FC2ブログ

かっぱのあしあと

諦めの秋 




前回の記事でも触れましたが、遠征用のSUVが鹿との衝突で破損し
板金工場へ入庫中のため、現在は通勤用の軽自動車しかありません。
普段の通勤も往復100キロを走っており、多少の長距離ぐらいなら
県外の紅葉を追うこともできそうかと計画していました。
しかし今週末見頃になる軽井沢も木曽路も4時間以上はかかります。

また軽自動車での車中泊は十数年前に経験ありますが、
かなり窮屈でかえって疲れてしまうほどです。
今ならビジネスホテルなどへの宿泊も安いので
無理して車中泊しなくてもいいのですが、
やはり往復8時間以上のドライブは休み明けの仕事にも影響します。

幸いにして紅葉の場合、短期間しか見られない桜と違って
毎週のように行き先を変えながら楽しむことができます。
まだまだ山梨や静岡でもあちこちへ行くことになりますので
大変残念ですが、今年はこれ以上の長野行きは断念しようと思います。


八千穂高原
2020/10/26 7:08 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
42mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/100秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:200 Natural 八千穂レイク



八千穂高原
2020/10/26 6:19 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
86mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/80秒 -0.3EV) WB:5500K ISO:1000 Natural 八千穂レイク



八千穂高原
2020/10/26 8:55 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
164mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/3200秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 八千穂高原



八千穂高原
2020/10/26 9:28 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/640秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 八千穂高原



八千穂高原
2020/10/26 11:59 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
194mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/200秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:1000 Natural 八千穂高原自然園



遠征用のSUVには、出先で何があるか分からないだろうと
「車両保険」を付帯していたため、今回は出費なしで済みます。
これまでも初めての場所へ真っ暗な深夜に訪れることもあるので
車両保険とロードサービスは万一の備えに必要だと思っていました。

しかし鹿との衝突というアクシデントは想定外でした。
衝突した瞬間は、こんなに離れた場所で動けなくなったらどうしようという
不安が一番でしたが、幸いエンジンやタイヤの損傷はなさそうなので
バンパーなどの外れかけた部品をむしりとってしまえば自走可能でした。
ボンネットとフェンダーのみを残し、配線類はテープで固定しました。

ライトが無いので明るくなるのを待って帰途に着きました。
若干ラジエーターが曲がっているため、時々冷却水の様子を確認します。
高速道路でトラブってはまずいので、一般道を慎重に走りました。
結局4時間半ほどかけて修理工場へそのまま持ち込みます。
あれほどの損傷で自走できたのは本当にラッキー(?)でした。

皆さんも、車両保険とロードサービスは是非加入することをおススメします。



[edit]

秋の光と 




ニコンの新機種が出たとか、
Eマウントの新レンズが出たとか、
フルサイズ界隈の賑やかさに対して
オリンパスは100-400mmレンズを出したものの
カメラ界の辺境にいることには変わりないですね。

今年は2月末にE-M1 MarkIIIを買って以来買い物はありません。
その前は昨年11月のE-M5 MarkIII、更にその前は1月に
E-M1 MarkIIの中古を買い足しと、ほとんど大きな買い物も無し。
ニコンやキヤノンのフルサイズミラーレスを導入していたら、
恐らく100万円を遥かに超える出費をしていたでしょうね。

オリンパスのレンズロードマップにある広角ズームを
待ち望んでいますが、その前に気になっていたレンズを入手しました。
M.ZUIKO 12-200mm F3.5-6.3という超高倍率ズームです。
既に14-150mm F4-5.6や12-100mm F4 ISを持っていますが、
前者は広角と画質が足りず、後者は重く大きいのが難です。

12-200mm F3.5-6.3はこの2本の中間的なサイズと重さで、
E-M5系とのマッチングで手軽に持ち出せそうなことから
溜まったポイントを使って購入に踏み切りました。
実際の使い心地や画質などは今後採り上げてみたいと思います。



浜名湖ガーデンパーク
2020/10/13 10:07 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +0.7EV) WB:5800K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/10/13 10:36 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 +0.7EV) WB:5600K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/10/13 11:10 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:320 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/10/13 11:26 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
194mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 +1.0EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/10/13 16:47 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 +1.7EV) WB:6000K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



