FC2ブログ

かっぱのあしあと

新しい普通 




もう緊急なんちゃらでもないし、自粛自粛と騒ぐこともない。
でもマスクをしましょう、社会的距離(?)をとりましょう、
利用者数は制限します、県境を跨ぐ移動は控えましょう。
これがコロナ後(←?)の当たり前、「ニューノーマル」

感染に注意しながら経済を動かしましょうということ。
でも利用者が半分、席数も半分、できるだけ移動するなでは
とても採算どころか赤字が累積するばかりです。
しかも感染対策に今まで以上のコストがかかります。

その上インバウンドは全く期待できないし、
輸出産業だって海外の事情からビジネスになりません。
ワクチンや特効薬が間に合わない間にも感染者が増えています。
第二波とかアフターコロナとか言っていられない状況です。
やはり政府も行政もおかしいとしか考えられません。



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/14 10:26 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/125秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 極楽寺



ビフォーコロナのように活動するわけにはいかない、
でもこのままでは確実に日本の経済は破綻するでしょう。
観光への依存、来日外国人への依存、輸出産業への依存は
本来日本の産業を支えてきたとはいえ、コロナ後も
同様に依存し続けることはできず、新たな経済モデルを
作り上げるのは並大抵ではありません。

少子高齢化、東京一極集中、格差社会を抱えながら
さらに感染症対策や毎年の自然災害にも対応が迫られます。

最初に中国で集団感染肺炎が伝えられたのは昨年12月31日。
それから半年経っても先行きが見えない毎日はいつ終わるのでしょう。




スポンサーサイト



[edit]

我に力を 



春の染井吉野は、一斉に咲いて散ってしまうので
こちらとしては撮影チャンスはごくわずかです。
それに比べれば、秋の紅葉は2ヶ月ほどをかけて
毎週場所を変えながら楽しめるのはいいのですが。

紅葉の名所の多くは「散策」を要求します。
マイクロフォーサーズとはいえそれなりの装備は重く、
渓流沿いに数キロ歩くとかなると大変です。
「風景」(ランドスケープ)写真なら広角レンズメインで足りますが、
ネイチャーは望遠も超広角も時にはマクロも使います。

年々衰える体力と相談しながらポイントを選んだり、
天候や色づき具合を調べては計画を練ったり。
ただここ数年は色付きが悪く、時期がズレがちです。
自然相手なので仕方ないけど、訪れる先々で
美しい光景に感動する機会も減っている気がして残念です。


自然湖
2019/11/3 16:17 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
28mm相当 絞り優先AE(f/5.6 8秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:100 Natural 自然湖



木曽馬の里
2019/11/3 10:33 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
32mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/640秒 +0.0EV) WB:5600K ISO:200 Natural 木曽馬の里



木曽馬の里
2019/11/3 11:58 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 木曽馬の里



開田高原
2019/11/3 11:25 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
150mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/640秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:200 Natural 木曽馬の里



自然湖
2019/11/3 17:00 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
28mm相当 絞り優先AE(f/4.0 8秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:400 Natural 自然湖



一部報道では、オリンパスのCEOが
映像事業の売却を否定していた発言を撤回したとのこと。
つまり近いうちに映像事業を他社へ売却し、
コニカミノルタとソニーのようなことになるかもというのです。
縮小する市場にこれ以上拘り続けるのは会社の存続にも関わります。
一方で多くのユーザーにとっては残念なニュースでもあります。

今後どのように経過するかは分かりませんが、
オリンパスに限らずニコンもリコー(ペンタックス)も
同様に映像事業は不調で生き残りもままなりません。
10年後とかに果たして依然カメラメーカーは存在するのか、
あるいはまったく別の機器で写真を撮り続けているか、
誰にも予想は出来ないでしょう。



[edit]

変遷というもの 




早いもので今年もあと一ヶ月あまり。
来年のCP+も2月下旬開催なのであと3ヶ月ほどです。
五輪イヤーには主要メーカーから最高級機が出ていましたが、
来年にはニコンとキヤノンのフラッグシップ「一眼レフ」登場予定です。
レフ機のフラッグシップはこれが最後になるでしょう。

昨年来続々とフルサイズミラーレス機が登場しましたが、
当初予想されていた規模とはかけ離れた販売状況のようです。
コンデジは相変わらずスマホに食われて絶滅危惧種。
(シグマfpが話題になっているけど瞬間風速でしょう)
来年のCP+の目玉は何になるのか不安にすらなります。

先日の新天皇の祝賀パレードでは、観客の頭上に掲げられた
カメラのほとんどがスマホで、一眼やコンデジは少数派でした。
30年前の平成のパレードの頃はというと、まだデジカメすら普及しておらず
(カシオのQV-10発売は平成7年)時代の流れの早さを痛感します。
30年後はおろか10年後でも、スマホの存在すら分かりません。

しかし一方で写真を撮る人は増えているし写真自体も激増しています。
撮影する道具がカメラからスマホに代わったというだけで、
決して写真文化が衰退したわけではなく、むしろSNSを通じて
より一般化し拡大している分野でもあるわけです。
数年後には、ほとんどのアマカメさんらもスマホや
スマホをベースにした新世代型のカメラを使っているのかも。


雲場池
2019/11/4 9:11 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/320秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:200 Natural 雲場池



雲場池
2019/11/4 9:42 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/200秒 -0.3EV) WB:6000K ISO:200 Natural 雲場池



