かっぱのあしあと

徳俵はそこに 



河津で櫻に興じていた最中、ニュースが飛び込みました。
13日にニコンはコンパクトデジカメDLシリーズの発売を中止しました。
昨年2月に発表、CP+でも実機が展示されていながら、
発売が延び延びになったまま1年になろうというときでした。
このニュースはカメラ関係だけでなく、経済紙や一般紙の
経済欄にまで採り上げられ話題となりました。

さらに同日発表された2017年度の連結決算は、当初の60億円から
90億円に及ぶ赤字の増額を予想していました。
その原因はカメラ販売の減退が大きく、熊本地震の影響もありました。
そして1000人を超える希望退職者も報道されています。
今年のCP+でのニコンの展示スペースが大幅に縮小していたので
若干気になっていたものの、一旦発表した製品の発売を中止するなど
まさかここまで大変な状況だとは思いも寄りませんでした。

一方で昨日はキヤノンがエントリー一眼レフモデルやコンデジなど
多数の新製品を発表し、CP+での展示の後発売が予定されています。
熊本地震の影響が最小限だったこともあって、
どこか勢いの違いを見せ付けられた感がありますが、
キヤノンとて決して安閑をしていられないのは事実です。

昨年はコンデジが大幅に不振だったのに対し、レンズ交換式は
そこそこ堅調に推移し何とか全体の落ち込みをカバーしました。
そのレンズ交換式デジカメでは、ソニーやオリンパス、フジフイルムに
パナソニックなどミラーレス陣営が席巻し、キヤノンは末席です。
Mシリーズの投入を気にシェア拡大を狙っており、注目されます。

果たしてニコンはどうなるのか、100周年を迎えた今年、
いい意味での転換点にして欲しいと願うばかりです。


河津桜
2017/2/13 11:34 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 11:05 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.3EV) WB:6000K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 14:31 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 9:16 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/500秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 18:42 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
40mm相当 マニュアル露出(f/13 20秒) WB:3000K ISO:640 Natural 河津町


発売が予定されていたDLシリーズのうち「DL18-50 f/1.8-2.8」は
超広角ズームレンズを持つ唯一の高級コンパクトになるはずでした。
個人的には、「DL24-500 f/2.8-5.6」がオールマイティに使えて
手軽に持ち出せそうだと様子を見ながら発売を待っていました。
同種の高倍率機ではソニーやパナソニックなどがありますが、
大きさや重さで難がありAF性能も含めてニコン機に期待していたのですが。

既にコンデジでは選択肢が極端に減ってしまいました。
このままカメラ産業が衰退してしまえば、写真を楽しむ手段自体も
次第に縮小あるいは消滅してしまいかねません。
映像の記録は、後世に時代を伝える重要な手段でもあります。
どうか写真文化がなくならないよう、頑張って欲しいですね。



ところでこの河津での撮影中、E-M1 MarkIIに不調発生です。
バッテリーグリップ側のコマンドダイヤルと内蔵した
バッテリーが本体に認識されなくなり、操作不能となりました。
他のボタンやシャッターは使えるし、何度か着脱などを試したものの
症状は変化がなく、昨日販売店を通じてカメラ本体及び
バッテリーグリップは一旦メーカー送りとなりました。

今のところE-M1やE-M5 MarkIIがあるので困りませんが、
櫻などの撮影が続く時期だけに早く戻って欲しいです。



スポンサーサイト

[edit]

E-M1 MarkII 星景編 



本年も引き続きよろしくお願いします♪

早速ですが、E-M1 MarkII 試写の続きです。
今回は星景スペシャル。

なのですが、E-M1 MarkIIの超強力な手ぶれ補正をご覧ください。


2017010201.jpg
2016/12/30 21:20 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 マニュアル露出(f/4 15秒) WB:4200K ISO:5000 Natural 御前崎

手持ちです。15秒です。止まってます!
オリンパスの開発者が、「手持ちで天の川を写すのが目標」と言っていました。
それならばと星が写るように感度を上げてチャレンジしました。

4秒、8秒、まだ止まる、15秒ならどうだ。
被写体はほぼ真上、カメラを持って真上に向けて構えたまま
じっと息を殺して15秒間、真っ暗なEVFを覗きながら祈ります。
ノイズ除去処理が終わって見たモニターには、この星空が残されました。
冬なので天の川が薄いのですが、夏なら銀河が写っていたでしょう。

ちなみに15秒露出を10枚ほど撮影してそこそこ成功したのは3カット。
何にも寄りかからず、純粋に両手でカメラを保持しただけで撮れました。
息を止めても、鼓動でカメラが揺れるのを感じましたがちゃんと補正しています。
これからは手ぶれ補正ではなく鼓動補正の時代か?!