Go Toなんとかですっかり終わった感のコロナですが、
実際はまだWithコロナにあるのは変わりなく、
むしろ欧州での感染再拡大など予断を許しません。
カネを使わせることばかりの話題、まだ見ぬワクチン無き時代の
最善の過ごし方、再びの感染拡大時の備えはどうするのか、
不安を覚えない人はいないだろうし、今だに何を信じたらいいのか
分からぬまま一年が過ぎようとしています。



[edit]

秋へ落ちる 



10月ですね。
本格的に秋です。
そろそろ遠征も始めようかと思うのですが
年々体力と時間とお金が気になってしまいます。
いつも行くポイントは例年より空いているだろうか、
逆にGoToがらみで混んでいるとも限らないし。
今から毎週末の予定を考えないとですね。



久留女木
2020/9/27 13:05 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
150mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久留女木



久留女木
2020/9/27 12:50 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
128mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久留女木



久留女木
2020/9/27 11:41 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/400秒 -0.3EV) WB:5500K ISO:400 Natural 久留女木



久留女木
2020/9/27 12:07 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
26mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/80秒 +0.0EV) WB:5500K ISO:64 Natural 久留女木



久留女木
2020/9/22 9:08 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/400秒 -1.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久留女木



10万円くらいの欲しいモノがいくつかあるけど、
いざとなるとなかなかポチれない。
コロナ禍で収入も減り、買い物にも相当な勇気が要るように。
まぁ手持ちのモノでしばらくは凌いで来年にしようかな。
フルサイズミラーレスユーザーだったら今頃破産していたかな(汗




[edit]

人智の限界 




ようやく秋めいてきました。
今年の秋はどうでしょうか。
猛暑と多雨で紅葉の色づきが気になります。
彼岸花も例年より一週間ほど遅れての開花だそうで。
陽気はコロナとは関係ないけど、
異常な状況という意味ではつながっているのかなと。


久留女木
2020/9/27 10:50 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/160秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久留女木



久留女木
2020/9/27 11:25 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
194mm相当 絞り優先AE(f/9.0 1/200秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久留女木



久留女木
2020/9/27 13:00 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
190mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久留女木



久留女木
2020/9/27 11:48 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
32mm相当 絞り優先AE(f/8.0 1/64秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久留女木



久留女木
2020/9/27 11:03 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久留女木



涼しくなってきたせいでしょうか、
来年の五輪はできるよとか、コロナは無くなってるさといった
呑気な楽観が人々の気持ちを支配し始めています。
まだ姿形も見えないワクチンを前提に頼るとか
インフルエンザや熱中症とコロナの区別はどうするかとか
人類がまだ克服できていない事柄に対する甘い認識が
このまま来年も続いていくのかと暗澹たる気持ちしかありません。




[edit]

出口無き隧道 




いけませんね、もう少し更新しないと^^;

ようやく涼しくなってきたので動きやすくなりました。
4連休の最終日でしたが、どこへ行っても大混雑です。
決してコロナは収束したわけではなく、「経済を回せ」という
政府の呼びかけをまるで全てが終わったかのように
誤解してしまった行動のように見えます。

まだ一部の都民をはじめ慎重な人もいますが、
道路、鉄道、空港や観光地の混雑具合を見ると、
必ずやこの「結果」は跳ね返ってくるだろうと思います。
問題は再びそうなった時にどう対処するかで、
連日感染者数を発表するだけで何もしない政府や都のために
年末年始はロックダウンなんてことにならなければいいのですが。



久留女木
2020/9/22 9:51 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
46mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久留女木



久留女木
2020/9/22 9:19 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
146mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久留女木



久留女木
2020/9/22 9:22 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +1.7EV) WB:5000K ISO:1250 Vintage 久留女木



久留女木
2020/9/22 10:05 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
240mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 ToyPhoto 久留女木



久留女木
2020/9/22 10:29 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 久留女木



今後台風での避難生活、インフルエンザの流行など難問は山積です。
そんな最中の絶望的な首相交代が追い討ちをかけます。
もう私たちには打つ手は無いのでしょうか。






[edit]