FC2ブログ

かっぱのあしあと

花も実もあるか 




2月28日、オリンパスから「E-M1 MarkIII」が発売されました。
先代となる「MarkII」が発売されたのが2016年12月22日、
3年余りのスパンを経ての新型となるのですが、
「E-M5 MarkIII」の時と同様にあまり変化がないという声があります。


2020030201.jpg


正面から見た限りでは、向かって右下にあるエンブレム以外に違いは認められません。
この場所にあるのはE-M1XとE-M1MarkIIIのみでE-M5 MarkIIIにはありません。


2020030202.jpg
<上がE-M1 MarkII 下がE-M1 MarkIII>

最も分かりやすい違いは背面側です。
E-M1Xで好評だったマルチセレクター(ジョイスティック)が追加されました。
従来十字キーや液晶モニター上で行っていたフォーカスエリアの
移動が素早く直感的に行えるのが非常に快適です。
ただしバッテリーグリップには付いておらず、縦位置では十字キーを使います。

MarkIIで「INFO」」ボタンの位置にセレクターが置かれたため、
「INFO」ボタンは従来の「MENU」の位置に移動し
「MENU」ボタンは左上の端に移動しました。
メニュー画面の呼び出しに若干戸惑いを感じます。

一方で期待された液晶モニターやEVFのスペックアップは見送り。
この辺は使い勝手に影響するので画素数を増やして欲しかったです。


2020030203.jpg
<上がE-M1 MarkII 下がE-M1 MarkIII>


上から見たときに気がつくのは、ホットシューの色が黒から銀に変わったこと。
正面にあるエンブレム同様、この辺のデザインはやや不評なようです。

モードダイヤルの項目も変わり、「i-AUTO」「ART」が無くなり
「B」(バルブモード)と「C4」(カスタム登録4項目目)に入れ替えです。
個人的にはどちらも歓迎で、星景撮影などでのバルブモードへの
切換がしやすくなり、カスタムの4つ目にハイレゾなども追加できます。

これまで「Fn1」「Fn2」とあった表記が無くなり「ISO」と「露出補正」に変更。
露出変更はダイヤルでダイレクトに出来るのでボタンの必要性が疑問です。
左肩のボタンの機能も微妙に変更されています。


さてMarkIIIの特徴は、
・画像エンジンが「TruePix VIII」から「TruePix IX」にバージョンアップ
  通常画像エンジンが変わると画質やノイズ特性などが改善されます。
  まだ実写していないし具体的なレポートもないので未確認です。

・手ぶれ補正が5.5段(本体のみ)から7段(同)へ向上
  さらに12-100mm F4 PROとの併用では6.5段から7.5段へ向上
  MarkIIでは15秒手持ち撮影で2割程度成功しましたが、
  MarkIIIではさらに歩留まりが上がると期待できます。

・手持ちハイレゾ撮影が可能になった
  MarkIIでは三脚を使っての50Mハイレゾショット機能がありました
  MarkIIIになって手持ちでの5000万画素相当ハイレゾ撮影が可能になりました。
  さらに三脚固定なら8000万画素相当の「三脚ハイレゾ」撮影も可能です。
  ハイレゾショットは、遠景の森林など周波数の高い対象に有効で、
  手持ちで撮影可能になったおかげで手軽に楽しめます。

・ライブNDで三脚&NDフィルター要らずに
  渓流や滝などで流れを表現する際、三脚に固定しNDフィルターで
  スローシャッターでの撮影が必要でしたが、ファインダーで効果を
  確認しながら1~5段の範囲で切り替えながら同じような効果が得られます。
  大幅に荷物が減らせるほか、NDフィルターの使えない出目金レンズでも
  同様のスローシャッター撮影が楽しめるのは大変嬉しい機能です。

・USB充電&給電が可能に
  E-M5 MarkIIIでもUSB充電が可能ですが、給電しながらの撮影は不可。
  E-M1 MarkIIIになってE-M1X同様に撮影中の給電が可能になりました。
  移動中にもUSB端子からの充電ができるので機動性が増します。
  長時間のコンポジット撮影でもバッテリーの心配が要りません。

・新機能の「星空AF」搭載
  従来の星景撮影では、拡大表示した星の像を見ながら
  フォーカスリングを微妙に動かしてのピント合わせをしていました。
  「星空AF」では、まったくのカメラ任せでオートフォーカスできます。
  ソフトフィルター併用時でも利用できるようです。

これ以外にも、「顔優先・瞳優先AFの進化」「AFエリアの循環移動」
「シャッターユニット耐久回数が20万回から40万回へ向上」
「ライブコンポジット最長時間が3時間から6時間へ」など
E-M1Xの機能を取り込みながらコンパクトにまとめた感じです。

外観の変化が少ないのであまり大きな話題になっていないようですが、
実際には大きく内容が進化しているのが分かります。
実写は来週以降になりますが、手持ちハイレゾなどの新機能を
早速試してみたいと思っています。