2017010202.jpg
2016/12/29 21:39 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
96mm相当 マニュアル露出(f/2.8 120秒) WB:4200K ISO:1600 Natural 朝霧アリーナ
M45(プレアデス星団:すばる)とヒアデス星団 おまけでNGC1647

E-M1 MarkIIを手にして、とにかく撮ってみたかったのが星景でした。
幸い連休に入ってから晴天続きなので、この日は西富士へ。
星撮りのメッカだけに、明るいうちから多くの「天キチ」が集います。
そのほとんどは大型赤道儀に望遠鏡をセットしての拡大撮影組。
せっかくそこに富士山があるのに、富士山そっちのけなんですね(笑


2017010203.jpg
2016/12/29 20:29 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 マニュアル露出(f/2.8 90秒) WB:4200K ISO:1600 Natural 朝霧アリーナ
ご存知アンドロメダ銀河(M31)と伴星雲(M31・M110)


2017010204.jpg
2016/12/29 23:43 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 マニュアル露出(f/2.8 120秒) WB:4200K ISO:1600 Natural 朝霧アリーナ
こちらもご存知オリオン座主要部(M42・馬頭星雲など)


2017010205.jpg
2016/12/29 23:54 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 マニュアル露出(f/2.8 90秒) WB:4200K ISO:1600 Natural 朝霧アリーナ
天狼星(シリウス)とM41


おおむねE-M1 MarkIIの星景適合性は高いといえます。
・バリアングルモニターになったので空にレンズを向けても操作しやすい。
・画素数が上がってノイズが小さくなったので見た目もキレイ。
・初代機に比べノイズそのものが少なく高感度にも強い。
・バッテリーが大容量になり残量も分かりやすくて撮影中も不安がない。
・リモートケーブルの挿し口がグリップ側になって使いやすい。
・ノイズ除去処理中、残り時間のカウントダウンが表示される。

一方でちょっと残念だった点も。
・「ライブバルブ」の感度の上限がISO1600のまま(3200ぐらいまで上げて欲しかった)
・LVブースト2の「重さ」が改善されていない(新画像エンジンに期待したのですが)
 これらはファームアップで対応できそうなので今後に期待しましょう。


ところで、この望遠レンズは一般の対象には大変シャープで
高画質なのですが、完全な点光源である星にはまだ厳しい。
それと300mm相当ではもう少し大きく撮りたいこともあるので、
今後Borgなどの単焦点望遠鏡も検討中です。


[edit]

E-M1 MarkII AF & 連写編 

E-M1 MarkIIの主な話題のポイントは
超・強力な手ぶれ補正とともにAF&高速連写があるでしょう。
初代機E-M1でも、ファームウェアアップデート(Ver.3.0)で
9コマ/秒(AF追従・AF固定では10コマ/秒)の高速連写を実現しました。

しかし像面位相差AFアリアが一眼レフ並みに中央寄りで狭く、
37点と少ないうえ全てラインセンサーだったため、
動く被写体への食いつきや補足に難がありました。
一方今度のE-M1 MarkIIでは、像面位相差AFセンサーを
11x11の121点に増やし、オールクロスセンサー化、さらに
縦75%横80%のエリアをカバーし被写体の捕捉を強化しました。

連写性能では、AF追従で最高18コマ/秒、AF固定では
なんと60コマ/秒という驚きの高速連写を可能にしています。
これらはいわゆる電子シャッターによるもので、従来のような
機械式シャッターでもAF追従10コマ/秒、AF固定で15コマ/秒です。

AF性能でも、連写性能でも、スペック上では完全に
一眼レフのフラッグシップモデルを凌駕してしまいました。
しかし実際に使ってみて、どの程度アドバンテージがあるのか、
あるいはむしろデジイチには及ばないのかを試しました。


富士花鳥園
2016/12/23 15:11 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
240mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 -1.0EV) WB:4000K ISO:200 Natural 富士花鳥園


まずは飛びモノに適した設定から。
AFは勿論C-AF、追従感度を設定できるのですが、動物類のように
不規則に前後移動する対象には感度を最大値(+2・俊敏)にします。
AFターゲットは「オール」「シングル」のほか、「9点」と「5点」を選べます。
こちらも動物にはやや広めの9点ターゲットモードが適しています。
ドライブモードは後述の「プロキャプチャーモード」に設定。


掛川花鳥園
2016/12/26 10:33 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 掛川花鳥園


