時間の経つのが早いです。
時計を見るより星座の移動で時間を意識できます。
傾く夏の宙に寂しさを感じながらも東の宙に顔を出し始める
ぎょしゃ座やプレアデス星団に少し感激を覚えます。


朝日段公園
2019/9/1 23:13 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 8mm F1.8 Fisheye
16mm相当 マニュアル露出(f/2.0 60秒) WB:5000K ISO:1600 Natural 朝日段公園


下に見えるのは「七曲り」と呼ぶ大井川の褶曲と地名の集落。
昼間なら遠くからSLの汽笛が響く長閑な山間地です。
透明度が高い冬には山々の向こうに富士山が顔を出します。


朝日段公園
2019/9/1 23:36 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 マニュアル露出(f/2.8 60秒) WB:5000K ISO:1600 Natural 朝日段公園


久しぶりの星空で、ついいろんな機材を出してしまいます。
もう少し粘って望遠撮影もと思いましたが、気がつくと
明るいうちから7時間ほど立ちっ放しで活動していました。
腰痛の症状が出始めるし、撤収の体力も残さねばと
やむなく撮影はここまでで諦め機材を畳みました。


朝日段公園


夜食に手間を掛ける余裕もないので、来る途中で買った
コンビニのおにぎりとパンなどで済ませます。
いつものように湯を沸かしてインスタント味噌汁も。
この後少し仮眠して、薄明が始まる頃帰途に着きました。

一晩の間に巡る星空もそうですが、
ほんの少しの間晴天が無かっただけでも
随分と宙の季節が移り変わってしまいます。
今年も夏の宙を十分堪能できませんでしたが、
一方で冬は寒さとの戦いもあってなかなか過酷です。



[edit]

暗闇に住む人 




今回は写真ではなくTV番組のお知らせ。
毎週日曜日午後11時からTBS系列で放送する「情熱大陸」の
8月25日放送にて自称「ナイトネイチャーカメラマン」こと
竹本宗一郎氏を採り上げます。

竹本氏はポータブル赤道儀「TP-2」を販売する
TOAST TECHNOLOGY社の代表でもあります。
タイムラプス動画撮影にも対応するTP-2を駆使した夜間撮影の
スペシャリストとして活躍され、以前には飯島裕先生のワークショップで
自社製品を紹介されていました。

以前NHK-BSの番組でも、珍しい赤いオーロラの
撮影に挑戦するドキュメントに出演されています。
今回情熱大陸で放送される内容も、同じくニュージーランドでの
撮影行などになるようで、大変楽しみです。



2019082101.jpg
2012年8月


かくいう私もTP-2を愛用しています。
と言っても使用機会は少ないままで、どちらかというと
手軽に使えるポラリエ(ビクセン)がメインになっています。

ただ、TP-2は竹本氏の経験や工夫が豊富に盛り込まれていて
セッティングのしやすさから安定した追尾精度まで
ポータブル赤道儀の真髄を押さえた名機といえます。
近々望遠撮影向けのレンズが入手できる予定なので、
そちらをTP-2で運用しようと考えています。

最近のポータブル赤道儀は、オートガイダー対応や
WiFi対応などがトレンドになりつつあり、SWAT(ユニテック)のような
重量級で大きめのものが多くなっています。
TP-2は比較的コンパクトで軽い一方、オートガイドには未対応で
スマホ連携、カメラコントロールなどの新機能も未搭載です。

そのため300mm相当を超えるような超望遠での撮影は避け、
軽量なシステムで手軽に使う範囲でなら何とかなりそう。
赤道儀自体の追尾制度は高いので、極軸セッティングさえ
しっかりできればTP-2でもまだまだ実用になります。

では次世代モデルはどうか(あればの話だけど)。
タイムラプス雲台としての運用を考えると、搭載重量アップなど
無用にスペックを上げて大型化するよりも、今のままのスケールで
多機能化を実装することに期待したいです。



[edit]