ところで現状ではE-M1 MarkIIが併売されています。
センサーやEVFなどは共通だし、MarkIIでも十分に高機能です。
MarkIIIボディの店頭価格が発売直後とはいえ20万円弱なのに対し、
MarkIIボディは12万円あまりと大変値ごろになっています。
MarkIII独自の機能が必要でなければかなりお買得です。


  

スポンサーサイト



[edit]

戸惑いの春 




毎日ずっと新型コロナウィルスのニュースばかり。
もはや新たな感染者が出ようと驚かなくなりました。
27日現在、感染者は226名、死者は4名出ています。
もっとも感染者数は、検査数に比例する可能性もあり
(北海道で異常に多い一因とも)実態は数万とも数十万とも言われます。

ほんの数日前まではクルーズ船と屋形船関連だけの問題かと
捉えられていた感がありましたが、今や日本全国に広がっています。
水際対策は完全に失敗し、次はいかにして感染者を増やさないか、
重傷者や死者を出さないかが喫緊の課題となってきました。
そして全国規模の休校要請もあり完全にパニックに陥っています。

人が集まる行事は軒並み中止となり、経済への影響が拡大しています。
先月TVで見た武漢の景色が、もうじき日本でも見られるかもしれません。
マスクは底を突き、トイレットペーパー不足のデマにまで惑わされます。
人々は不安とストレス、そして経済的な負担が増大する一方です。
この状態がいつまで続くのか見通しも分かりません。

身近なところでも行事がなくなるばかりだし人出も減っています。
今年の桜の開花は平年より一週間から10日ほど早まるらしいです。
3月中旬に見頃となったとしても、ほとんどの「まつり」は自粛でしょう。
そうなるといよいよ観光や経済の打撃は絶望的な規模になります。
これから楽しみな桜の季節がやってきますが、はたして例年のように
撮影などができるのか大変きになるところです。


浜名湖ガーデンパーク
2020/2/10 11:35 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/250秒 +0.7EV) WB:5300K ISO:320 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/2/10 11:13 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/2/10 11:58 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
240mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/2/10 12:50 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.0EV) WB:5500K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/2/10 15:02 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



そういうわけで、この春以降の活動が減退する可能性があります。
いつもなら行く場所を外したりして撮影機会が減ると思います。
ここへ上げる画像も減るかもしれませんのでよろしくです。


[edit]

社会の病理を乗せて 




去る2月15日に放映されたNHKスペシャル
「車中の人々 駐車場の片隅で」はある意味で衝撃的でした。
昨年群馬県で、親子三代が車上生活していて、亡くなった母親の遺体を
車中に放置したとして女性が逮捕される出来事がありました。
それからNHKは全国1160箇所の道の駅を調査し長期にわたる
車上生活者たちの実態をレポートしたのでした。

私も撮影行の際、道の駅などで「車中泊」することはあります。
道の駅は無料で24時間駐車できトイレなどの設備もあるため
深夜になってもキャンピングカーや窓に目張りをしたクルマで溢れます。
そんな中に、数ヶ月とか数年もの間点々としながらクルマの中で
生活する人々が少なからず存在することが分かってきたのです。

車上生活というと、震災で住居を失った被災者が致し方なく
自家用車の中で生活をするケースがよく知られています。
しかしNHKの番組に出てきたのは、単純に住居を失ったとかいうのではなく
それぞれ異なる理由で家に住めなくなった人々でした。
ある人は経済的な困窮からアパート代を払えず、生活保護も受給できずに
(クルマを持っていると原則的にもらえない)車上生活者へ。
またある人は家族のDVから逃れるため、あるいは痴呆が始まった
家族から目が離せないため、中には人間関係に疲れて住むことをやめた人も。

さらに深刻なのは、そのまま亡くなってしまう人が後を絶たないとか。
一度車上生活を始めてしまうと、なかなか抜け出せないのも実態です。
そういった人々を支援するNPOもありますが、まだまだ行き届いていません。
また車上生活者の多くは、心まで閉ざしてしまい支援を拒絶する人もいます。
番組では、粘り強く話しかけて支援を受け入れ再び居住するまでも描きます。



河津町
2020/2/17 9:32 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.7EV) WB:5300 ISO:200 FantagicFocus 河津町



河津町
2020/2/17 9:57 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 +0.7EV) WB:5300 ISO:200 Vintage 河津町



河津町
2020/2/17 12:05 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -0.3EV) WB:5300 ISO:200 Natural 河津町



河津町
2020/2/17 9:11 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 +0.7EV) WB:5600 ISO:200 Natural 河津町



南伊豆町
2020/2/17 14:14 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/6400秒 +0.7EV) WB:5600 ISO:200 Vintage 南伊豆町



車上生活者にとって、クルマは雨風を凌げるし人間関係から逃れるし
生活費を削れる(冷蔵庫が無いので食費はかさむ)など
最後に逃げ込める場所ではあるけれど、決して天国ではない。
貧困、格差、無関心、孤立、社会が抱える様々な病理が
小さなクルマの中に押し込められ、今日も駐車場の片隅で
暮らしている人々がいることは、意外と知られていません。