雲場池
2019/11/4 9:27 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
92mm相当 絞り優先AE(f/5.0 1/125秒 -1.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 雲場池



雲場池
2019/11/4 9:45 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/400秒 -0.3EV) WB:6000K ISO:200 Natural 雲場池


2019111805.jpg
2019/11/4 9:50 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:400 Natural 雲場池


オリンパスのE-M5 MarkIIIは今週末には手に入ります。
ただそれ以降に期待できる新機種の登場はすぐになさそうなので
来年のCP+は恐らく行かないことになりそうです。
あと3ヶ月で、五輪イヤーらしい楽しみがあるのかないのか、
先細りするカメラ業界にはあまり期待しない方がいいのでしょうか。



[edit]

動き続ける一眼 




先ごろニコン、キヤノン、オリンパスに関する
光学機器販売状況のニュースを相次いで目にしました。
昨年の今頃はニコン、キヤノンに続きパナソニックなども
フルサイズミラーレス一眼カメラの発売を発表して
時代の変化と新たな展開への期待が高まりました。
また今年のCP+でも各ブースではタッチ&トライに行列が出来、
2019年は一気にフルサイズミラーレスへの転換を予感しました。


開田高原
2019/11/3 11:29 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/500秒 +0.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 開田高原


それから数ヶ月、ニコンやキヤノンは大幅な下方修正を余儀なくし
オリンパスも映像事業の回復がはかれませんでした。
特にフルサイズミラーレスカメラの販売が、予想されていたよりも
かなり販売数が少なく激震ともいえる状況となっています。
主な原因としては、米中貿易摩擦の影響や自然災害に伴う
サプライチェーンの崩壊、更なるスマホの高性能化などがあります。


八千穂高原
2019/10/28 8:27 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/160秒 +0.7EV) WB:5600K ISO:200 Natural 八千穂高原


これらの報道に対するカメラファンの反応にも様々あって、
最初からもっとハイスペック機を投入すべきだったとか
レンズのラインアップが揃うまでは買い換えられないなど
昨年の熱気はどこへやらという冷ややかなものが目立ちます。


八千穂レイク
2019/10/28 6:47 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
158mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 +0.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 八千穂レイク


そんな中にあって、ソニーだけはなんとか持ちこたえています。
コスパの高いα7IIIが好調で、Eマウントレンズも揃っているためです。
そのソニーがフルサイズミラーレス機を発売したのは6年前。
ニコンもキヤノンもパナソニックもまだこれからでしょうか。
待ちきれないのならソニーでしょうが、今から新システムに
乗り換えようという方はキヤノンなども選択肢になりそうです。


八千穂レイク
2019/10/28 6:58 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
42mm相当 絞り優先AE(f/7.1 1/50秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:200 Natural 八千穂レイク


私は相変わらずマイクロフォーサーズのオリンパスです。
フルサイズがいいのは分かっているものの、
これからシステムを入れ替えるにはコストがかかりすぎます。
また普段の多くはOM-D2台とレンズ4本を持ち歩くのですが、
それだけでも長距離歩くには体力的に堪えます。
MFTがなくならない限りは使い続けるだろうと思います。


八千穂高原
2019/10/28 8:19 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:400 Natural 八千穂高原


スマホは複数レンズで望遠にまで対応可能になってきました。
手軽な画像処理やネットとの親和性ではスマホに分があります。
一眼カメラの今後数年の展開はまだ読みきれませんが、
「写真」という楽しみだけはいつまでも無くならないことを願います。





[edit]

第三世代 



オリンパスは10月12日に創業100周年を迎えました。
かねてから100周年記念に何かあるのか!と期待されていたものの、
結局はE-M1 MarkIIのシルバー仕様が台数限定で発売されたのみ。
鳴り物入りで2月に発売されたフラッグシップE-M1Xも
何だか中途半端な割りに非常に高価で手も出せず。

そしてOM-Dの中核を担ってきたE-M5シリーズ3代目となる
E-M5 MarkIIIが先日発表され11月下旬に発売されます。
高性能・高画質・高機能をコンパクトなボディに凝縮するという
歴代のコンセプトはそのままに、上位機種E-M1 MarkIIの
センサーやAFなどを取り入れてブラッシュアップしました。

ボディは樹脂化されたため軽量化が進み新たにUSB充電に対応。
手ぶれ補正やAF性能はE-M1 MarkIIに比肩するまでになりました。
一方でファインダー倍率、連写枚数でやや劣り、さらに
小型機向けのバッテリーになったことで撮影枚数も減りました。
しかも純正のバッテリーグリップの設定が無く、日周運動などの
長時間に渡るライブコンポジット撮影は事実上不可能です。



浜名湖ガーデンパーク
2019/10/7 12:46 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Micro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/125秒 +0.7EV) WB:4000K ISO:200 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



では「買い」か?
センサーも画像処理エンジンもE-M1 MarkIIと共通なので
恐らく画質はほぼ同程度と予想できます。
アートフィルターなどの機能面も同じ、手ぶれ補正やAF性能も同じ。
価格的にはボディで4万円ほどの開きがあるものの、
バッテリーの容量やバッテリーグリップの有無、
連写枚数の差や上級機種らしい細かい機能など
やはりE-M1 MarkIIの優位性があるので
今しばらくは様子見、あるいはパスとなりそうです。

もっとも、コンパクトなプレミアムレンズには
より小型で軽いE-M5系の方がバランスが合います。
かといっていつまでも1600万画素のMarkIIは更新したい。
う~ん、悩ましいところです。


[edit]