「プロキャプチャーモード」というのは、シャッターを半押ししたところで
電子シャッターによる連射が始まり、内蔵キャッシュメモリーに記録し続けます。
そしてシャッターボタンを全押しすると、あらかじめ設定したコマ数まで遡って
連写し終わるまでのショットをメモリーカードに記録するものです。
コンデジでは既に実用化されていましたが、本格的なミラーレス一眼では
恐らく初めて(あるいは珍しい)のではないでしょうか。

これを使えば、撮りたい瞬間を認識してからシャッターを押すまでの
タイムラグを無くし、鳥の飛び立つ瞬間のようなチャンスをモノにできます。
ミラーを駆動する一眼レフでは(ライブビューでも使わない限り)実現できません。
ミラーレスカメラのメリットを最大限に活用した機能といえるでしょう。


掛川花鳥園
2016/12/26 10:34 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 掛川花鳥園


実際に飛んでくる鳥を撮ってみた印象ですが、AFエリアで
被写体を捉えている限り、デジイチと同等のAF性能はあるようです。
以前同じシチュエーションでニコンD4を試した際と比べると、
やはりD4のAF性能は圧倒的で、E-M1 MarkIIはそれに準じたといったところ。
ただしデジイチはAFエリアが(特にフルサイズでは)中央に集まっており、
E-M1 MarkIIは画面のほぼ全体をカバーするのでより補足しやすいです。


掛川花鳥園
2016/12/26 10:53 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 -1.0EV) WB:5600K ISO:200 Natural 掛川花鳥園


ただし問題がないわけではありません。
18コマ/秒での連写は電子シャッターを使うため、撮影中はほぼ無音です。
確かに撮れたのか不安で、いちいち確認したくなってしまいます。
しかし高速連写すると相当数のデータになるので、カードによっては
画像データの書き込みに時間がかかってしまい待たされます。
連写モードを多用する場合には、最新のUHS-IIカードを要求します。

またEVFはフレームレートが60fpsから120fpsへ高速化されている
とはいえ、OVFと比べるとまだわずかなタイムラグがあります。
そのため移動量の大きな被写体へカメラを確実に向けながら、
AFエリアで捉え続けるのは大変なスキルを必要とします。
場合によってはドットサイト照準器EE-1が要るかも知れません。


掛川花鳥園
2016/12/26 10:26 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.7EV) WB:5500K ISO:200 Natural 掛川花鳥園


電子シャッターといえば「コンニャク現象」と呼ばれる歪みです。
センサーの読み出し速度が遅いと、被写体が斜めに歪んでしまいます。
しかしE-M1 MarkIIはセンサーの読み出し速度を従来比3倍に、
画像エンジンの処理速度も3.5倍へ高速化したおかげで、
電子シャッター特有のひずみをかなり軽減しています。

目の前を横切る高速移動体を撮影するような場合、
縦方向に直線を持つ建物などがない限りあまり目立ちません。
背景が樹木や池などならまず気付くこともないと思われます。
これは動画撮影時にも効果を発揮します。


このように、E-M1 MarkIIはフラッグシップデジイチがほぼ独占してきた
高速AF&連写による動体撮影をミラーレス機で可能にしたといえます。
もっと習熟してファインダー内へ確実に補足できれば、
100万円近いニコンD一桁やキヤノン1Dなども必要でなくなるかも?

次回は手ぶれ補正と高感度画質を取り上げる予定です。



[edit]

E-M1 MarkII ファーストインプレ 



発売直後、販売店へ受け取りに行った際、
箱から取り出し手にした時の第一印象は「ややゴツイ」

グリップがやや大型化して背面も全体に若干大きくなりました。
しかし寸法的には、初代E-M1に比べ幅で+3.7mmの増加にとどまります。
グリップの分奥行きは+5.8mm、一方高さは-2.6mmとちょっと低くなっています。
これはホットシュー下のアクセサリーポートが廃止されたためです。


E-M1 MarkII


重さはというと、バッテリー・メディア込みでE-M1 MarkIIが574g、
E-M1が497gで+77g重くなりました。
昨日このボディにM.ZUIKO 12-100mm F4 PROレンズを装着し
2時間ほど歩いたのですが、痛みを抱える肘には少々堪えましたね。