[edit]

いつもと違う春 




今月初め以来、連日もちきりの話題といえば
「新型コロナウイルス肺炎」で、毎日感染者数などが
アップデートされ日本はもはや第二の武漢かと言われています。
特にクルーズ船の乗員乗客の新規感染者は毎日二桁の増加、
更に日本各地で感染者が見つかっては報道されています。

中国では多くの死者が出ているとはいえ、まだ日本は1名のみ、
全体としては肺炎としてはそれほど危険ではないとも聞きます。
既往症を持つ人や高齢者に死者が集中しており、従来の肺炎や
インフルエンザと比べ殊更に危機感を煽り立てる必要もなさそうです。
ただ「新型」ゆえの高い不安や対応の遅れは否めず、
もうしばらくは国内外での感染者拡大は続きそうです。

先日伊豆の河津へ訪れましたが、桜がピークだったのに対し
観光客数は(印象として)旧来の6割程度しかいなかったです。
特に外国人と思しき方は非常に少なく河津川沿いの遊歩道も
すれ違うにも困難なほどだった昨年より明らかに少なかったです。
コロナウイルスの観光への影響は、中国からの来日客だけでなく
他地域からの来日や日本国内の観光客も減らしているようです。

観光だけにとどまらず、中国からの部品供給停滞や逆に中国への
輸出減少といった経済的な影響は計り知れません。
さらに日本でも各地で人が集まるような行事やイベントが中止され
企業はテレワーク対応などと中国の事情が伝播しつつあるようです。
このまま感染が収まらない場合、春からGWにかけての行楽シーズンは
大打撃を受けるだろうし、消費やビジネスにも影響が長引けば
ますます仕事も暮らしも不安や停滞に見舞われることでしょう。

仮に夏までに終息できたとして、来年以降も同じように「新型ウイルス」が
出てこない保証はないわけで、今回の「失敗」に向き合い
教訓を得て新たな失敗を繰り返さないことが重要です。


河津桜
2020/2/17 11:36 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
212mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2020/2/17 10:16 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
190mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2020/2/17 9:45 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 +1.3EV) WB:5600K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2020/2/17 9:06 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/640秒 +0.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2020/2/17 13:49 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + ND16
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/20秒 +0.7EV) WB:5600K ISO:200 Natural 南伊豆町



当初はこの前の週に行こうと思っていましたが非常に寒かったのと、
観光協会のHPではまだ6分咲きとのことだったので一週見送りました。
しかし先週後半に20度を超える高温が続いて一気に咲いてしまい
私が訪れたこの日は一部散った後で見応えはいまひとつでした。
それでも鮮やかな色合いと賑わいは河津の春ならではです。

今のところ花の開花が早まっていますが、染井吉野などはどうなるか
暖冬の影響やコロナウイルスの状況も合わせて気になります。


[edit]

おいまじか 




2010年以来毎年この時期に開催されてきたカメラと写真の
ワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)」
私は昨年始めて訪れ、その規模と盛り上がりに感嘆しました。
今年も2月27日から3月1日までの4日間開催予定だったのです。
しかし14日、カメラ映像機器工業会(CIPA)は一転開催を中止しました。


2020021606.jpg


パシフィコ横浜は大変広いとはいえ相当な数の来場者が行き交います。
何よりカメラなどの展示機器を不特定多数の方が触れるため
万一感染者が来場した場合を想定すると致し方ない判断でしょう。
2月6日にはCIPAから予定通りの開催を知らせるメールが届きました。
しかしその後の中国などでの感染拡大、とりわけ横浜港に停泊する
クルーズ船での感染者増加は大きく影響したと思われます。

開催直前の中止よりは、この段階での発表がよかったと思います。
楽しみにしていた多くの方には残念ですが、また別の機会あるいは
来年のCP+2021へ期待しながら待つしかありませんね。
それより、まずは新型コロナウイルスの終息を願うばかりです。


熱海
2020/2/2 19:38 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1.6秒 +0.0EV) WB:3800K ISO:3200 Natural 来宮神社



熱海
2020/2/2 18:01 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/13秒 -0.7EV) WB:4500K ISO:1600 Natural 糸川遊歩道



熱海
2020/2/2 18:44 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/8秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:1600 Natural 熱海サンビーチ



熱海
2020/2/2 18:21 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
76mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/30秒 -0.7EV) WB:3500K ISO:1600 Natural 銀座町



熱海
2020/2/2 18:55 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/5.0 1/6秒 -1.3EV) WB:4000K ISO:1600 Natural 熱海サンビーチ


私は今年も最終日の3月1日に行こうと予定していました。
しかし中止となったのでまた来年にお預けです。
その直前に入手できそうなE-M1 MarkIIIの試写に変えようと思います。



[edit]