かっぱのあしあと

手のひらのシアワセは 



自由な時間があれば、大抵はOM-Dを抱えての撮影行。
でもそればかりでは疲れるし、必ずしも収穫が見込めるとは
限らないので、時々は撮影目的でないブラブラもある。
そんな時でも、カメラを持たずに後悔したくないのが悪い癖。
だから欲しくなるのが「お散歩カメラ」
(なぜか「お散歩カメラ」で検索すると想定外の結果)

撮影目的じゃないから、軽くて小さい方がいい。
でも何があるか分からないので汎用性も必要。
暗所でも撮るかもだしある程度ボケもほしい。
基本的にはコンデジから選ぶことになるけど、
悲しいことに今やコンデジの選択肢は激減です。



2017071701.jpg
※外付けグリップとフィルターアダプター装着済み

現有のキヤノン PowerShot G7X MatkIIも大変いいカメラです。
スナップ用途には最適なのですが、もう少し望遠も欲しい。
動き物にも対応できるAFや連写も、たまには動画もなどと
高まる要望に最も近そうだと考えたのがパナソニックの
「LUMIX DMC-TX1」でした。

コンデジでは大き目の1インチセンサーを備え、25~250mm相当の
10倍高倍率ズームレンズ、4Kフォトなど多彩な撮影機能を持ちます。
これなら幅広い使途に対応できるし、そこそこコンパクトだし、
発売後1年経っているのでまぁまぁ手頃な価格になっています。


2017071702.jpg


大きな差といえば、このようにモニターがチルトするG7XIIと、
チルトしない代わりに小型のEVFを持つTX1です。
どちらもタッチパネルだし大変な多機能を上手く
コンパクトにまとめていて扱いやすいといえますが、
やはり試写に持ち出してみるとこの違いは大きかったです。

スナップ的な撮影には、明らかにチルトモニターが有利です。
EVFは予想したよりは使えなくないのですが、
やはり視認性は低く構図を大まかに確認するのが精一杯です。
また電源スイッチは、G7XIIがワンプッシュのボタン式、
TX1がスライドタイプで、これもボタンに分があります。



2017071703.jpg
2017/7/16 12:38 LUMIX TX1 250mm相当 絞り優先AE(f/5.9 1/400秒 +0.0EV) WB:AUTO ISO:125


どうしても望遠側を使っての撮影が多くなりますが、
電動ズームの動きは鈍重でAFもそれほど早くはありません。
何よりEVFが見にくいし頻繁に視度調整が動いてしまいます。
ピントの山も分からず、ピーキングを併用しての
拡大確認も実用的とは言えない印象でした。



2017071704.jpg
2017/7/16 13:47 LUMIX TX1 25mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/1250秒 -1.0EV) WB:AUTO ISO:125

遠景の解像感は1インチらしい高いもので、超解像技術も奏功しています。
ダイナミックレンジやノイズ感はG7XIIほどでないものの納得できる範囲です。
発色はアッサリとしていて(STANDARD設定)、JPEG撮って出しはイマイチかな。



2017071705.jpg
2017/7/17 12:12 LUMIX TX1 250mm相当 絞り優先AE(f/5.9 1/125秒 -0.3EV) WB:AUTO ISO:250

テレ端での最短撮影距離は70cmと案外寄れません。
またレンズを少しズームしただけでF値が上昇してしまうので
1インチの割りにボケ具合は「ソコソコ」です。
同じ対象を同じ距離からE-M1II&40-150mmPROで撮ると
全く違った画像になってしまうのも仕方ないのかな。


まだこの機能のごく一部しか試していませんが、
率直な印象としては「万能は万能ではなかった」というところ。
スナップ用途には、電源スイッチやモニター(EVFも)が使いにくい。
ネイチャー系にはピントが分かりにくくボケも活かしにくい。

どんな用途にもそこそこ対応できるかと思っていたのですが、
むしろ逆にどんな用途にも中途半端にしか対応できない。
ちょっと考えれば分かりそうなことでしたね。
暗所には強くはないけど、今更ながらオリンパスの
「Stylus1」はいい落し所にあったカメラだと思いました。

せっかくなのでもう少し探ってみますね。




スポンサーサイト

[edit]

アイランズ 



会社によるご褒美旅行なので、
持って行ったのはキヤノンのコンデジのみ。
撮影のための旅ではないし、荷物は増やしたくないし。
3泊4日といっても初日と最後は移動だけなので
実質中間の2日のみの活動でした。

グアムは2001年にも訪れていますが、当時はほとんど
写真を撮っておらず、記憶も消し飛んでいたので
今回は折角の機会だからと、待ち時間などにカメラを使いました。
とにかく空の青さとヌケは印象的で、日本に帰国してから
見た空のボンヤリとした白さとは全く別物でした。
一応PLフィルターを持参したものの、
それを使用しなくてもご覧の通りの深い深い青空です。

