FC2ブログ

かっぱのあしあと

崩壊する季節 




いいかげん更新しないと広告が出てしまうので(汗

いつもの年なら、盆休みが過ぎると一気に涼しくなるものですが
今年は連休明けになっても猛暑が続き大変でした。
浜松で8月17日になって41.1度を記録するなど今年の夏は
梅雨明けが長引いた影響なのか、台風のせいなのか
コロナも加わって非常に危険な状況が続きました。

こんな日本で五輪をやったらどれほどの犠牲が出るのかと。

今年の春はどこへも行けず、夏も同様でした。
今だに毎日「新たな感染者」が数百人も出続けている状況で、
秋になって例年通りに戻るとは思えません。
さらにインフルエンザの流行などの要素も絡んで
このまま今年一杯はマスク生活が終わらない気がします。



浜名湖ガーデンパーク
2020/9/6 12:50 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/9/6 12:53 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/9/6 13:23 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:400 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/9/6 12:46 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
52mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/500秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:200 ToyPhoto 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/9/6 13:19 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
49mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/80秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 ToyPhoto 浜名湖ガーデンパーク



もうすぐ秋ですね。
せめて今の暑さが終わればもう少し活動できそうです。
今は毎日夏バテの中で過ごしています。
何をするにも体力は本当に大切です。





スポンサーサイト



[edit]

Go To ヘブン 



東京都では3日連続で新規感染者200人超え、
およそ二週間前の6月19日には休業要請解除があり
県境を越える移動も始まり一気に人々が動き出しました。
そしてこの有様、第一波(?)の3月を超える感染者数です。
一方でごく一部のクラスターを除き地方では感染が抑えられています。
むしろ東京圏からの移動などによる「東京由来」が見られます。

さぞかし「震源地」東京の人々の緊張感たるや相当なものだろうと
想像しているのですが、どうも3月の感染拡大期と比べると
街の様子も人々の意識も大きく変わってしまったようです。
素人考えですが、来週には300人を超える可能性も感じます。

今のところ若年層が多くを占めているものの、徐々にシニアの
感染者割合も増えていて、重傷者や死者が増える傾向です。
さらに政府は「Go To キャンペーン」を強引に推し進めるし
豪雨災害で避難する人々の感染リスクも見逃せません。
都知事選が圧勝で終わった、一方政府の支持率は下がりっぱなし、
そこで都知事 VS 政府を演じ、また東京 VS 地方の対立も再燃するでしょう。
GoToキャンペーンだろうと、東京からの移動を制限する地域も出そうです。

「もうじき湿気と高温でウイルスはなくなるさ」とか、
2週間篭っていればいいさなどと呑気に考えていた時期もあったけど、
来週以降の動向はもっと真剣に取り組まざるを得なくなりそうです。


浜名湖ガーデンパーク
2020/6/1 11:10 OLMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/160秒 +0.3EV) WB:4500K ISO:200 ToyPhoto 浜名湖ガーデンパーク



どうして集団のリーダーは1人でないといけないのかと常々感じます。
大統領とか、首相とか、知事とか、大臣とか、社長とかなどなど。
たった一人の考えや判断が、その集団に属する人々の運命すら
決定してしまうことだってあるはずなのに。
「責任は私にある」と言ってみたところで、責任を取るとは限りません。
たとえ直接選挙でも、必ずしも民意は反映しないことだってあります。

増してや「社長は社員を選べるが、社員は社長を選べない」ことは
かなりの割合で理不尽や不信感を醸成するだけです。
だからと言って簡単に会社を辞めたり、知事が気に食わないからと
他県へ移住するなどはあまりにも現実的ではありません。

民主主義の持つ矛盾と、会社組織の非合理性は
「人間の英知は素晴らしい」という愚かな傲慢の成果でもあります。



[edit]

文化と私たち 




今だに「アサヒカメラ」誌休刊の余波が続いているようです。
Twitterでも多くの人々が「残念」とツイートしています。
「カメラマン」「アサヒカメラ」の休刊に続きオリンパスの身売りが
報道され、いよいよ写真文化は終焉に向かっているのかといった
悲観的な話が出るなど先行きは暗くなる一方です。

コロナ禍においてはどの業種でも同じように大きな損失を
被っているものの旧来からのカメラメーカーや写真誌は
コロナに関係なく業績は良くありませんでした。
そこへ来てのコロナ禍で持ち堪えられなかったのだと。
しかしこれらのことが「写真文化の凋落」を意味するのでしょうか。

一部の写真家やカメラファンらの考える「写真文化」とは
どちらかといえばやや狭隘で、芸術性や経済性を
伴ったものだけを指しているように思われます。
しかし「文化」とはそのようなものなのでしょうか。

今や誰もが「カメラ」を持ち歩き、いつでも好きな時に写真を撮り
すぐその場で見られるし、世界中の人と見せ合うことができます。
こんなに幸せな環境は人類史上なかったと私は思います。
今こそ最も写真文化が花開き盛り上がっている時代だとも。
旧態依然としたカメラ誌がなくなったとか従来の形態の
カメラメーカーがたとえ無くなったとしても、文化の中で見られる
「変化」とか「変遷」の一場面でしかないのではないでしょうか。

音楽だってステレオセットの前に行き、レコードに恭しく針を落として
耳を傾けていた時代は終わり、いつでもどこでもスマホへ
ダウンロードして購入できる楽しみ方が主流となっています。
書籍も紙からネットへ、写真だって同様に楽しみ方は変化します。
また「写ルンです」やスマホでの撮影も写真によっては価値が高まります。
過去の写真が捨てられなくてガラケーごと保管していたり、
友人との思い出を残したくてプリクラ帳を大切にしまっている人もいます。
それらだって立派な「写真文化」であるはずだと思うのです。