E-M1 MarkII
まだ保護フィルム貼ってませんでした(汗
初代機はアイカップ無くすわ傷だらけだわ(大汗


E-M1 MarkII
左のMarkIIの方がグリップ幅が厚くなり持ちやすい
ストラップ取付金具の位置が変わって手に絡みません。


E-M1 MarkII
「スーパーコンパネ」は項目が増え覚えきれない(巨汗


今回の改善点で最も嬉しいもののひとつがバッテリー表示。
モニターの左上に、従来の表示に加え「%」が追加されました。
今やスマホでも当たり前、ニコンも上級機で使われています。
「インフォリチウムバッテリー」に変更されたためで、
メニュー内ではバッテリーの劣化度やショット数なども確認できます。
また充電時間も従来の半分程度まで短縮されています。


E-M1 MarkII


液晶モニターは上下チルト式からバリアングルタイプへ。
賛否両論ありますが、個人的には歓迎です。
スナップ系のユーザーにはチルトの方が好まれますね。


E-M1 MarkII


バッテリーは一回り大型化しました。
しかし初代用のBLN-1はかまぼこ型だったのに対し
今回のBLH-1は豆腐のように真四角なので
逆向きにしてもとりあえず挿入できてしまいます。
そして奥まで押し込む際にバネで跳ね返される始末。
この辺は星景撮影など暗い場所では不便を感じます。


E-M1 MarkII


上は従来のBLN-1で下が新しいBLH-1です。
色も変わり重さも約50g(実測値)対約75gと5割り増しです。
メーカー発表では、撮影可能枚数で440枚と90枚ほど増えます。
実際に使った印象では、容量が増えた割には減り方は変わらないようです。
画像エンジンやシャッターなどの高速化で消費電力も増えたのかもしれません。


E-M1 MarkII


E-M1 MarkII


バッテリーの大型化に伴いバッテリーグリップも大きくなりました。
新たに十字ボタンが追加され、縦位置撮影での利便性が向上。
ただし本体+バッテリーグリップに2本のバッテリーを内蔵した時の
全体の重量は、初代機が約807gなのに対し、MarkIIでは約1075gと
268gほども重くなってしまいます。


E-M1 MarkII


メディアスロットはデュアル化され、上下に2枚挿入できます。
差し込む際のメディアの向きが初代機の反対なのが解せません。
メディアへの記録の方法はメニューで様々に設定できます。
安全のために同じデータを2枚に同時記録するのがおススメらしいです。

ちなみにスロット1はUHS-IIに対応していますが、ご自慢の
18コマ/秒での高速連写を多用する場合には、UHS-IIカードを
使わないとカードへの書き込みに時間がかかり使い勝手も悪化します。


E-M1 MarkII


初代機に加えE-M5系やE-M10系までは、リモートケーブルの
接続端子がグリップの反対側に他の入出力端子と併設していました。
するとケーブルの根元や端子のフタがバリアングルモニターと
干渉したり、L型ブラケットとも干渉してしまいました。

今回のE-M1 MarkIIではグリップ側に移動したため解消しています。
ケーブルを使うのは三脚に固定することが多いので、
グリップ側でも問題にならないためですね。
ただし端子形状が異なるので、抜けにくいものの互換性がありません。


メニューは色分けされていたものが白黒オンリーに。
しかし全体の操作性はE-M1と似ているのであまり戸惑いません。
付属する取扱説明書は非常に簡素で、「使い方」というより
単純な「操作方法」ぐらいしか載っておらず不便です。
実際に使う時の設定内容などはネットやムック本頼みでしょうか。


まだお試し段階とはいえ、高速連写や超強力な手ぶれ補正など
片鱗に触れただけでもE-M1 MarkIIのポテンシャルには驚きです。
逆にコンパクトなレンズを付けてのお気軽スナップなどには
やや大柄で重く、それにはE-M5 MarkIIが向いていそうです。
次回以降は実際の撮影画像を交えて使い心地などをお伝えします。



[edit]

軽薄多少 



こんばんわ
風邪っぽい
インフルじゃないけど



大洞院
2016/11/27 15:00 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
134mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 -0.3EV) WB:6000K ISO:2000 Natural 大洞院


大洞院
2016/11/27 15:42 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/25秒 -1.0EV) WB:6000K ISO:2500 Natural 大洞院


大洞院
2016/12/4 13:09 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
128mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/125秒 -0.3EV) WB:7300K ISO:640 Natural 大洞院


大洞院
2016/12/4 13:40 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/18 1/40秒 +0.0EV) WB:6000K ISO:800 Natural 大洞院


大洞院
2016/12/4 13:35 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
36mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/50秒 -1.0EV) WB:6000K ISO:200 Natural 大洞院



日めくりカレンダーがすっかり薄っぺらくなって、
めくろうとしたら軽くなったカレンダーごと落っこちた。


よい週末を
げほごほ




[edit]