深夜に出歩くことは出来ないので、ホテルの窓からわずかに
見えた蠍座は、日本で見たことがないほど高く昇っていました。
滞在中は乾期なのでほとんど降雨はなく、
一度だけほんの数分間のスコールにあったのみでした。
日本は四季があっていいなと常々感じるものの、
こうして毎週水曜日の夜に賑やかなイベントをやっている
バイタリティには驚かされる次第です。


グアム
2017/5/17 13:08 Canon G7 X MarkII / 24mm相当 絞り優先(f/4.5 1/500秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:125



グアム
2017/5/17 18:09 Canon G7 X MarkII / 52mm相当 絞り優先(f/2.8 1/40秒 -1.0EV) WB:3800K ISO:1600



グアム
2017/5/17 17:59 Canon G7 X MarkII / 52mm相当 絞り優先(f/2.8 1/125秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:1000



グアム
2017/5/17 11:52 Canon G7 X MarkII / 24mm相当 絞り優先(f/5.0 1/1250秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:125



グアム
2017/5/18 14:14 Canon G7 X MarkII / 24mm相当 絞り優先(f/2.0 1/2000秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:125


グアムも日本も太平洋に浮かぶ島。
地球は宇宙に浮かぶ島のようなもの。
たとえ小さくても狭くてもシアワセはいくらでもある。


この旅行のために本来の休みが減らされ、
多忙に加えて来週以降の活動もままならない状況です。
でも仕事があるだけマシなのかなぁ。
(と飼いならされる社蓄なのです)



※このグアムシリーズでの画像に記載された撮影時間は
 カメラ内の日本時間なので、現地では1時間プラスとなります。



[edit]

碧い空の記憶 




このグアム島は、面積では伊豆半島の1/3強しかなく、
しかもその1/3を米軍基地が占めています。
主に島中央部にある空港周辺に開発・観光が集中しています。
かつては「大宮島」と呼ばれた日本領でもありましたが、
近年は経済の大半を日本人を始めとする観光で支えられています。

日付変更線を跨ぐハワイや季節が逆転する豪州などと異なり、
3~4時間ほどで行けるし時差1時間しかないので大変手軽です。
80年代までは観光客の9割以上を日本人だったのもうなずけます。
しかしその手軽さが仇となり、価格競争にさらされてしまいます。
航空会社にとって旨みのない路線になり一気に便数が減ります。

そうして逆に価格は高騰、利用客も減るという悪循環に陥り、
今では日本からの観光客数はピーク時の2/3程度です。
その一方で中国や韓国といったアジア圏からの渡航者が増えます。
日本は今や中国、韓国に次ぐ3番手にまで減ってしまいました。
ホテル内やトローリーバスなどで目にするのも同様でした。

とはいえ、今でもほとんどの店で日本語が使えるし、
日本からの観光だというと喜んで対応してくれます。
(どうも中国人の行動やマナーのせいらしい)
あまり大きな島でもないので、あくまで短期滞在向けですが、
年中海を楽しめるし、食事も日本人の口に合わないことが非常に少ないです。
20年ほど前に比べるとショップやホテルの対応も改善しています。



グアム
2017/5/17 10:14 Canon G7 X MarkII / 24mm相当 絞り優先(f/3.2 1/800秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:125



グアム
2017/5/17 11:58 Canon G7 X MarkII / 24mm相当 絞り優先(f/4.5 1/60秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:250



グアム
2017/5/17 12:47 Canon G7 X MarkII / 44mm相当 絞り優先(f/4.5 1/800秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:125



グアム
2017/5/17 17:54 Canon G7 X MarkII / 24mm相当 絞り優先(f/2.8 1/60秒 -0.3EV) WB:3300K ISO:320



グアム
2017/5/17 18:27 Canon G7 X MarkII / 35mm相当 絞り優先(f/2.8 1/50秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:1600



グアムは日本統治下でも、今の米軍にとっても太平洋の要所です。
しかし基地や軍備の規模は縮小され観光が経済の柱となっています

同じことが日本の沖縄でも起きつつあり、米軍の撤退・縮小の跡地に
観光拠点やホテルなどの建設、開発が進められようとしています。
近い将来、日本にとってはグアム以上に身近なリゾートになるでしょう。


[edit]

三振より三冠 



先ごろ、カメラ記者クラブ主催の「カメラグランプリ2017」において
オリンパスのE-M1 MarkIIは「大賞」「あなたが選ぶベストカメラ」を、
同社のM.ZUIKO 12-100mm F4 PROが「レンズ賞」を受賞、
いわゆる「三冠達成」と相成りました。