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/23 10:51 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -0.3EV) WB:5200K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/23 11:15 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
52mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/23 11:04 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 +0.7EV) WB:4500K ISO:200 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/23 13:40 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
170mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 -0.3EV) WB:5600K ISO:640 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/23 13:30 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
250mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.3EV) WB:5600K ISO:200 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



本格的な一眼カメラがビジネスとして成立しなくなれば
それほど遠くない将来にはカメラメーカー自体も無くなるでしょう。
そうなった時に私たちはどうしたらいいのか。
でも焦る必要もなければ悲観的になる必要もありません。
今あるカメラをずっと大切に使い続ければいいだけです。
幸いフィルムカメラのようにフィルムや現像液が無くなって
カメラが使い物にならなくなることはなく、電池さえ入れれば
いくらでもいつまでも使い続けることができます。

これまでデジタルカメラは毎年のように新型が登場し、
その度に画素数が増えるとかAFが進化するとかで
私たちに「次への期待」を抱かせてくれたことは確かです。
しかし今日カメラに求められているのはスマホそのものです。
次第に一眼カメラの新型投入が長引きレンズが減ってゆけば
ますます旧来の写真家やカメラファンは特殊な存在になります。

スマホではないカメラでスマホ写真でない写真を撮りたい。
その欲求がなくならない限りデジタルカメラもなくならないでしょう。
でももうそろそろ「次への期待」は横へ置いて、手にしているカメラを
目一杯使い込んで楽しむのが当面は良さそうです。







[edit]

緩和と制限の夏 




今日静岡では観測史上最速で猛暑日を記録しました(静岡市駿河区35.8度)。
風があったので何とか凌げましたが、やはり猛暑は堪えます。
まだ梅雨に入ったばかり、7月中旬まで続いて
その後からいつもと同じように猛暑の夏がやってきます。

今でも至る場所でマスクの着用と距離を求められています。
30度超えでのマスクは汗で濡れ呼吸困難になります。
一方で「夜の街関連」からの感染者増加が伝えられます。
「検査を増やしたから」と嘯くものの、検査したら出てきたのだから
実際の感染者は相当数まだ残っていると言っているようなものです。

さらにこれから冬を迎える南半球での感染拡大、
その後日本など北半球の秋・冬が来ればどうなるのか分かりません。
確実な治療法やワクチンが普及しない限りまだ気を許せないのです。
とりわけ東京都に関しては、五輪はとりあえず延期した、
でも都知事選は避けられないとなると再び対策がぶれるでしょう。
(すでに東京アラートの解除云々で「やらかして」いますね)

かつてなかった春が過ぎ、かつてなかった夏が来るのか。
せめていつも通りの秋を迎えることができるのか、
多くの国民はそこまで耐えることはできないでしょう。


極楽寺
2020/6/14 10:01 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.0EV) WB:5600K ISO:200 Natural 極楽寺



極楽寺
2020/6/14 10:05 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/125秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 ToyPhoto 極楽寺



極楽寺
2020/6/14 10:47 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
62mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.7EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 極楽寺



極楽寺
2020/6/14 9:55 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 極楽寺



極楽寺
2020/6/14 9:45 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.3EV) WB:5500K ISO:200 Vintage 極楽寺




全く感染の可能性がなくなれば、観光や消費に向けた
大規模な動きが始められるというものですが
この感染症という特殊な状況ではまだ困難が伴います。
特効薬やワクチンなどの対策が無い現状では尚更です。
たとえ移動への制限が解除されても、観光地で元どおりの
来客は望めないでしょう。

猛暑、マスク、台風の夏がやってきます。


[edit]

生きる資格 




今日静岡では梅雨入り、平年比2日遅れ。
もはや季節感とかどうでもよくなってきました。
今でもマスク、手指消毒、ソーシャルディスタンス。
日常はいつになったら戻ってくるのか、
「新たな生活様式」に上書きされてしまうのか、
これからもずっと目に見えない脅威に苛まれるのか。

この地球に誕生したあらゆる生命は感染症に襲われてきました。
その中から生き延びられた者だけに進化が許されました。
「免疫」はその証拠であり、生きるための武器でもあります。
これからも人類は繰り返し新たな感染症と戦うでしょう。
このCOVID-19の経験が次の戦いに役立つことができるか、
科学や医学というよりも、政治や民度に左右されそうです。



加茂荘
2020/6/7 10:57 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 60mm F2.8 PRO
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 Natural 加茂荘花鳥園



加茂荘
2020/6/7 10:09 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
46mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 加茂荘花鳥園



加茂荘
2020/6/7 11:27 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
230mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 加茂荘花鳥園



加茂荘
2020/6/7 11:34 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 加茂荘花鳥園



加茂荘
2020/6/7 11:42 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
92mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 加茂荘花鳥園



梅雨入りしたとはいえ、マスク常用では体感は真夏です。
連日炎天下で数時間仕事をするためさすがにキツイです。
先週金曜は気温が27度にもかかわらず熱中症気味でした。
これからはコロナだけでなく、熱中症、食中毒、豪雨との闘いです。
そして乗り切っても、再び感染症の冬がやってきます。
私たちは目に見えないウイルスと「恐怖」の両方と
戦い続けなければならないのでしょうか。




[edit]