オリンパスとしては、大賞は2010年のE-P1以来、
レンズ賞は昨年300mm F4 PROが受賞しています。
こういった「大賞」的なものには懐疑的ではありますが、
ニコンやキヤノンが跋扈する同賞においての三冠は素晴らしいです。

しばらく前から「レフ機の時代は終わるのか」といった議論を聞きますが、
実際にニコンのD4を使っていた感触からすると、
E-M1 MarkIIのポテンシャルはレフ機フラッグシップに
比肩するか、部分的には凌駕するものを持っています。
ただ、その点を理解するには実際に使い比べないと分からないという
難しい側面もあるので、今回の三冠達成には驚きの声も聞こえます。

販売台数では、圧倒的にエントリーモデルのレンズキットが
上位を占めるものの、人気や実力ではこういった
「尖がった」ところのあるカメラでないと生き残れないでしょうね。
超高速AF&連写や大型センサー機など強い特徴を備えれば
高価でも買ってもらえる、逆に言えばそうでなければ
買ってもらえない厳しい現実もあるわけです。



グアム
2017/5/17 11:48 Canon G7 X MarkII / 32mm相当 絞り優先(f/4.0 1/320秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200



グアム
2017/5/17 12:15 Canon G7 X MarkII / 100mm相当 絞り優先(f/4.5 1/320秒 -1.3EV) WB:5200K ISO:160



グアム
2017/5/17 18:08 Canon G7 X MarkII / 24mm相当 絞り優先(f/2.8 1/60秒 -1.0EV) WB:6000K ISO:160



グアム
2017/5/17 19:12 Canon G7 X MarkII / 100mm相当 絞り優先(f/2.8 1/100秒 -1.0EV) WB:3300K ISO:1600



グアム
2017/5/17 9:19 Canon G7 X MarkII / 24mm相当 絞り優先(f/5.0 1/320秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:125



ただ、OM-Dを使っていて感じるのはそういった「尖がった」部分だけではなく
もっとカメラ、写真を撮る道具としてのポテンシャルの高さも実感します。
ニコンの一眼レフを使っていた頃はいつも気にしていた
センサー面のゴミや防塵防滴性、レンズ交換時のホコリなども
OM-Dでは全くと言っていいほど気になりません。

軽さや小ささも加わって、より多くの機会で持ち出せる、
より多くのシャッターを切れる、より幅広いシチュエーションに
対応できるというところでもOM-Dは抜きん出ています。

「OM」とは「オリンパス」「米谷」の頭文字。
その米谷氏が理想とするカメラというのが「いつでも身に携えて
好きな時に写真が撮れる、より安価な価格のカメラ」でした。
今やそれはスマホという形でひとつの完成形を迎えていますが、
記録する、伝えるだけではない表現やアートの次元においては
やはり写真専用機はなくてはならないものです。



[edit]

中から外から 



宇宙から見た地球には国境がないと言ったのは
日本人初のスペースシャトル搭乗を果たした毛利衛さん。
しかし現実には、(少なくとも人間界において)
人種、民族、文化、宗教、政治、そして国家などが
地球上の人類を数限りなく分けています。

特に日本は、直接地続きで他国に接することもなく、
またごく一部を除いて単一民族でもあることもあり、
異なる人種などに対するとりわけ感情的な壁を否定できません。
日常の生活の中ではあまり外国人に接する機会は少なく、
たまにこうして海外に出かけてみるとそういった
忘れかけていた壁を意識せざるを得ません。

理想的にはそういった壁は無くさなければならない、
でも全ての人類がそれを受け入れられるほど
世界も人も豊かではないんですね。

常々海外では「日本は安全で清潔で親切な国だ」と
評されるけど、まだまだ日本人自身はそれほど意識はない。
でもこれは間違いないことだし、もっとPRしてもよさそうです。
日本へ戻ると不安や緊張から解かれ、本当にいい所だと実感できます。
ただ、心から楽しむ気持ちや家族・友を大切にする伝統は
徐々に日本人の心から失われつつあります。
せめてそこだけは今からでも持ち直して欲しいものです。



グアム
2017/5/17 9:42 Canon G7 X MarkII / 28mm相当 絞り優先(f/5.0 1/320秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200



グアム
2017/5/18 12:45 Canon G7 X MarkII / 24mm相当 絞り優先(f/2.0 1/2000秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:125



グアム
2017/5/17 13:21 Canon G7 X MarkII / 28mm相当 絞り優先(f/2.8 1/5000秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:125



グアム
2017/5/17 18:07 Canon G7 X MarkII / 100mm相当 絞り優先(f/2.8 1/200秒 -1.0EV) WB:4000K ISO:400



グアム
2017/5/18 13:00 Canon G7 X MarkII / 24mm相当 絞り優先(f/2.0 1/1250秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:125


4日間ずっと乗り物に揺られっぱなしで眩暈が止まりません。
今日はこれにて。。。



[edit]